相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年12月1日   令和2年の干支「庚子」の印

    令和2年の干支は、庚子

    昨日の午後から 来年の干支「庚子(かのえね)」を 印面に転写して篆書体と甲骨文字の2顆を刻し上げました。
    大きさは、ハガキや一筆箋などにも使えるように12mm角で作てます。

    篆書は、チョッと細過ぎたかな???上部の枠との空間を0.3mmほど広げた方が良かったな…

    甲骨文字は、中枠の細字で作ってます。

    葉書にも使えるように12mmで2020年の干支となる庚子の落款印をつくってみた。

    今回は大印展に無鑑査で出した作はどの様に評価されるか気になって添えました。
    この作だけ出品シールを5枚追加して指導を頂けるようにしてます。どの様な指摘をされるか戻ってくるか楽しみにしております。

    本日は、午後から篆刻教室ですが、宮崎県立美術展の作品づくりを進めます

    3月締切りとなっている全印連の「飛龍乘雲」を75mm角で、全印連は60mm角で出品します。

    カテゴリー: 日々精進, 篆刻

    タグ: , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ