日々のこと

BLOG

OBを囲んで

日向の国 虎屋 上田耕市社長
昨夜は延岡で宮崎県SSグループ連絡会議 県連役員会でした。
役員会終了後、延岡支部のOBで“やぶれ饅頭”で有名な日向の国 虎屋上田 耕市社長の講演を聴かせて頂きました。
意味を理解して動く事が大切と話されました。
その中で、『なぜSSは町興しのイベントに参加するのか?』
メンバーの中でも毎年恒例だから、
参加しないといけないからと言うことで動いてる人が多い。
それは本来の意味を分かってないからだと。
イベントの準備、当日、片付けまで相当な時間を割いてボランティアで動くのは
イベントに参加すれば自分の会社や団体から外に出て、全く異なる考えてる人が沢山いるなかで動くことになる。
色んな考え方の人々を同じ方向に向ける。
その事で人との繋がり、人の動かし方を多々学ぶ事が出来ると仰ってました。
また、毎年同じ担当になるのではベターなモノしか作り上げれない。
常に担当を持ち回りにして、前回の担当だった者が今回の担当の者にアドバイスを与える。
その中で更にいいモノが出来上がってくると。
また、イベントする際は内容を試行錯誤をする事。
お金を掛けるのは興業。そんなものはお金を持ってる者がやる事。
本来の活動はいかに知恵を出し合って、人を呼ぶかに掛かってる。
それが勉強であるとも…。
適当に済ませていたら何の価値も無い。
ただ飲み会の場を作るだけで、本来の活動の意味を成さないと。
その他にも多々聴いて胸を打たれる話しばかりで、時間を割いて延岡に来た甲斐がありました。