相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年7月12日   助の文字

    助(会意)
    且(しょ)と力(りょく)との組み合わせた形。
    且は、草を刈る鉏(すき)の形。力は、土を掘り起こして砕く耒(すき)の形。この2文字を組み合わせて耕作を助けるの意味となる。のち農耕のことに限らず、すべて協力して人を「たすける」の意味に用いるようになる。(白川静 常用字解より)

    甲骨や、金文の字の形を見ていくと小篆より何となく分かる。
    助などは分かり易いですが、現在、使われている文字は省略されたり、意味、ニュアンスなどが変わっている事と、倫理、道徳、価値観が全く異なるので文字によっては理解しがたい物があります。固定観念を取り除き、文字を紐といていく事が必要です。

    カテゴリー: 文字について

    タグ: , , , , , , , , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ