相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年6月8日   文字の線を微調整

    宮崎の印鑑屋。角印の印稿を書く。

    少しづつだが木口角印(小篆)の部の作品も並行して進めている。
    完成図となる印稿を倍寸で書いてるが、ほぼ出来上がってきた。

    宮崎の印鑑屋。線の微調整。

    今回のお題は「新天皇剣璽等承継之儀」。
    これを新天皇 剣璽等 承継之儀と3行に割り振る。
    3行目は4文字となるので他の2行より幅を若干広くとって布字させる。
    今回の自分の難関は、璽と継となりそうだ。

    宮崎の印鑑屋。継の小篆。

    継は、糸の上部の形が10個。
    また旁の方は小さい物となるので苦労する。

    今朝、かなり修正が進められ、残すは承の文字の修正のみ。
    来週は、まずは1個目を布字して彫っていきます。
    今回は、他に半紙、条幅、版下、刻字、篆刻、木口実印・認印と6部門に手掛けているので、目標は3個彫れるかどうかだな。指が完治すれば少しは楽になるか?

    カテゴリー: 日々精進, 角印

    タグ:

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ