手彫り」タグアーカイブ

修正を加える

昨夜は字入れを一通り終え帰宅しました。 これから、尾の下部をもう少し緩やかな曲線にする点や、産の上部を半線分せばめて、生の横画の空間を増やす点、神の旁の間隔を若干広げる点、社の土を線1本ぶん上に上げる点を修正を加えてみま … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , | コメントする

お店の味は、判子の文字からも

今週土曜日、イオンモール宮崎で行わう技能まつりでの展示品の説明文などを作ってたら朝になり、1時間ほど寝たのでスッキリしました。 展示場所は、イオンモール宮崎の2F通路と聞きました。眼科の前かな? 円卓なので通路の真ん中に … 続きを読む

カテゴリー: 宮崎県, 店の出来事、etc., 日々精進 | タグ: , , , , , , | コメントする

奈良時代の寺社印から発達した古印体

先週、小篆で彫った百家爭鳴を古印体で字入れしました。角印の大きさは前回と同じ7分角(21mm角)の駒を使用。 古印体は、奈良時代に寺社印として発達したといわれ、日本独特の書体で墨だまりや、線が切れたりしてわびさびを出した … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , , | コメントする

百家爭鳴(其の二)

字入れを終えて粗彫りと言われる工程に… 印刀で文字以外の朱色の部分を彫っていきます。 判子を作る工程で一番楽な工程が粗彫りです。 判子を作る上でこの粗彫りが一番の仕事と思われがちですが、一番気楽な工程で判子の出来栄えには … 続きを読む

カテゴリー: 日々精進 | タグ: , , , | コメントする

代表取締役印の仕上げ

粗彫りを終えてた状態では線がガタガタで形が整ってないので、医療のメスの様な仕上げ刀で文字の線を綺麗に整えていきます。 法務人印の場合は周りに入る文字は細く、中央の文字は外側の文字より太目で仕上げていきます。 象牙でも目が … 続きを読む

カテゴリー: 商品の紹介 | タグ: , , , , | コメントする