日々のこと

BLOG

第40回 宮崎県立美術展 入選

裏打ちして乾燥待ちの作品
本日はバレンタイン!待ちに待った第40回 宮崎県立美術展の発表の日でもあった。
昼飯よりもまずは発表を…とネットで宮崎県立美術館のホームページを開いた。
今回の作は、病院で療養していた親父の夜中の付き添いでいた時に書いた最後の作でもある。
また父が亡くなった日に彫り上げた作で、葬儀を終えてから急いで落款、裏打ちをして出品した作だった。
裏打ちをして朝方にはピンっと張っていたが、徐々に乾燥が進むにつれ紙がうねってしまった。
原因は水糊と水の配合。水の量が多過ぎた為に裏打ちの紙と、作品の印箋が上手く貼り付かないのと糊のむらで紙が波打ってしまった。
裏打ち失敗
もしもの為に2作を裏打ちしたが落款が上手く書けてない方が紙のウネリが小さいので採用した。
それでも額に納めるとシワが出来て痛々しい感じがした。
これで終わったと思いつつ日曜日に搬入して本日の発表を待っていた。
さきほど確認したら入選を果たしていた。
シワがあって、落款がイマイチで落選でも仕方がないなと思っていたのと、父の傍で作っていた最後の作が入選して嬉しかった。
今回のお題は全日本印章組合の展覧会の物なので、更に修正を加えて再度彫った物で勝負に出たいと思います。