相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

印鑑辞典

印鑑とはなんですか?

個人・官職・団体のしるしとして、公私の文書に押して特有の痕跡(印影・印痕)を残すことにより、その責任や権威を証明するものです。

印、判、印判、印形、印顆、印信、判子ともいい、紙などに印章を押したあとを印影といいます。
また、印章を押すことを押印、捺印、押捺と呼びます。

捺印することで自分の代わりに相手に権限・権威・責任を立証します。
社会的に大きな意味を成し、責任をも追求されることになります。

印鑑の材質には、どんなものがありますか?

象牙と白水牛と黒水牛などがあります。

捨て印とは?

契約書、申込書、証書などを作成する場合に、記載の誤りを訂正する際の訂正印の捺印に代えて、当該書類の欄外に捺印する行為、または、その捺印された印影のことです。

捨印は訂正印の代わりになるので極力捺印しないようにして、訂正が必要な時は持ってきて貰って自分で訂正する様にした方が安全です。

また契約が遅れるので契約する際は余裕を持って契約する事をお勧めします。

この頁の先頭へトップ頁へ