相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 旅行

    2020年1月27日   東京都立美術館でみた刻字

    東京都立美術館

    土曜日、今回の目的となっている上野にある東京都立美術館に行ってきました。
    この日は、暖かくコートは要らないほどの陽気。
    ここまで10km近く歩いてきたので流石に暑い…。

    全国刻字展2020

    美術館は地下にあり、入り口のフロアの一角にあるブースで開催されてました

    その一角にしても広い…

    上の画像のようなブースが3つほどのスペースに飾られてました。

    金文で「祈望」と文字が入ってます。
    金文は、辞書を広げてもこんな形では記載されてなく、古典の文字をいかに美しく創作するかになります。
    そこが難しいが、面白いとこです。

    金沢で印章店を営んでおられる鶴見兼洞先生の作です。
    メリハリがきき、柔らかく不自然でない動きがある。こういう作がつくりたい。
    指導を頂く機会もあり、非常に有難いものです。

    シンガポール、韓国、中国の方の作品も展示されてました。
    上の画像は、中国の方の作で文字が重なっているように見せたり、1つの文字でも高低差をつけて立体的に表現しているのが主流で面白い。

    高校生の作は、数百点ほどありました。漢字だけでなく、詩、アルファベットなど様々でこちらも面白い展示ブースとなってました。

    題名は、凸凹 今が実に大事な時だもう一歩
    武者小路実篤の詩だと思います。

    様々な形の刻字が拝見できて勉強になりました。
    また彫り方も多様にあるので一つ一つ試していきたいと思います。

    いつもながらですが、書が基本であって彫る刻すは自然と上達していくもの様に思えます。
    綺麗な文字が書けるか、ここに行き着きます。

    2020年1月26日   横浜中華街の白麻婆豆腐

    土曜日は、マスク着用で早朝から都内を10数kmほど歩きまくり、夕方にようやく横浜入りしました。 今回のホテルは、元町駅の一つ手前だったので、晩飯を食べに中華街に行ってきました。

    中華街は、春節の祝いで獅子舞が舞い踊り、終えると爆竹が鳴り響いてました。

    中華街は人は少なく、街歩く人で中国語を話す人は少なかった。

    横浜に向かう電車の中でネットで調べてると色々でてきます。中には、このお店は避けろという店名まであってビックリでした。

    1,800円ほどで食べ放題がありますが、食べ放題って言葉に抵抗があってそういうお店は省いていきました。

    絞り込んだ中で白麻婆豆腐の元祖のお店「心龍」があり行くことにしました。

    心龍に行くと満席でしたが、カウンター席が空いてたのですぐ通してくれました。
    こういう時の御一人様は得する(笑)

    メニューを見ると、1人からでも注文できるコース料理があり、お目当ての白麻婆豆腐も入っていたので注文。

    前菜、フカヒレのスープ、白麻婆豆腐が出てきました。
    白麻婆豆腐の辛さは四川麻婆豆腐のような辛さではなく、ほどよい辛さで美味しく食べれました。

    締めのチャーハンも薄味で美味しい。
    出された瞬間にこんなに?!って、量でしたが無理なく食べれました。

    上の画像…湯気が出てたら更に絵になったんだが…、撮るのが遅かった…orz

    口直しは、杏仁豆腐。

    オーナーの女性だと思われる方は愛想がよく日本人かと思うような感じでしたが、スタッフの女性は不愛想で厨房の中から指示の声だろうか叫び声の様な感じで言葉が飛び交い中華街に来たな~って感じがしました。

    コース料理は1,680円でした。

    2020年1月25日   白金台のお洒落なレストランでランチ(多国籍料理 LIKE)

    白金台にあるお洒落なレストラン、カフェ。ケンリックサウンド

    YouTubeでケンリックサウンドと検索したら出てきた白金台にあるレストラン。
    ここは押さえておかないとと思い、ランチミーティングの場所をここに多国籍料理レストランLIKEにしました。

    目を止めたLIKEのYouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=vuhdMgQbb5E&feature=share

    白金台のお洒落なカフェでランチ

    酢豚と、雑穀米、菜の花…だったよ〜な〜
    う〜ん、忘れたw
    薄味で美味しかった。
    スタッフの対応も良かった。

    白金台にあるお洒落なカフェ

    入ってすぐと、奥のスペースがあり、奥は吹き抜けで明るく、入ってすぐは控え目な照明で落ち着いた空間をつくっていて素敵なレストランだった。

    入口は、大通りから路地に入ったとこで、植物が茂っているとこです。
    階段を3階まで上がるが、ちょっと観葉植物を置きすぎでは?って、思うほど緑豊か。
    観葉植物を楽しめるから、それはそれで良かった。

    LIKEまでの経路はココをクリック

    多国籍料理 レストランLIKE
    東京都港区白金台4丁目6−44 Jビル 3F
    TEL.03-5422-8183

    2020年1月5日   尾道ラーメン

    2日目(1月2日)
    帰路の三崎港(愛媛県) → 佐賀関(大分県)のフェリーは予約で埋まっているので、直島 → 宇野(岡山県)へフェリーで移動して帰ることになりました。

    宇野港~高鍋まで668km

    ただ帰るだけってのは勿体ないので、宇野港から100km走った先にある尾道市で尾道ラーメンを食べて帰ることに。

    ネット調べて行った先が、なんとスープが終わって入れず…

    そのそばにある牛ちゃん尾道店には外まで待つ状態でしたが待つことにしました。

    ラーメンは、甘めの醤油に背油のスープに細麺、デカいチャーシュー

    チャーハンと、唐揚げを注文しましたが、尾道ラーメンは量が少ないのでちょうどいい量でした。唐揚げは醤油に浸してあるのか醤油のほんのり甘さを感じましたが、味覚音痴なのでどうなのかは食べてみて判断して下さい。

    食後、22時頃にモンスターを飲んで尾道市を出発。
    眠くなるまで高速を走り続け…

    1回目の休憩は、山口県の下松SAで2時間仮眠。

    2回目の休憩は、早朝5時前に今川PA(福岡)で3時間仮眠。

    3回目の休憩は、別府で朝食。

    昼過ぎには帰り着きました。

    帰宅後、洗車、荷物の整理を終え1時間仮眠のあとは宮崎市である新年会へ…
    酒を飲んだら寝るのでウーロン茶で過ごし、帰り着いたのが1時…
    なかなかハードな3日間でした(苦笑)

    2020年1月4日   芸術の島(香川県直島)

    1日、昼から出発し、四国に渡れたものの帰りの便は予約で埋まりフェリーでは帰れないというハプニングが発生。

    それはそれでハプニングを楽しみながら一路、香川県高松へ…
    高松市内の小高い山にある誰も居ない峰山公園でカップラーメンをすすりながらリバーク。

    高松~直島~宇野を結ぶ四国汽船のフェリー

    1月2日(木)
    翌朝6時起床で高松市内のうどん屋を探すもどこも閉まってて断念…
    諦めてフェリーに乗って、今回の目的地としている芸術の島 直島へ

    このフェリーを下船する時に地中美術館の広告を見付けて読むと、入場は予約制で30分置きに入場制限をしている事に気付き、慌ててネットで調べると下船して30分後の11時30分だけに4人分の枠がありました。

    直島にある地中美術館

    この地中美術館は、建築家で有名な安藤忠雄氏が手掛けた直島に行ったら絶対行くべきスポットの1つです。
    ここまで来て危うく入場制限で入れない羽目になるとこでした。

    バブル弾ける90年代初頭に建設が着工され、地中に穴を掘り建物を建てた後に建物を埋める工法で建てられた美術館でバブル感が出てます。

    美術館は複雑な構造になっていて回るだけでも刺激的かつ展示物も凄い。
    ただモネの絵については、あれ?紫が薄くなってないか?って感じでしたが、展示されてあるスペースは圧巻です。

    是非、一度は行くべき美術館です。

    直島にある黄色いカボチャ

    次に向かったのがベネッセハウスミュージアム
    駐車場から歩いて10分ほどで途中に草間彌生さんの黄かぼちゃがありました。

    こちらは現代芸術作品が多く展示され、違った面白さがあって建物も観てて面白い。

    美術館を出ると、直島の町役場がある本村地区へ…

    直島本村にあるはいしゃ

    こちらは景観条例がしっかりされているのか壁は、焼杉に合せるように黒で統一されてました。
    また空き家はリフォームされ建物自体が芸術作品になってます。

    観ることと、次、どこへ行くかを考えてたら撮影まで気が回ってなかった。
    本村地区で唯一撮影してたのが、この「はいしゃ」という建物です。

    40年前まで直島唯一の歯科診療所だったそうです。
    そこをリメイクされ、今では建物の中に聖書とトーチを持った女神さままでいらっしゃいますw

    本村地区をぐるぐると歩き回り、フェリー乗り場の宮浦地区へ移動。
    到着すると、次の便まで1時間あるので急いで近くの銭湯へ…

    面白い銭湯

    直島だから合うエキゾチックな銭湯です。

    ここも是非、抑えて起きたいポイントで、建物の奇抜さは外観だけでなく、中も思考が凝らされていて面白い銭湯です。

    直島のかわった銭湯

    浴槽の中にも昭和を感じさせる絵や写真があったり、流れている音楽も独特で滅多にない形の銭湯でした。

    入浴料 660円
    記念にタオルも買われるといいと思います。

    銭湯を出てフェリーに乗船し、岡山県宇野港へ移動し、時間は夕方6時。
    ここから高速に乗るのは勿体ないので、国道30号線~国道2号線を経由して尾道ラーメンを食べに広島県尾道へ…

    長くなったので、尾道ラーメンは明日の記事で…

    2020年1月2日   佐賀関〜高松市〜現代美術の直島へ

    あけまして おめでとう御座います。
    今年も年越しは神社で迎えました。

    新年の神事が宮司不在となり、氏子総代が主導で玉串奉納が執り行われハプニングでの年明けとなりました。

    1日は、午前中に雑用を終えてから、車に荷物を積み込み昼から高松に向けて出発。
    佐賀関に3時半に着き、4時のフェリーにはギリギリで乗る事が出来ました。

    が…

    3日の帰りの便が予約でいっぱい… 帰れない(笑)
    海路を絶たれ状態で四国へ渡る羽目に…

    フェリーの中で帰路を考えた結果、岡山県に渡り陸路で帰ることにしたが、3日は18時から新年会(汗)

    ま、どうにかします。

    昨夜は高松市にある峰山公園で天体観測して、今朝は、うどん難民と化しました。早朝から営業してるはずのうどん屋がどこも10時からの営業で断念…

    今、直島行きのフェリー待ち。
    今日は大望の現代美術の島へ。

    2019年11月25日   雲海と、紅葉した木々に囲まれた大畑駅

    土曜日、霧雨の中、テントなどを撤収して6時半に出立。
    帰路は、あまり走ったことのない人吉ループ橋を通って帰ることにしました。

    途中、スイッチバックで有名な大畑(おこば)駅に寄ってみることに…

    大畑駅は、アニメ「夏目友人帳」で使われたシーンがあってファンの聖地巡礼にもなっている駅だそうです。知らなかった…

    国鉄時代からの駅舎という佇まいです。

    明かりは人感センサーでの自動点灯、入口をみた瞬間に普通じゃないことを察します(笑)

    駅舎内に入ると壁一面に名刺の数々が…
    上を見上げると天井にも…w

    ここは上り、下りとも朝1本、昼1本、夜1本と1日3本しか走っていないようです。

    3本走っている線路の右奥の方から山を下ってくる線路で、電車は一旦、奥の方へ進み線路のポイントを切替えて戻ってくるように駅に入ります。

    電車…?!架線がないので電車ではないですね…(汗)

    ドローン映像はこちら↓↓
    https://youtu.be/pZP9Rsw_CuQ

    Loopってレストランもありましたが、オープン時間まで時間がかなりあったので、次回、来ることにしました。

    右手円柱の石積みは給水塔跡です。
    SL時代の名残ですね。

    この辺りは紅葉が綺麗な色に染まってました。

    この後、国道221号で緩やかな登りのループ橋を走りますが、熊本県側は落ち葉がシャワーのように舞い降りてきて凄く幻想的でした。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ