相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年8月28日   年金生活…

    宮崎は曇天ですが、雨雲レーダーを見ると長崎、佐賀、久留米辺りは豪雨のようです。河川の氾濫や、土砂災害が起こらなければいいですが。

    雨の日に外で撮影していると雨水でカメラを壊しそうだ…
    防水のコンパクトデジカメがあれば壊れる心配もなくていいのだが。

    今朝の新聞に30年後の年金は2割り目減りと見出しで記事が出てた。
    これだけ少子化なら当然だ。それに5年前の水準と変化ないならまだましってことでは?

    また年齢別の年金給付水準の見通し表が記載されていて45歳が65歳から貰える支給額23.4万円の金額にこんなに貰えるのかってビックリ!(笑) こんなに貰えるなら楽だと思うが。

    国民年金の給付額は7万円ほどでしょう。
    厚生年金で生活が厳しいってレベルじゃないですね(汗) 仕事が出来なくなったら終わりですね…(汗) その前に朝6時~夜10時まで、たまに36時間勤務って続けられる訳ない(笑)

    ま、65過ぎたらキャンプの日々も悪くないか(笑)

    2019年8月27日   秋の気配…

    本日の降水確率は40%、雨雲の予報では薄い雲がかかっているが雨が降っても小雨ぐらいでしょう。

    昨夜から一気に涼しくなって湿度も落ちてきてます。
    来月は連休があるので徒歩で山を登った先にあるキャンプ場に行きたくなります。そこは九州で一番高い所にある温泉、法華院温泉がある。

    今時期なら最低気温は10°前後なので過ごし易いので良い時期ではないでしょうか。

    2019年8月26日   雨がつづく

    土曜日をのぞき来週の月曜日まで雨天がつづく

    店舗は雨どいが無いので東北の角の窓枠に屋根からの雨水が強く打ち付けます。

    そのお蔭で店内に響きわたる雨音となります。

    秋に少しづつ近づいてきているようにも思えます。

    9月に出展する作品をつくり上げたら、秋のキャンプに備え道具の手入れをしていこうと思います。

    2019年8月25日   小雨

    今日も朝から小雨が降っている。
    金曜日の夜は、降水確率30%だったが結構降った。ここのところ雨つづき。

    今日は定休日なので店はロールカーテンを下したままでアバンティを聴きながら作品づくり。長閑な昼下がりになりそうだ。

    写真は、庭に咲いてた薄紫色のヒャクニチソウ。

    2019年8月24日   想像してた本棚が形になりました!

    昨夜から雨が降ったり止んだりと通り雨が何度も…
    今朝も店に向かう途中で小雨が降ってきました。

    6時から作業再開!
    2枚の板をタッピングビスで固定したとこが段差があったので鉋で削り2枚の板の面を面イチにしました。

    板の角も書籍が傷つかないように削っているので全て塗装。見える木口の部分も重ね塗りしましたが、木口は塗料を吸うので木目を潰す砥の粉を塗った後に塗装した方が良いようです。

    DIYで本棚をつくる。

    なんとか店を開ける前に出来上がりました。
    ビスの頭がシルバーで目立ってて無骨ですが…(汗)

    想像してた傾斜10°つけた本棚がついに形になりました!
    材料費は、6,100円ほど、人件費10万円(図面起こしから完成までの時間から算出)は軽く超える 高ッ!(笑)
    これで日曜日は仕事となりました…(汗)

    休日がほしい…orz

    所定の位置に納めました。
    本を置くスペースは横幅1mの本棚です。
    少しキツイくらいで軽く叩いて押し込みましたので地震がきても倒れません。

    また辞書を入れてみて気付きました…

    このサイズでも足りないことを…(汗)

    使用頻度を考えて置けない書籍は2階へ置きます。平積みにならないように…(笑)

    今回、使ったビスはドリルネジってやつです。

    通常、板が割れないように…
    ドリルでビスより細い穴を空け → ビスを打ち込みます。

    それが、このビスの先はドリルの様になっているので先端で穴を開けながらビスが埋まっていくのでビスを打ち込むだけで済みます。

    お勧めです!

    さて、周りを片付けてから仕事に入ります。
    机の上の書籍も激減したので広い机が更に広くなった。なんか気持ちいい。^^

    2019年8月23日   本棚づくり、その後…

    昨夜、塗装を終えた板を店に搬入して所定の位置に借り組してみると寸法がピッタリ過ぎて本棚事態を空いているスペースに入れ辛い。

    そこで横幅を2mmほど短くすることにしました。
    端から2mmのとこにラインを入れてそこを目安に鉋で削っていきます。
    4枚の板を2mm削る事で昨夜の作業は終了…

    今朝は、本を置くL型の台をビスで固定。
    ただ、塗装したせいで板が反っているそれも4枚ともバラバラの反り方をしている。悩んだ挙句、店内の柱の角に押し当ててビスを打ち込むことにしました。これが上手くいき反った板も難なく打ち込めました。

    あとは、側面の板にL型の板をどの位置に付けるか印を付けてビスで固定すれば完成です。日曜日は本棚に本を並べて整理ができます。

    あと…、朝になって気付いたのですが、塗料はウォルナットでなくチェリーで塗れば良かったと思いました。(-“-;A …アセアセ

    今夜は宮崎で飲み会なので、作業は持ち越し。
    飲み会と言っても私はお茶を飲んで23時には撤収(笑)

    2019年8月22日   本棚の材料を塗装(DIY)

    軽トラ化した車は製造から24年経っていて、もうラリーに出場することもないので6年乗ったら永眠させてやるかと思い、じゃ、次の軽自動車はと考えるとやはり中古車で十分。

    大事に長~く乗っていくとするのならホンダが出してた600ccか、800ccの車と思って中古車を探すと500万円を超えてました(笑)
    平成12年頃は100万円台であったでしょ~ もう夢の車だ…orz

    かと言って2000ccの方はヨーロッパや中東の方が買っていって日本に残っている個体数が減少。あと6年ほどでアメリカの輸入解禁(生産されて25年経った中古車は輸入解禁)となるので更に個体数が減っていく…

    やっと買えそうだなっていう時になって、中古車の価格が新車の値段に戻っていき再び夢の車となる非常に痛い…

    昨夜、ホームワイドで材料を購入の際にカットして貰ってました。
    今朝6時前から塗装をはじめましたが、7時を回ると汗ばむほど暑くなってきました。作業するなら5時台に限りますね。

    片面を塗りながら木口の部分も塗装。
    ひと通り塗り終わる頃に1枚目に塗った板が乾くので、重ね塗りを3度ほどして片面は終わり。

    20分ほど置いて、反対の面の塗装。
    こちらも重ね塗りを3回して塗装は終わり。

    初めてローラーで塗装をしましたが、ハケに比べたら楽ですね。
    塗料は室内用の水性ステイン(ウォルナット)を使いました。水性ステインは油性よりも匂いが少なく、光沢感が抑えた仕上がりになります。店内下部に置くので光沢感が抑えた方がいいので水性ステインが適してます。

    8時には塗装を終えて1時間ほど乾燥させて塗装は終わり、今夜でも組立に入ります。

    2019年8月21日   本棚をつくる計画

    辞書や資料などが増えてきて作業机の周りには置くスペースがなく、店舗2階に置いたりしてました。

    それでも収納に足りず書籍を平積み状態。こうなると何が積んであるか分からないし、手に取ろうとしなくなる最悪な状態になってます…(汗)

    そこで資料は手元にないといけないと思い、作業机の右下の空間に横幅1m10cmの2段の本棚を作ることにしました。

    まずはどんな形にするか!
    シンプルな形!かつ使い易い形を念頭に置いて試行錯誤…

    DIYで本棚をつくる計画
    本棚の側面図。(※点線はスペース)

    長い板にするので棚の床板と背板でL型にすることで中央のタワミを軽減することにしました。

    また本棚の位置が床から腰下の位置なので確認する時に見づらく取り出し難いので傾斜をつける事にして10°、15°、20°と図面を書いてみると傾斜角度10°以上になると空間の高さが足りなくなり、上段の床板を書籍より短くして手前に倒して引き出す方法なら傾斜15°でも大丈夫そうです。

    ですが、一番使うのは231×307mmのファイルなので上段にもってくると、傾斜10°の方が確認し易く、取り出し易い設計となりました。
    側面の板の高さはブリティッシュ・アメリカン・タバコの555。塗装はソニックブルーマイカにはしませんがw

    DIYで本棚をつくる計画。まずは図面
    材料の割付け図

    構想が固まったとこでMDFって圧縮材の寸法が1,820mm×915mmそこに材料が納まる様に配置。

    ①、②、③…はカットする順番。
    ホームワイドで材料を購入する際に番号順にカットして持って帰ります。
    持って帰ったら塗装をしてから組立る予定です。

    2019年8月20日   宮日総合美術展に向けて

    水鉄砲大会の表彰式を終えるとテントなどの撤収。
    撤収を終え、近くの新富温泉へ直行。汗を流し13時からの篆刻の講習会へ…

    昨日は、課題もなく宮日総合美術展の作品づくり。
    作品づくりと言っても押印や、落款を書いたりと仕上げの作業でした。

    宮日総合美術展にむけて作品づくり

    私も落款をどうするか考えました。
    ま、考えても楷書、行書という選択肢はありませんが…(汗) 先輩方の書を見れば一目瞭然、勝てる訳がない。同じ土俵には乗らない。勝てる作風で勝つです。
    宮日も県美もほぼ門下の中での戦いとなってます。

    また今年1月に開催された宮崎県立美術展のように出来損ないを出して入賞は絶対に避けるべく、休憩を挟みながら4時間ほど掛けて刻しました。なので、今回は自信もって出品できる作品となってます。

    こういう作に限って落とされたりするのが地方展の怖さ…安心は出来ません。 落とされたら、そのまま中央展に出品します。

    2019年8月19日   水鉄砲大会(新富町)

    日曜日の午前中は、水鉄砲大会の設営片付け&撮影係りとしてお手伝いでした。
    天気は若干曇ってそよ風が吹く水鉄砲大会には最適な天気でした。

    今回も各金融機関のチームが強い。
    某金融機関チームは、必勝ではなく“圧勝”を掲げているみたいで相手が子供だろうが容赦しない(笑) 良い言い方をすれば手を抜かない仕事っぷりですねw

    金融機関同士の戦いにおいても完膚なきまで叩きのめすほどの圧勝ぶり!強かった…(笑) 来年は、普段の仕事着のまま外回りで使うカブに乗って出場してもらいましょうかね。

    宮崎ケーブルテレビの取材

    表彰式では、大会委員長から「大人げない戦い方でしたがオメデトウ!」と、優勝賞金とトロフィーを授与。(笑)

    宮崎ケーブルテレビも取材に来てました。
    いつ放送される聞きそびれました…orz

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ