相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年9月10日   刻した凹に胡粉で白く染め上げる

    宮崎の看板

    仕事を切りのいいとこで終え、21時から刻字を再開。

    全体を刻仕上げて、そこから刻した壁面と底が直角になるように底さらいをしてたら午前2時でした。

    刻字。朴木に安居と彫りこむ。

    貝殻を磨り潰してつくる日本古来の顔料の胡粉を使って、刻して凹んだ部分を塗っていきます。

    塗り終え、はみ出た部分を拭き上げ3時前には完成。

    落款印の部分の朱がいい色がなかったので、一旦、仮眠をとってから買いに行く事にします。

    チョッと仮眠を…

    カテゴリー: 刻字

    タグ: , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ