相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2020年6月20日   作品をつくる上で重要なこと

    篆刻にせよ、印鑑にせよ、まずは真似ることが重要です。
    これは他のことでも共通することだと思います。

    最初は、同じ形、同じ物から真似るのが一番です。
    それが出来るようになり、創作をしだすと、創作する上で好きな作風を見ながら特徴を真似て取り入れていく工夫が必要となります。

    2、3年とやっていて上達しない人は、漠然と頭の中で篆刻を思い描いている状態で創作するので、何度、書いても上達しないただ書いただけになっています。

    やはり、上位作を見て文字が違っていても線質、バランス、字形の工夫などを観て自分の作品にどう取り込むかという作業をしないと上達はしません。

    何も観てないでは、やらされてる感が際立っていてお話しなりません。
    講習生は、作品の提出と共にどういう作品を観て作ったかを添えて提出するべきです。そうすれば更によいアドバイスが受けれます。

    カテゴリー: 日々精進, 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ