相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2020年1月8日   銀行印の作品づくり

    12月は忙しさに感けて、作品づくりが止まってました。
    篆刻、角印(小篆の部)は骨格まで作りあげているので、月末までに煮詰めてつくり上げます。

    今朝は、木口銀行印の部の伊達のデッサンをしてました。
    達のシンニョウの形は篆書体においては数種類あるので、どの形を取るかが肝になるように思えます。

    この部門は、機械彫りなので丁寧に印稿を書き上げ、仕上げでしっかり作り上げればいいので、まずは小篆をつくり余裕があったら古印体なども作っていくことにします。

    2年ごとに開催されている全国印章技術競技会は9部門あり、その内の木口角印(小篆)、木口実印、篆刻、判下、木口銀行印の5部門に出品する予定です。

    判下は、ゴム印をつくる前に筆書きするものです。
    手書きのゴム印は、いつもは倍寸で書いてゴム印を作ってますが、展覧会は実寸なので、線の太さなどをただ単に細くすればいいという事でもないので、資料を見ながら下書きから行います。この部門も金賞を頂きたい。

    締切は3月13日なので、もう時間があまりない状態となってきたのでスケジュールを立てて取り組みたいと思います。

    カテゴリー: 店の出来事、etc., 日々精進

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ