相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2018年12月28日   色紙に捺す印

    篆刻の作品づくり。宮崎県高鍋町の印鑑屋。宮崎市

    年内に納める仕事は終え、年明けの納品のものに着手しております。 昨夜は、2月上旬に出品する宮崎県美術展の作品の修正と、中学時代の国語の先生からの依頼で色紙に捺される関防印(10mm×20mm)と、落款印(10m㎡)の印稿を原寸で書いてみました。

    関防印とは、書が始まるとこ(右上)捺す印で好きな漢詩、言葉などを刻します。

    色紙に捺す関防印と、落款印。宮崎県高鍋町の印鑑屋。宮崎市

    秋ごろに作った印が何度も印材を割ってしまっていたので、何度もすぐ刻せるように保険を掛ける意味で印稿を書いてます。

    これを書いておかないと、印材を割ったり、大事なとこ欠けたりしたら、印面に文字を書き入れる大きな作業から始めないといけないので、印稿を作ってそれを印面に転写して数時間掛かる布字の作業を数秒に短縮させます。
    こうする事で納得がいかなかったら再度、刻すことができます。刻すのは1、2時間あれば刻し上げるので楽なもんです。

    現段階では骨格程度でしか書けてないのでこれから雅味を加えながら修正していきます。

    カテゴリー: 落款印

    タグ: , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ