日々のこと

BLOG

自由に曲げれるカメラ用アームスタンド

カメラを固定するフレキシブルアーム

小さな三脚で撮影した事がありますが、触れるとパタッと倒れるので、自由に曲がるアームスタンドを購入してみました。

机にはネジを締めてクランプさせて固定させます。 アームは自由に曲がりますが、チョッと重たいコンパクトデジカメを付けて大乗に思えるほどアームの部分が固く、カメラの位置を決める時には両手で掴んで力を入れて曲げてアームの形状を変えるほど…(汗)

早速、作業をsonyのウエラブルカメラAS30V(古い…orz)で撮ってみました。

映像は、仕上げをしているとこです。

線の傾き、左右均等になっているか、線の太細を付けたり、メスの様な仕上げ刀で文字の線を整えていきます。

仕上げ作業の一部の撮影です。

パソコンのフォントを使った居るとこの仕上げは彫りカスを取り除くだけで、こういう仕上げをされる店舗が激減しています。

講習会に来られる新人さんは、今までやっていた仕上げは仕上げとは言えない物だった事に直面してカルチャーショックみたいな体験をされると思います。

仕上げは、絶対やらなければいけない工程ですが、販売している印鑑屋さんが仕上げがどういう物かを知らない店もあるので、ほぼ機械で彫りっ放しの未完成品を販売されている店もあります。

美容師、鍼灸師のように国家資格がないといけないように思えます。

コメントを残す