日々のこと

BLOG

天然砥石

仕上げ砥石

京都の砥石屋さんに発注していた砥石が届きました。
砥石も山を採掘していくと地層によって取れる種類が様々あるようです。
今回は、白巣、合さ、卵色巣板巣なしの3種類が届きました。

量販店に置いてある砥石は、ほぼ練って圧縮した人工砥石です。
仕上げで研ぐ砥石はきめの細かい天然でないと切れ味、耐久性に難があります。

砥石で刃物を研ぐ

ただ包丁を研ぐサイズの砥石となると数万円~となるのと、印刀のような小さな刃物を研ぐには大き過ぎるので扱い易いサイズを伝えてカットして貰ったので1つが6~7千円で入手できました。

大阪の講習生に声を掛けて6個発注したのはいいが、自分のを頼むのを忘れていた(笑)
あ~、送料払って、重たい石を背負って大阪まで持っていくだけとは…。
発注者の特権として3種類もあるので、1つ1つ試し研ぎしてみたいと思います。

【本日は臨時休業】

コメントを残す