相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2020年1月18日   静者寿を刻し上げる

    昨夜、瀬者寿の朱文を刻し上げました。

    刻し上げて1回目の捺印が左。右は、左の印影を観ながら枠に雅味を入れて完成としました。

    「令和二年上春宗典刻」と側款を入れましたが、印材が白いので全く目立たないからアクリル塗料を流し込んだのですが、回りが黒く染みついてしまった…。

    コンパウンドを使って磨いてみます。

    before afterのように並べて捺してみました。

    文字がメインなので、枠を削って接近している線を引き立てます。

    この印も2cm角で作ってます。
    2cm角なので、大きすぎてハガキなどには遊印として使えず、絵柄のように上部中央もしくは左側に押して余白に文章を書くような感じでしか使えません。

    カテゴリー: 篆刻

    タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ