相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2020年3月21日   和粋庵の作務衣

    仕事着として作務衣を着てます。
    群馬県桐生市にある和粋庵という会社の作務衣を愛用してます。

    和粋庵は、桐生でも境町にあるようです。
    東に1kmほど行くと、栃木県足利市に入ります。
    ダムサイドを走ってて警察に追われたら、足利に入ればどうにかなるという話は聞いたことがありましたが、そんな事はないと思います(笑)
    それは置いておいて…

    反物は、西の西陣、東の桐生
    昭和には、賭け事の街になっていったようにも思えますが、住みやすい街です。

    襟も傷んできたので、近所の衣料の米田さんへ行き発注してました。
    昨日、発注してた作務衣が届いたとのご連絡を頂き、購入してきました。

    見るといつもの柄とは違っている…
    どうも自分が長年愛用して作務衣の柄がカタログから消え…新たに上の画像の柄に替わったようです…orz
    マイナーチェンジして欲しくなかった…orz
    和粋庵さん、マイナーチェンジするにしてもせめて細かい柄だったら良かったのに…orz

    以前のは左側だけが細かい横柄でした。

    気に入った物は、まとめ買いしておかないとダメなんですね…orz

    あと、毎回ですが…
    作務衣は上下がセットとなっていて、ズボンの方は箪笥の肥やしと化していって何枚もあります…
    さてこの使い道はどうするかと、毎回、悩むとこです。

    カテゴリー: 店の出来事、etc.

    タグ: , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ