日々のこと

BLOG

収録2日目を終える

テレビ局の収録風景
日曜日の11時から夕方までテレビ局の収録が行われ、2日目となる月曜日は10~17時近くまでで大半を撮り終えました。
撮影内容は仕事の工程と、篆刻の課題の作製で、正直、時間がとれず半年ぶりに篆刻課題に取り掛かりました。
テレビ収録で亡き父の机と、愛用の手動彫刻機
撮影では亡き父の机と、40年ほど愛用していた両手で持って扱う小野木式彫刻機などを撮られてました。
この彫刻機は歯医者さんが使うリューターを親指と人差し指で掴んで粗彫りをします。
粗彫りが終わると、台座から外して仕上げ刀で文字の形を整えていました。
今ではこの彫刻機さえ印章業界でも珍しい物となってきてます。
テレビ収録で仕事の合間に篆刻作品をしてるシーンを撮ってるいるとこ
昼に角井先生に電話したら高校生の篆刻教室を開いてるから指導できるとの事で夕方持って行き指導を頂きました。 その指導して貰ってるとこも収録となりましたので放送されると思います。
2週間後に最後の収録があります。
放送時間は5分間と今までで一番長いので、それだけ収録も長いです(汗)
まだ放送日が確定していないのでテレビ局名は公表できません。
放送日が確定して告知の承諾を得ましたらお知らせ致します。