角印」タグアーカイブ

資料をもとに試行錯誤

お客様からちょっと変わった形でと依頼を請け、またそれ以外納期もすべてお任せということでお請けした仕事です。 認印や実印ではないのでブログでの公開も承諾を頂いております。 金文での作製も考えましたが、倭古印の資料も揃ったの … 続きを読む

カテゴリー: 法人・団体の印鑑 | タグ: , , | コメントする

3兄弟

11月5日(土) イオンモール宮崎で開催される技能まつりで展示する展示品を作ってます。 1寸角の柘植駒に小篆で「新進気鋭」と同じように書き入れました。 今朝7時には終わらせる予定が、夜7時になってしまいました。 この字入 … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , , , | コメントする

第34回 技能まつり(イオンモール宮崎)

1寸角に新進気鋭と字入れしました。 これは、11月5日(土)にイオンモール宮崎で開催される技能士まつりの展示コーナーで展示品として作ってます。 今回は、字入れした物と、粗彫りをした物、仕上げをした物と3工程が分かるように … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , | コメントする

奈良時代の寺社印から発達した古印体

先週、小篆で彫った百家爭鳴を古印体で字入れしました。角印の大きさは前回と同じ7分角(21mm角)の駒を使用。 古印体は、奈良時代に寺社印として発達したといわれ、日本独特の書体で墨だまりや、線が切れたりしてわびさびを出した … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , , | コメントする

百家爭鳴(其の二)

字入れを終えて粗彫りと言われる工程に… 印刀で文字以外の朱色の部分を彫っていきます。 判子を作る工程で一番楽な工程が粗彫りです。 判子を作る上でこの粗彫りが一番の仕事と思われがちですが、一番気楽な工程で判子の出来栄えには … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , | コメントする

百家爭鳴(其の一)

来月の講習会の作品課題に着手。 まずは下書きとなる草稿を2.5倍ほどの大きさで書いてみました。 印材は7分角(21mm角)のツゲ駒と言われる凸版印刷に使われてた材料を使ってます。 初めに毛バリという印面に傷付けない程度に … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , , | コメントする

窓辺で…

昨日は、第三日曜日だったので大阪での講習会でした。 手元が暗かったので窓辺に移り自然光のもとで字入れをしてました。 今回は作品が未完成のままだったので、1日作業で終え、得られる物が少く一番悪い形となりました orz 体調 … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , | コメントする