日々のこと

BLOG

ゴム印が溶ける

宮崎市のイタリアン食堂 アクアミネラーレ
宮崎市内のアクアミネラーレのオーナーシェフの関谷さんが福岡に2店目を出すのでもうすぐ居なくなるというので食べに行きました。今は次の三角シェフと一緒に引き継ぎを兼ねてされてました。
福岡では関谷さんがセレクトした食材等の販売もされ、またイタリア食堂として惣菜なども販売されるそうです。新たなアクアミネラーレが楽しみにです。
今回はカウンターで食事されてた素敵なカップルと席を共にして楽しく会話を弾ませながらの食事でした。飲み物は炭酸水だったので途中で寝ずにデザートまで辿り着きました。
そんなこんなで店を出るのは11時半過ぎで今回はちょっと早いなって思ってました。
ゴム印の文字が削れて文字が無くなってます
そしたら住所判のゴム印の文字がなくなって…って話になり見てみると見事に溶けてます。
ゴム印はスタンプ台のインクと捺印時の摩擦等でゴムが溶けたり削れたりします。
使用頻度や、スタンプ台によって耐久は変わりますが6、7年経つと印影が崩れてきます。
赤丸の部分が溶けている部分です。
≪豆知識1≫
安いスタンプ台は避けてサンビーやシャチハタの日本製のスタンプ台をお勧めします。
捺印した後の印影は断然綺麗です。
それに高くても千円程度であり、補充液で何度も使えます。
アクアミネラーレさんのは13年使っていたようなので完全に耐久年数を超えてます。
今回、住所判と住所判の横に捺す印章の御注文を頂きました。
ゴム印は土曜日に納めることとなり、早速、ロゴをスキャナーで読み込み版下づくりです。
≪豆知識2≫
領収書に捺す印章(はんこ)は、シャチハタ製品ではダメです。
シャチハタ製品だとインクが薄くなり、次第に消えていくので駄目なのです。
あと大きな問題は同じ印影が簡単に手に入ることも大きな問題となります。
ゴム印が綺麗にうつらない、レイアウトが気になる等ございましたら、お気軽にご相談承ります。 店頭では無償でゴム印の印面のクリーニングもしております。