日々のこと

BLOG

県立美術展の向けて


昨年の夏から構想して金文で字形を組み立ててきた県立美術展に出す作品です。
字形を変えて書き直した物ですが、それにしても作業が遅れに遅れてます。
今回は初めて胡粉(ごふん)という顔料を使って書いてます。 中国の西方を意味する胡から伝わったことから胡粉と呼ばれてるそうです。 本来は貝殻を天日に数か月~数十年かけて晒して風化させ、水と混ぜ粘土状にして更に晒した物ですが、自分が使っているのは同じ成分となる炭酸カルシウムをつかって工業的に作られた物だと思います。
毎年2月10日前後の搬入日ですが、今年は1月30日からの3日間と早まっているのでかなりやばい領域へと踏み込んでます。印稿はここまでとして、まずは2回ほど彫ってみます。