相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2020年2月21日   作風を定める

    宮崎の篆刻教室

    昨日、2ヶ月に1度発行される楽篆が届いた。
    12月に3点出品していた。1点が上の60mm角で作った印。
    こちらは添削希望としてだしたが、岡野先生にまで取り上げて頂き中央に各文字の線を集中させるのは避けるべきと指摘だった。

    他の点については良い評価を頂いたので、この作風に定めて作品づくりをしていくことにした。
    また宮崎県での宮日総合美術展と、宮崎県立美術展が統廃合となり、来年度から年1回の開催となるので、これを機に読売展や毎日展への出品をしようかと思います。

    宮崎のカルチャースクール

    3点の内、2点は今年の干支の印でハガキにも使える大きさで作った物が1つは上位に食い込んでくれました。

    もう一つは、下過ぎて消えてなくなってます(笑)

    宮崎の篆刻カルチャースクール

    石間先生がトップで、遊佐先生についでなんとか“優”の評価を頂きました。
    お二方はこのページではなく、本のはじめの方に著名な方の印とともに紹介されていました。同じ優でも格の違いですね…(汗)

    楽篆に出品する作については、次回から松丸東魚先生の作を参考につくっていこうと思います。

    カテゴリー: 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ