相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年4月5日   印稿(中﨑/古印体)

    宮崎の印鑑屋
中﨑の認印を古印体で書く

    なかなか暖かくなりませんが、寒気団が居座っているのでしょうか。それならそれでいいですが、週末は強風だけふかないで欲しい。

    古印体の認印を書いてます。
    昔は型枠に銅を流し込んで印を作っていました。その頃の技術は上手く銅が流れこまず文字の線が途切れたり、文字の線が交差するところに多くたまり墨だまりのようになったりしてます。その風合いを表現して書く書体を古印体といいます。

    墨で書いて、胡粉で修正。
    印稿を書くことは、印鑑の要となる作業です。

    彫った後の仕上げで最終修正を加えて完成となります。

    カテゴリー: 未分類, 認印, 銀行印

    タグ: , , , , , , , , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ