相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 旅行

    2018年5月16日   山口県美術館で浦沢直樹展(旅、最終日)

    道の駅で夜を明かす

    旅7日目(5月5日)
    昨夜、岡山市に入りこの夜も晩飯か、風呂かの選択で風呂を選択したので食べれずテントを張って寝てました。

    道の駅 仁保の郷

    この日も冷え込んでましたが、昨日ほどでもなく6時に起きて、道の駅の周りを散歩。

    朝の散歩で見た川に吊るされている鯉のぼり

    この時期は川の両端にロープを張って鯉のぼりを吊るしている光景を見掛けます。
    長閑な仁保町を30分ほど散策し、車へ戻り朝の紅茶のみながらお隣さんと会話を楽しむ。

    仁保町は、SLの撮影で良い場所があるので仁保の郷を拠点に3日間撮影されているそうです。
    中学生の頃、小郡駅にSLを見に来たことがあるので懐かしい。
    あの頃の小郡駅は昔ながら駅舎だったのですが、今は新山口駅となって近代化された駅になっているのが残念…。

    山口県美術館で行われている浦沢直樹展

    昨夜、浦沢直樹展があると知ったので朝一で山口県立美術館へ!
    この日はイベントの開催で駐車場は山口県庁となってました。撮影し忘れてましたが、山口県庁も歴史的な建物でした。

    YAWARA、21世紀少年、モンスター

    浦沢直樹氏の代表作はYAWARAですが、TVアニメで少しみただけでした。
    自分の中では、浦沢氏が作画として1発目に出した元傭兵ジェド・豪士が民間の軍事顧問機関に所属して戦闘インストラクターとして依頼者に戦いにおいて生き残り方をレクチャーする「パイナップルアーミー」(1985~1988)、元イギリス特殊空挺部隊SASの教官が、退役後、世界的保険市場を持つロイズの保険調査士(オプ)と、考古学の大学講師をしている平田キートンのオプの仕事でのトラブルなどの出来事を1話完結で書かれている「マスターキートン」(1988~1994)、猟奇殺人事件の真相を追っていく「モンスター」(1994~2001)にはまりました。

    この浦沢直樹展は、「描く」という点に趣きを置いて展示してある点に置いても書く仕事として興味を惹かれる映像などが流れてました。

    真ん中の少年が指をさしている先には…なんと!

    モンスター

    撮影OK!の場所があり、そこの場所を撮影してます。

    浦沢氏は、雑誌や単行本は原画を縮小したり、印刷に置いて原画と異なり失われてている物があるので原画を1話分壁に貼って展示するという展示方法で、それぞれの漫画の1話分が丸ごと原画で展示してあり見入ってました。

    21世紀少年

    21世紀少年のカリスマ性が高く友民党を政治組織をつくって世界滅亡を企てる「ともだち」が原寸大で展示。

    ここを1時間半ほど展示を見て、そこから渋滞を避けるようにお昼から一気に高鍋を目指して南下して夕方6時前には帰りました。

    高鍋ICを下りたとこで燃費計が21.0km/Lを示し、燃料は半分以上残っている状態。
    足回りは純正かつ12.8万kmを走っているのでグダグダで踏ん張らないので不安感を覚えますが、車重1,660kgであっても燃費は予想してた以上の数値が出てきます。


    今回の旅で色々と刺激を貰い、勉強にもなりました。車に合せたアクセルの踏み方も試行錯誤できたので一石二鳥ってとこでしょうか。

    ただ、課題として1日の移動距離の短縮と、計画を立てる事、ジェットボイルを活用した簡単な料理が出来るようにならなくてはと…(-“-;A …アセアセ エンゲル係数が極端に低い空腹を感じる旅でした(笑)

    2018年5月15日   岩国市の江戸末期の建物

    水辺から撮影した錦帯橋

    呉を出て国道2号線で岩国へ。やはり広島市を出て一時すると宮島に渡るフェリー乗り場の辺りは2、3kmに渡って渋滞…。今回の旅で初の渋滞だったような。

    錦帯橋

    そこを過ぎると快走して岩国市に到着。広島市からわりと近い。
    ここで錦帯橋を見て、街並みを見に街を散策。

    岩国市観光交流所「本家 松がね」

    何も調べず来たので街の情報収集に観光交流所「本家 松かね」に…

    江戸末期に建てらた本家 松金屋を改装されて使われてます。
    松金屋さんは髷に使う油を瓶詰めで販売されていた商家ですが、間口からみても豪商だったことが伺えます。

    昭和初期には醤油製造の國安家の所有となったそうです。
    当時の看板などが飾られてます。

    本家 松金屋のゴム印

    いつ頃のゴム印だろうか?アクリルのケース納められてましたが、出して頂き見せて頂きました。
    綺麗に彫られてます。

    捺印された紙

    貴重な物が残っているのにビックリ。
    ゴム印や、捺印されている物を展示されているのは珍しい。

    刻字の看板

    一番、興味を惹かれるのはノミで削って作った看板ですね。昔の看板は、基本この様な感じですが、今では判子と同じくパソコンの文字がロボットで彫られてあり、味気ない物ばかりなので、この様な看板を見れると嬉しくなります。

    岩国市 本家 松金油

    この様な看板を作ってみたいですね。

    メニュー表

    建物をゆっくり観覧した後は、岩国の名産を堪能。松がねさんで食べれます。
    岩国寿司はどんなのか食べたくなったので・・・財布はと…

    またやってしまった!!

    財布が無い…(;・∀・)

    ポケットをさぐると500円ばかりは入っていたので車に戻る事なく食べれました…(汗)
    車を出る時は財布を確認しましょう(笑)

    岩国寿し

    食べながら店員さんと話していると…

    店員さん:明日のイベントで来られたのですか?

    私:いいえ???何かあるのですか? あるなら岩国で野宿でもいいな~

    店員さん:米軍基地があるので、明日は航空祭で20万人ほど来られるんですよ。

    私:えっ?!20万人!!

    頭の中は渋滞!の文字がチラつく…。新田原基地の航空祭以上と考えると恐ろしい…。そうとなると退避!退避!!

    いろいろ考えて山口市の湯田温泉~道の駅 仁保の郷でテントを張る事に決定。

    この後、友人の助言で山賊って有名なお店に行きましたが、店内に入るのに2時間待ち!(笑) 諦めて湯田温泉へ…

    湯田温泉の高級そうな温泉宿を選んで行くも内風呂はスパみたいな感じで、露天風呂は4人入ればいっぱいになるような浴槽…庭園が売りみたいだが夜は暗くて庭園が楽しめず…orz

    唯一、良かったのは浦沢直樹展が山口県美術館で開催されているというポスターがあった事ですね。小学生の頃からハマってたパイナップルアーミーで浦沢氏の漫画に出会い、その後、YAWARA、マスターキートン、モンスターなどはまりましたね。

    これは行かなければ!って事で美術館とは逆方向に20分ほど走った道の駅で就寝。

    この日のルート。走行距離190km
    詳細のルート → https://goo.gl/maps/cRuVc8xLdfA2
    広島~山口のドライブコース

     

      造船の街、呉。

    日新製鋼㈱呉製鉄所

    旅6日目(5月4日)
    前日は温泉で地元の人と蛍の光が鳴るまで話し込んでて、温泉施設から出ると強い風と雨…orz
    何か食べたいと走りながら探すがお店がない…。

    警固屋音戸バイパスにある ひまねきテラスってパーキングエリア(PA)に到着…。

    晩飯は諦めてテントを張って就寝…。寒気と強風で体感温度はかなり低い。ダウンジャケットを着ないと寒いくらい。だが寝袋に入れば寒くなく寝れる。やっぱり平らなとこで寝ると快眠できる。

    夜が明け、身支度してココアを飲んでいると、6時半頃に年配の方が来られて掃除をされてたので声を掛けさせて貰うとシルバー人材センターからの派遣で清掃されているそうで、強風が吹いた朝は掃除が樹木の花が散って掃除が大変と話されてました。 また、対岸に見えるのは日新製鋼㈱呉製鉄所と、教えてもらいました。

    造船の街を支える製鉄所ですね。

    広島県呉市 大和ミュージアム

    PAを出て、何隻も潜水艦が停泊しているとこを見て、大和ミュージアムへ
    この日は開場が30分ほど早くなり朝一で入館。

    呉の造船の歴史から大和の設計計画など細かく展示され、海底に沈んだ映像や、それを元にCGなどで解説されている映像などもあり見応えあります。

    大和のフォルムは他の戦艦と比べても美しい。
    主砲の大きさは世界最大ですが、ほとんどその力を発揮することなかったのは今となっては良かったと思うべきかな。謎のUターンがなかったら、上陸したばかりの米海兵隊は恐ろしい程の戦死者が出ただろう。

    戦艦「長門」特別展

    大和が出来るまでは長門が主力戦艦だったようですね。
    戦後、唯一動く戦艦として残ってましたが、アメリカに引き取られ空中爆破実験では大きな損傷はなかったようですが、水爆実験で海底へと沈んだそうです。

    海上自衛隊カレー

    海上自衛隊からレシピを貰って再現して販売してました。
    ここの時点で既に美味しい物を探して食べようなんて考えは消え去ってました。とにかく食べれる時に食べろ!w

    海上自衛隊のカレー
    昨日、ろくに食べてなかったので、呉森沢ホテルが作っている訓練支援艦「くろべ」カレーを完食。 つづいてカレーのマスターが作っている練習艦「やまゆき」カレーを完食。

    残すは多幸膳が作っている呉基地業務隊の牛すじカレー!
    さすが3杯目はキツイかなと思って「ご飯は少なめにお願いします」と、頼んだがほとんど変わらず、いや全く変わらない量がつがれ…(汗) おいッ…orz

    食べれはしましたが、この先、美味しい物と出くわしたらと思うと…と、いう状況でした。

    鉄のくじら 潜水艦

    腹を満たして実際使っていた潜水艦の中を見てから、いざ錦帯橋へ!

    ちなみにこの潜水艦を輸送する為に信号から道路標識、道路に設置してあるブロックまでどかして運んだそうです。

     

    2018年5月14日   ウサギの楽園、大久野島(広島県)

    2018年5月3日の旅
    雨の中テントを張る気になれず車中泊。
    ダウンジャケットだけでは足が冷えて何度か目が覚め、5時には起床。
    天気も回復していて、身支度と車内を整理して本日の予定を組み立て、ブログを書き終えたら龍野SAを出発。

    ゴールデンウィーク後半突入とあって早朝から岡山から広島に掛けてサービスエリアは満車、パーキングエリアは混雑のマークが出ていました。

    広島のお客様と会うのは16時の予定だったので、岡山県を跨いでウサギの島へ!

    うさぎの島(大久野島)

    インスタグラムで話題になり海外の方が増えた大久野島。
    大久野島には、車を駐車場に停めてフェリーで渡ります。

    餌を食べるウサギ

    フェリーのチケット売り場で餌を買っていきましたが、キャベツや、ニンジンを刻んで持って来ている人や、ウサギ用のペットフードを持って来ている人が多かった。

    警戒心のないウサギ

    まったく警戒心がなく人に慣れているので間近で撮影できます。
    島に上陸してすぐカメラのバッテリーが切れてタブレットで撮影…orz

    毒ガス貯蔵庫跡

    この島は戦時中まで毒ガス兵器工場の島で地図から消されてた島でした。
    壁が黒くなっているのは、毒ガス貯蔵庫を火炎放射器で焼いた跡です。
    ここには大きな貯蔵タンクがあったようで、コンクリート壁はカモフラージュの塗装が施されてあったそうです。

    製造する方の防護服はお粗末な物でかなりの被害者が出てたとか…
    資料館があり、防護服や被害にあった方の写真が見る事ができます。

    砲台跡

    砲台跡や、火薬庫跡も数か所ありました。

    発電所跡

    大久野島を時計回りに歩いて1周すると最後にコンクリート壁と窓枠しか残ってない大きな発電所跡が出てきます。

    再びフェリー乗り場に戻りフェリーで忠海港へ戻ります。

    ここで要注意
    フェリーは約70分起きに1本です。
    混雑具合によりますが10分前ぐらいにいかないと70分待ちを食らいます。

    私は、ここで足止めを食らい…桟橋で1時間ぼ~ッと順番待ちで並んでました…(汗)
    またフェリー乗り場では売店がなく、ここでも相変わらず空腹に耐えることに…
    今、思えば…この日はお土産で買った広島限定の牡蠣味のポッキーを3袋のみ…orz

    車に戻る頃は既に14時半を回ろうとしていたので、チョッとヤバい時間に急いで広島市へ行き無事10分前に到着し、ご説明&納品完了。その際、説明している時に3歳の女の子が膝に乗ってくるほど人懐っこくて可愛い。芸能界入りしてもいいほど。

    30分ほど3歳の子と遊んで、温泉を求めて広島港の反対側の島へ…
    ここでもナビが旧道を指示して狭くくねった道を走らされることに…orz
    お蔭で珍しいループ橋を渡る事ができましたが。

    この日は、夜9時頃に雨が降りましたが、宿泊地としている駐車場に着く頃には雨も上がり天気予報では曇りだったのでテントを張って寝袋で就寝。
    この頃、季節外れの寒波がきてましたが、寝袋では快眠できました。

    この日のルート(移動距離333km)
    https://goo.gl/maps/Kw4kJfrL3f52

    2018年5月13日   夕方から石川県を出て広島へ…

    山中温泉でゆっくりし過ぎて16時過ぎに出発。
    行き先は広島県呉市。最短ルートを選択すると福島県舞鶴市を経由するルートを示しひた走る。

    が、走り出して30分頃に福島県に入り福島北JTで高速道路に乗るはずで居たのだが、ナビが指示した所に高速道路の入り口がない!!辺りを見渡しても入口が見えない…。Uターンして青色の道路標識を頼り進むと入口に到着。どうも永平寺大野道路という高速道路が増えた事で入口が移設されたみたいです。

    ま、これは小さな出来事。
    これから色々難題が降り注いできます(笑)

    その後、敦賀JTで舞鶴若狭自動車道に入るとナビに載ってない道に…この時点で日が暮れていて景色を楽しむこともなくひたすら走ることに徹するしかなく…

    福知山を過ぎた辺りの春日ICで下りる指示が出たので一般道に…
    ナビが古いので頼りに出来ず道路標識とGoogleマップで判断して春日和田山道で市街地を回避できそうだったので氷山というとこまで走って国道175号で南下。

    走っていくと山間部へ…

    この時点で自分がどこに居るか把握できてない…。
    分かる事は兵庫県だろうということだけ。

    今、思えば春日ICを下りた時点で山間部。
    高速道路を下りた事が失敗だった…orz
    遠回りでも高速道路で走るべきでした。

    その後、1車線しかない道を走らされたり、住宅街を走らされて地元の人が使う抜け道だろっていう道を走らされたりで挙句の果ては中国道に乗れると思ってたら通過して更に南下…。
    姫路東ICでようやく山陽道に乗る事に…

    知らない道を走るのは楽しくて好きですが、遥か先に目的地があるのに最短距離であっても遠回りしている感があり疲れました(笑)

    」走った経路の詳細(Googleマップ)↓
    https://goo.gl/maps/jHGEyGPXpms

    この時点で22時だったので呉まで走る事は諦め兵庫県の龍野西SAで寝る事にしましたが、天候は雨…寒気団が入ってきたので気温はかなり下がっていました。
    この状況でテントを張るモチベーションはなく、今回、初めて車中泊に…

    空腹を水を飲んで誤魔化してダウンジャケット着こんで寝ましたが寒くて朝5時に目が覚める始末…
    朝5時からこの日の計画を立てたり、ブログを書いたり…道路状況の情報収集と…やる事満載でした。

    やはり、旅は最低限の計画は立てましょう。
    行き当たりバッタリ大変ですw

    2018年5月12日   山中温泉街の有名スポットを散策(石川県)

    山中温泉のあやとり橋

    昼過ぎに金沢市を後にして一路、山中温泉へ。
    加賀市の辺りは温泉が点在していて、その中でも山中温泉がオススメとガソリンスタンドのスタッフに聞いたので昔からある共同浴場の菊の湯に行くことにしました。

    山中温泉街に着いたのはいいのですが、駐車場がイベント開催の為に封鎖されて駐車場を探しているとあやとり橋の駐車場を見付けて、先にあやとり橋に行くことにしました。

    この時点で雨がポツポツと降って来たので傘をバックパックのポケットに入れて散策。

    このあやとり橋は、橋げたは両端のみで逆三角形で組まれた構造で歩道は湾曲して作られています。こんなうねった橋は珍しいのでは…。

    山中温泉の川床

    あやとり橋を渡って対岸に渡り下りて行くと川床があります。
    天気が良かったら更にいい景色なんでしょう。

    川床で抹茶ぜんざい

    川床に来たんだからと、抹茶ぜんざいを食べながらのんびりとしたいとこですが、徐々に雨の量が増えてきたので、従業員さんが空いている川床を終いはじめてたので5分ほどで出ました。

    ピントが…違うとこに…(汗)

    ここまで腹を満たしていい日だな~って、思ってましたが、この日に食したのはこの後に街中で食べたコロッケが最後でした…(苦笑)

    山中温泉の菊の湯

    駐車場が分からないので、菊の湯に問合せると、役場の駐車場が解放されているというので役場の駐車場に止めて歩いて向かいました。

    この菊の湯は、1,300年の歴史があり、奥の細道の途中に松尾芭蕉が訪れて詠んだ「山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ」から菊の湯と命名されたそうです。

    また地元の方の共同浴場として使われ、お湯の質がいいので湯治場となっていたようです。
    近年、菊の湯は男専用となり、すぐ近くに女性専用が建てられてました。

    山中温泉総湯 菊の湯
    tel.0761-78-4026
    営業時間:6:45~22:30
    休日:無休(臨時休業あり)

     

    2018年5月10日   燃費の良い走り方のコツ

    道の駅 のと千里浜での夜明け

    羽咋市にある道の駅 のと千里浜での夜明け。
    この近くには温泉もあって便利な道の駅です。
    20時までなら地元で採れた物がバイキング形式で食べれるみたいです。

    今回、風呂に入って着いたのが22時過ぎだったので、夜は何も食べれず就寝。また起きてもココアしかないのでお湯を温めてココアを2杯で空腹を癒してました。

    道の駅 のと千里浜にて1泊

    夜が明けるとすぐそばに24時間入れる足湯がありました。
    タオルを持って足湯に浸かり、この日の計画を建ててました。

    この日の計画は、普通車でも浜辺を走れる千里浜を走って、金沢市入りして洗車&給油で時間調整 → 金沢市ではツルミ印舗さんとこへ寄って総会の相談 → 加賀市の山中温泉 → 翌日広島市内で実印の納品の御約束をしていたので広島県へ…の予定でした。

    石川県の千里浜を車で走る

    この日は午後から雨の予報で朝から曇ってました。
    道の駅からすぐ千里浜へ出れ、9kmほど浜辺を走って行けます。

    この後、のと里山海道を走って金沢入り。
    ガソリンスタンドでこの旅3回目の給油。

    能登半島を走って燃費は21.3km/Lと最高の燃費の良さでした。
    コツは、ブレーキを踏まない事です。減速せずに突っ込めって事ではなく、減速しなくていいような速度を保って走るって事です。

    石川県の千里浜を車で走る

    下った後に上り坂と分かっていたらエンブレが掛からない程度にアクセルを入れて減速させず、下りが終わる手前でアクセルを入れて加速するとスムーズなアップダウンができます。

    あと、道幅めい一杯使ってコーナーの手前から少しだけハンドルを切り、コーナーの形とは違った緩やかな円を描くように走っていくと抵抗が減り、タイヤの負担も軽減されます。

    コーナーの角度は、コーナーの形、植栽された木と木の間隔の見え方、カーブミラーの角度でコーナーの角度を予測します。

    霧が出てたら、ガードレールの上に付いている丸い反射板で判断する。
    目前にオレンジ色が点々と出てきたら左コーナー、白色が点々と見えたら右コーナー。
    コーナーの角度はその点と点の間隔の広いか狭いかで判断。

    もう1つは、助手席の人にカーナビを一番詳細にしてコーナーを読み上げてもらう。 これは使えます。 左4 右3から2 ストレート100 右2すぐ左3 ロスト! えッ?!…てな感じでw

    ※ 注 意 
    左コーナーの先が見えない左端は、自転車や歩行者がいる事を想定して空けておくことです。

    海辺の鳥

    ポイントして…

    1、アクセルを踏み過ぎず、一番高いギアで走らせる。
    (一番高いギアになるのは時速何kmかを把握しておくこと)

    2、余分なブレーキを掛けない。
    (アクセルだけで加減速できる様に先を見て判断。車間距離を取ること)

    3、ハンドルの切る量を減らす。
    (前輪だけでいいのでタイヤがどの位置を転がっているか理解しておくこと。音がなる線があったら、ほんの少しだけ踏んだり離れたりを繰り返して覚えること。)

    4、ハイブリット車のみですが、0スタートの際はモーターの最大出力で加速できる上限速度までモーターで加速させ、限界を越えたらエンジンで一気に適当な速度まで加速する。

    これを行えば燃費は伸びると思います。

    海面を飛ぶ鳥

    最後にもう1つ!

    車の軽量化も…

    無駄な物は積まない。ガソリンは必要なほど入れる。
    燃費が18km/Lなら20Lいれるだけで約360km走ります。
    70L入れるのと、20L入れるのでは約50kgの重さの差が発生します。この50kgの差は大きいものです。

    移動距離+αで給油されるのもポイントですが、今回は無計画な旅なので移動距離すら分からないので、毎回、満タンにしてたのでブレーキを掛けないで済むようにアクセルを調整してました。

    今回、走ったルート
    スタート:道の駅 新湊(富山県射水市) ~ ゴール:道の駅 のと千里浜(石川県羽咋市)
    走行距離:283km

    1 / 241210
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ