相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

ゴム印

当店はゴム印も手彫りです

当店では手彫りでのゴム印彫刻も承っております。

手彫りのゴム印は機械彫りには出せない繊細なラインが出ます。

職人の高齢化と機械化で、ゴム印彫刻する職人も減ってきたと父は呟きます。手彫りゴム印の工程はこちら

重みのある手書きのゴム印

小切手、領収書、冠婚葬祭の熨斗など、職人による手書き文字のゴム印をお勧めいたします。

お客様が手書き・デザインされたゴム印

原稿をお客様自身が手書きをし、それを基に私どもが彫ることもできます。

お客様が手書きされた原稿をスキャニングして作ります。デザインされた手書きのものでもOKです。


出来上がったゴムを見ると、太くなったり、細くなったりの手書きの味がいい感じになります。

ゴム印制作の工程

機械彫りのゴム印は、パソコンでレイアウトして凹版を作り、プレス機で生ゴムをプレスして作るのですが、当店の手彫りゴム印は、以下の工程で進めてまいります。

版下紙に文字を書く板ゴムに版下紙を貼付けて擦ると文字がゴムにつく
文字の周りを印刀で切る文字以外のところをピンセットで持ち上げながら、印刀で
工程5 ゴムの大きさに台木を切り、切った断面をカンナで整える台木に見出しを取って、ゴムを貼付け、完成

ゴムは補刀が利かないので一刀で決めていきます。

全ての文字の周りを彫ったら、余白の部分をピンセットで引上げながら切り離していきます。この作業を“さらい”、“底さらい”と言います。

この頁の先頭へトップ頁へ