相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年7月10日   百の文字

    成(会意)、城(形声)、西(仮借)、本(指示)、川(象形)と( )内に書いてある会意、形声、仮借、指示、象形について質問を頂きました。これは六義といい文字の成立ちによって6つの部類に分かれてます。それについては後日、説明します。

    小篆で書いた百
    小篆で書いた百

    (指示)
    白(はく)の上に横線を加えて数の「ひゃく(もも)」を示す。
    白は、されこうべ(頭蓋骨)の形であるから数に関係ない字であるが、おそらくハクの音をとったのだろう。

    百の甲骨文字の3種類だけピックアップ
    甲骨の中の3種類だけピックアップ

    小篆より更に古い甲骨文字をみると、百の字形に限って白の中に鼻の穴の形を表す△形が加えられている。
    数の百は成数であるから「全体、すべて」や「多数、もろもろ」の意味に用いることが多い。(白川静 常用字解より)

    カテゴリー: 文字について

    タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ