日々のこと

BLOG

神社の仕事


数年前から屋根が落ちて朽ち果てそうになっている神社を寄付金を募り建て替えようとしてます。今は屋根もでき完成日が近づいてきてます。そこで寄付を頂いた方の名前を残す為に木簡に書くことになり私と森田印房さんに白羽の矢が飛んできました。
神社の仕事を任されるので有難い事でなので書かせて頂くことになりました。
筆と墨は支給して頂くこととなり、墨は書家の沙夜さんの助言を頂き木簡用の墨を購入しました。筆は4種類購入して絞り込みました。森田氏と話し合って書体は隷書体。
既に森田氏は40枚ほど書いたようですが、書に長けてる森田氏でもかなり苦労されてるようでした。また板に書くので筆の痛みが激しく既に穂先が開いて駄目になりかけてると言われてました。
大阪から帰って来たら始めたいと思います。
家に帰ってる場合じゃないな…