相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年10月7日   ゴム印の寿命、作りかえ時

    出来上がったゴム印のゴム板

    ゴム印は、文字の大きさ、配列のバランスなどを調整した版下を当店でつくり、ゴム印の製造会社にデータを送信して作って貰います。

    たまに入稿時間を過ぎて送ったりして台木(持ち手の板)には付けられませんと、連絡がくる。

    そうなると父とやっていた時のようにゴム板で届きます。

    ゴム印をカットして作ります。

    ゴム板が届くまずは専用カッターでゴム印を裁断。

    宮崎で作っているゴム印

    裁断を終えると、ゴム印の高さに適したサイズの台木を選び円盤ノコでカット。

    ゴム印の作りかえ時は、捺印された印字がカスレてきた時。

    カットする前にカットする長さをゴム印を置いて、ゴム印の長さ+0.5mmほどでカット。

    カットした断面が斜めになっていると鉋をかけて垂直になるよう修正します。その為に0.5mmほど余裕を持たせてカットします。

    ゴム印の寿命は、環境によりますが7年ほど

    最後は見出しの部分に印字させます。

    見出しを付けることで、印面を下にしてても何のゴム印かが確認できます。

    宮崎でゴム印をつくるなら相馬印ばん店

    面積が広い場合は、ゴム印と台木(持ち手)の間にスポンジを挟み印字が綺麗にでるようにして完成となります。

    ゴム印の寿命

    ゴム印の寿命は環境にもよりますが7年ほどです。
    経年劣化でゴム質が固くり綺麗な印字が出来なかったり、使用頻度が高いと角に当たる文字が擦り減って判読できなくなります。

    ゴム印の作り替え時

    印字が潰れたりカスレたりして読みにくい部分が出来たら作り替え時になります。
    ゴム印を前後左右にこねて捺さないと付かないという状態になったら確実に作りかえ時です。

    ゴム印のお見積り、ご相談は下記リンクのお問合せからお気軽にご連絡ください。

    お問合せ(メールフォーム)
    http://souma-inbanten.com/contact/

    カテゴリー: ゴム印

    タグ: , , , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ