相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

相馬の彫

手書きの印影を、丁寧に丹念に、彫り上げていきます

字入れ

この工程がはんこ屋の一番の大仕事となります。

印面に朱墨を塗り、墨で文字を書入れ、朱墨で上から塗る事で修正が出来ます。修正は曲線の曲がり具合、文字の転折など0.1〜0.5mmほど修正をします。一度、書き上げると寝かせて置き、時間を空けて再度見直して修正箇所を見付け微妙な修正を何度も掛けていきます。

粗彫り

字入れした通りに、文字の部分以外の 朱墨 の部分を彫ります。この工程を「粗彫り」と言いいますが、綺麗に彫らないと出来栄えに大きく影響します。

粗彫りを終えるとサンドペーパーを軽く掛けて印面のバリをとり、その後、墨入れをします。
硯に水を1滴よりかなり少ない量で墨を研いで、コルクを使って印面に墨打ちします。 (黒水牛の場合は印材が黒いので朱墨を打ちます。)

仕上げ

仕上げでは、一点・一画の線の強弱をだす様に文字としての美を引き出していきます。

粗彫りで彫った段階では角が直角なので、仕上げ刀で青の部分を削って文字を整えていきます。
角を落とす事で文字のバランスと文字の繊細な美が出てきます。

印鑑の説明書きを書いて納品いたします。   →「相馬の材」へ

この頁の先頭へトップ頁へ