相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年10月20日   拾う神あり

    篆刻の雑誌「楽篆」

    昨日の夕方に楽篆が届いた。
    唯一の篆刻の雑誌で、大東文化大教授の河野隆氏をはじめ、真鍋井蛙氏、岡野楠亭氏が出品作からピックアップして批評して頂いている。また私案まで書かれているので勉強になる。

    篆刻の教材

    批評されるのは毎回20点ほどだが、他人の批評を読んでいてもどこがどう悪くて、どこが良いかが適切に書かれてあるので勉強になる。

    また、自分では発想できなかった形を見る事で自分の中で引き出しを増やせる。
    上位作は特に色々盗ませて頂いてます。

    落款印

    今回も写真版に載せて頂いてました。
    今回の作品課題は、「得志」(意味:志を遂げる。願いがかなう)
    締切り当日に4時間以内と超短時間で作った作でした。(-“-;A …アセアセ

    宮崎市、落款印

    7月のブログを読み返すと、締切り当日に切羽詰まって作ったと書いてある…。

    作った時の記事→http://souma-inbanten.com/10894

    今回も「優」の評価かつ、3席。
    正直、優の位置を維持できてホッとしてます(^^;

    宮日総合美術展では落選でしたが、今回の篆刻家の評価では良い評価を貰えた事は嬉しい。

    まさに捨てる神あれば、拾う神ありですね。 拾ってもらって良かった~(笑)

    来年は読売書道展に挑戦やな!
    宮日総合美術展や、宮崎県立美術展は、オーソドックスな作風で出品してみます。

    宮崎市の実印、銀行印、認印

    楽篆は、書の部門もありますが、私は出してませんが、次回は出してみるかな。

    いつも手本と同じように書く臨書ですが、次回は臨書、臨書風、創作と全てOKってということなので書いて出してみます。

    宮崎市の印鑑

    次回は100号記念誌となるようで、課題は「楽篆」
    「楽」は、左右対称で難儀する文字ですね…。

    11月30日の締切りで、発行は4ヶ月後となります。
    次回も優の座を維持できるように今度は時間を掛けて練ってみます。

    最後に…

    印鑑屋さんは綺麗に刻する事ができなくても、それが篆刻の味わいと思ってしまっている。確かに思わぬ欠けが良い効果を出す事がありますが、大半は失敗、駄作の原因になります。
    落款印の仕事もしている印鑑屋さんは、楽篆に出品する事を強く勧めたい。
    書道界から印鑑屋の落款印は酷いという評判を払拭する為にも。

    2017年10月19日   そろそろ始めるか!

    作品づくり

    9月の大印展の出品を終えて1ヶ月が経ちました。
    周りは既に3月締切りの全印競技会の作品に着手をしているようでそろそろ始めるかと思い、辞書から作品課題の文字をピックアップ。

    来年の全印競技会の表彰式の会場は宮崎とあり、入賞0ではいかんでしょって事でプレッシャーはあります。 また11月4日に開催される大印展では、実印、認印の部門で辛うじて銅賞となる無様な結果となってます。

    全印競技会での木口角印部門では、1つの課題で小篆、古印体、印篆の3部門に分かれ、他の部門で篆刻、銀行印、版下、ゴム印彫刻、密刻、密刻のゴム印と部門が色々あります。

    辞書から文字をピックアップ

    銀行印の部門に関しては、篆書、隷書、古印体、楷書体、行書体、自由書体と6書体の6部門と多種に分かれています。

    ただ気になるのが、規定書には 「この部門に限り手仕上げに限る」 と、書いてある。 手彫りは不可ということ? ま、その方が色んな部門に挑戦できるし、印稿でどれだけ煮詰めるかの勝負となるから面白い。
    中にはパソコンの文字を画面上で作字して作りました!って、作品も出てきそうですね。ま、それも異種格闘技戦みたいでそれはそれで面白いと思います。

    ゴム印はしないので省いて、木口角印の3顆、銀行印の6顆、篆刻の1顆、版下の1作…
    考えると頭がクラクラしてきた…
    深く考えるのはやめよう…

    2月から仕事が忙しくて手が付けられないことを考えると3ヶ月間の勝負ですか…
    1月には県立美術展への出品があるが、そちらは…何か良い作品ができたらということで(-“-;A …アセアセ

    ただ、一番辛いのは、作品づくりは非公開なのでブログにアップ出来ない事です… 非常に痛い…

    2017年10月17日   落款印の袴の簡単な作り方(装飾篇)

    底と、側面に貼る紙

    昨日の記事では、袴の骨格となる赤い部分を作り上げました。
    次は、見栄えを良くなるように装飾します。

    今回、ウサギの絵柄が入った包装用紙を使ってみました。
    ただ、袴に対してウサギの絵柄が大きいのであまり期待できません…。(-“-;A …アセアセ

    貼る紙の裏に図面を書く

    紙の裏に採寸した寸法を書いていきます。

    四角の部分は底になる部分です。
    組み上げた袴を採寸すると、1辺は17mm程。

    17mm + 4mm+4mm = 25mm

    25mm角をカット

    長方形の部分は、側面にあたる部分です。

    側面は14mmほどあったので、赤が少し出るように13mm。
    長さは、赤い台紙をカットした際の横の長さ70mm(1周長さ + 5mm程度)

    底の部分を貼る

    底の部分を貼ります。
    全体にボンドを薄く塗ります。

    注意

    事前にカッターの刃を出してカットする準備もしておく。
    ボンドは、四隅まできちんと塗ること!

    折り曲げて貼る

    底を貼り合せたら、はみ出ている部分で折り返しなる所をカッターで切り込みを入れる。

    注意

    手際よくカットして、貼っていかないとボンドが乾き、紙が浮いてしまう部分も出てきます。

    底が完成

    そこの部分が完成!

    側面を貼って完成

    最後は側面を貼っていけば完成。

    ポイント

    赤い部分が1mmほど出ること。
    赤い台紙が重ねている面のとこから貼っていき、同じ面で貼り終えると、重なる部分が1面に集約できて他の三面が見栄えが綺麗になる。
    貼り合せる時に段付きが発生しないように。

    ウサギの絵柄

    ウサギの耳とお尻が出てる感じで出来ました(笑)

    感想…

    絵柄を考慮してカットするのも良いかと思います。
    底の折り返しを折り易いように4mmにしましたが、2mm程度にすると側面の見栄えが良くなりそうに思えます。折る際は、定規を使うと上手く折れると思います。

    こんな感じでアイロン無しで組立られます。

    気が向いたらアイロンを使う本来のやり方でも作ってみたいと思います。

    2017年10月16日   落款印の袴の簡単な作り方(骨組み篇)

    落款印の袴(キャップ)の作り方

    先日の袴を作った記事を読んで頂いた方から、詳しく教えて欲しいというご要望が御座いましたので詳しく紹介していきます。

    落款印の寸法 : 15mm角

    12mmの部分は、側面になる部分。
    14.5×15.5mmの部分は、底になる部分。
    右端の飛び出た部分は、折っていった最後にのり付けするミミの部分。

    側面の12mmは適当。こんなもんかな?って感じです。

    要注意
    底の部分は折って行った際にはみ出ないようにと、実際、落款印にそって組立た際に微調整が利くように若干短めの14.5mmに。 但し、底の横の長さは印材より若干長めの15.5mmにします。印材と同じ寸法では、袴が入らなくなります。

    側面を折る

    側面を折ります。

    底の部分を折り曲げる

    底の部分を折り曲げます。

    側面を折り曲げる

    側面の部分を折り曲げます。

    底にボンド塗る

    底の部分にボンド塗ります。

    注意

    ボンドは薄く塗って下さい。多すぎると紙がブヨブヨになります。
    底3面だけのり付けですよ~!

    ミミの部分にボンドを塗って折る

    落款印に沿わせて折っていきます。
    緩みがないように~。

    袴の骨組みの完成

    ミミの部分にボンドを塗って、きつ過ぎず、緩みが無いようにミミを引っ張って接着。

    注意
    ミミを貼り付ける際に袴の上部に段差が発生しないようにキチンと貼る。

    これで袴の骨格が出来上がりです。
    次は見栄えが良くなるように周りを装飾します。

    長くなったので、つづきは明日のブログで…m(__)m

    2017年10月14日   印鑑のキャップづくり

    印鑑のキャップとなる袴を作る

    印鑑や、落款印の印面を保護するキャップの事を“袴”(はかま)と言います。
    印鑑は印材と同じ材料で作られている物は、莢(さや)と言います。

    印鑑屋さんで考え方は様々ですが、印鑑の場合は捺印後に綺麗に朱肉を拭かずに莢に納めると莢が印鑑が固着して外れなくなったり、印鑑の側面に朱肉がベッタリと着いて汚れて品位を落とす事になるのでお勧めしておりません。

    印鑑の場合は、莢がなくてもケースに納めていれば問題ありません。

    宮崎市 印鑑のキャップとなる袴をつくる

    落款印もケースがありますが、大量に作っていくと印箱の大きくと直すスペースに苦慮します。かと言って、印材のまま置いておくと傷付くので印面を保護する袴を作ります。

    今回、オーストラリアから来られたお客様がお土産でゴム角印をご注文されたので袴を作って差し上げました。(いつも付けていませんのでご了承ください。)

    袴の骨組みとなる赤い画用紙に図面を書いてカッターでカットして折っていきます。その際、木工ボンドで接着しますが、切れかけていたので買って来て貰いました。

    宮崎市 大容量のボンドにビックリ!

    普段使っているのは右側の小さい容器のボンド。
    買って来て貰ったのが大容量!!お得サイズですか?ってぐらいですよ(笑)
    容器が大きいとボンドを出す口の部分の口径も大きくと勢いよく出すぎます…orz

    これどうすんだよ~って、悩みましたが、考え方を変えました。
    お徳な詰め替えを買ってきて貰ったと!(笑)

    宮崎市 ボンドの詰め替え

    赤い部分を外して大きなお得サイズのボンドから、使い勝手がいい小量容器のボンドに注入。

    これなら結構 使える!お得感もあるが、これだけの量だと何年も買わずに済みそうだ。 最後はまだボンドが残っているのに容器の中で固まって使えずに終わる可能性が否定できないが… ま、いいか(笑)

    袴の骨組みになる赤い紙を巻く

    ボンドの問題を解決したとこで、袴づくり再開!!
    骨組みとなる赤い紙をボンドで接着しながら折っていてって組立成功!なかなかいい感じ!

    ここれで完成ではなく、ここから装飾していきます。
    装飾の当て紙となる紙は色紙でも構いませんが、包装紙もお勧めです。ただ田舎では入手が困難なのでチョッと痛い…。
    宮崎市の大手の文具店に行けば置いてあると思います。
    お洒落な包装用紙があったら破らず丸めて取って置くのも手ですね。

    底の部分に当て紙

    まずは底になる部分に紙を貼り合せます。
    この紙は数年前に銀座の老舗文具店で包装紙を見付けて数種類買ってきた中の1つ。こんな時に出番がやってくるとは。

    宮崎市 袴の完成!

    最後は側面に貼って完成!
    赤い部分を少し出しておくのがポイントです。

    我ながらいい出来!自画自賛かよ(笑)
    作業時間を考えると1つ作るのに2,500円ほどは掛かるので、欲しいなと思った方は作られる事をお勧めします。

    本来の袴の作り方は、表装用の当て布や、当て布を曲げるアイロンが必要ですが、今回、私の作り方はアイロン無しで作れます。

    用意する物
    1、赤い画用紙
    2、底、側面に貼る紙
    3、木工ボンド(接着剤)
    4、カッター
    5、定規
    6、カットする際に下にひく物(段ボール、雑誌でも可)
    7、カメラ(記念撮影用、スマホ可)

    2017年10月13日   持ってはいけない危険な考え

    庭のピンク色の花

    多くの方は実印を捺してくれと言われたら抵抗感を持ちますが、何でもいいですから捺して下さいと言われてると抵抗感がグッと下がる傾向にあります。

    これは認識不足による危機感の欠如でもあります。

    実印は重要で大切な印鑑であり、捺すと大きな責任を取らなければならない。
    逆に認印は、普段使いで気軽に捺せる印鑑。100円でも売っているサイン代わり程度。が、一般的な考え方ではないでしょうか。

    玄関に印鑑は置いてはいけない

    この実印と、認印の重要性の差を設ける事は大きな過ちになります。

    効力は、実印 = 認印 となります。

    このことは販売する印鑑屋も深く考えず、専門店でありながらも知らない人がいますし、お客様に伝えていない。 また学校でも、家庭であっても教わらない、伝えられないのも要因です。

    やってはいけない印鑑の話

    印鑑においての法律では、実印、銀行印、認印という言葉は使わず“印章”の1つの単語で集約されてます。 なので、実印を捺そうが、認印を捺そうが効力は全て同じとなります。

    土地の売買契約であっても100円で買ってきた認印を捺せば契約は成立します。
    契約の書類には実印も印鑑証明書も必要ではありません。
    印鑑証明書が必要なのは登記の時です。
    登記前でも契約が成立したら覆す事は容易ではありませんので要注意です。

    実印、銀行印、認印は、以下のように考えると宜しいかと思います。

    実印
    簡単に言うと家、土地などの固定資産などを守るパスワード。

    銀行印
    お金(流動資産)を守るパスワード

    認印
    荷物の受取り、役場での書類の受取り、確認また承認した事を相手に示す重要な印鑑。

    更にもう1つ!

    印鑑が必要な書類で大切でない書類は1つもありません。
    まず、大切でなければ印鑑は捺さなくていいはずです。印鑑を求められるのは、それだけ重要なのです。

     

    2017年10月12日   長く使う

    ネームペンの芯を交換

    先日、お客様がネームペンが書けなくなったから芯を交換したいんだが文具屋さんがなくて…と、ご来店されました。
    シャチハタのネームペンでしたら、芯の在庫がありますが、他社のはなく…困りました。

    「似たような芯を買って、長さだけ調整すれば使えることもありますよ」と、話しながら、気にボールペンをバラシて芯を見ると品番が刻印されてありました。もしや?!と思い検索…

    ネームペンの芯を交換

    メーカーと品番でネット検索すると、求めてる芯はすぐ見付かり発注しました。

    年配の方でしたので、私が発注して5日後には届き、芯を交換してお渡ししました。 長く使われているネームペンですが芯を交換できるので、これからも長く使っていけそうです。

    2017年10月11日   コスモスは、もう少し先

    西都原のコスモス畑

    月曜日、西都原のコスモス畑に行った際に撮ってみました。
    午前中だったからか、Tシャツでいると丁度いい気候で涼しい風も吹いてました。

    コスモス畑には2分咲きというとこでしょうか。
    まだまだコスモスの蕾が多く開花の時期を待ってます。

    西都原のコスモス畑

    来週ぐらいから少しづつ増えていくのかな?

    花びらが太陽と逆の方にむいていたので、フラッシュの前に指を置いて撮ってみましたが、蕾がテカテカで輝き過ぎ(笑)

    フラッシュの前に置いて光量を抑えるコピー用紙の切れ端でも用意して置くといいかもしれません。レフ板にもなるし。こういう時はレフ板を使って撮るのか?

    2017年10月10日   砂浜に咲く黄色い草花

    海岸に咲いていた黄色い草花

    蚊口の浜の海水浴場の方にいくと黄色い草花がポツポツと咲いてました。

    気にしてないと踏みそうなほどの小ささ。

    夜露と、朝陽を浴びて綺麗だったので撮ってみました。

    蚊口の浜にて

    朝の蚊口の浜の風景でした。
    風景を撮るには超広角レンズが必要に思えてきた…。中古を探してみるかな…。

    2017年10月9日   早朝の蚊口の浜

    日曜日の朝、高鍋町の蚊口の浜へ行ってみた。

    今朝でなく、日曜日の朝の風景です。
    目覚ましを掛けずにゆっくり寝るはずが、起きたので蚊口の浜へ行ってみました。
    夜中に灯籠まつりで撮影後に蚊口の浜へ行って月夜を撮ろうとしたら全く撮れずボロボロでしたのでリベンジ(笑)

    夜露が朝日に照らされる。

    草の夜露がついてしなってました。

    蚊口の浜のサーファー達。これから入水

    波もあり、サーファー達が続々といい波を求めて海に入って行ってました。
    サーファーを撮ろうとすると望遠がないと無理ですね…。

    1 / 2161210
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ