相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 店の出来事、etc.

    2020年3月28日   跡を継がせたくない

    昨日の記事は、6歳の甥が釣り銭の100円玉を見て「判子屋になろうかな~」なんて話でしたが、私も跡継ぎを決意させたのは収入だったので、若くして天秤の材料がそこかと思うばかりで、甥には何も言えない(苦笑)

    だが、正直、勧めたくない。

    パソコンと、機械の普及でウイルスのように蔓延っていったパソコンの文字で作られた印鑑が、今では普通の印鑑という認識になってきているし、認印の捺印の意味も分からず気軽に捺され形式化されている状況。

    宮崎で印鑑のことなら

    印鑑についての問題点として以下のことがあると私は考えてます。

    印鑑屋の商いの姿勢

    パソコンの文字で彫りっぱなしの印鑑が大量に出回っている。
    その為、簡単に複製がつくられ悪用される危険性が高い。

    印章彫刻1級技能士、2級技能士とあるが、技能士試験を受けただけで、以後は技術を磨こうとせず、パソコンの文字で作った印鑑を売っている店が多い。

    上の画像は、印稿とよばれる印鑑の原稿。
    技能士とHPなどで謳いたいが為だけなので、印稿すら書けない技能士が増殖。

    技能士という物がなくても商売ができていることも、いい加減な印鑑が出回る要因の1つ。

    印鑑について教えられない

    印鑑屋は…
    金儲けの1つの商品としか考えず売るだけで、お客様に捺印の危険性、大切さ、認印の重要性などを全く伝えない。

    学校では…
    中学校の卒業式や、高校の卒業式では三文判が記念品として配られ、教育者が印鑑のことを理解してなく、「大切な物だぞ」程度で印鑑の危険性など説く事をせずに渡している。

    家庭では…
    専門店、学校などで情報を得ることができないので、“認印”を押すことがどれほど重たく大切かを子供に教えられない。

    本来は、しっかりした捺印の認識と、人の手によって書かれた文字で作られた1つ1つ違う印鑑があることで印章制度は存在する価値があると思う。

    いい加減な印鑑が蔓延るなら、社会において印鑑はお荷物でしかない。
    それなら印章制度は“廃止”すべきと思う。

    悪印が、良印を駆逐し歯止めが利かない業界。
    甥には勧めない。

    2020年3月27日   後継者

    先日、妹の運転で宮崎に納品に行った際、母に甥っ子を連れて店に出てきて貰ってました。

    甥っ子は、4月から小学1年生。
    最近、縄跳びが飛べるようになったから見ろとアピールするようになり30回ほどで引っ掛かるが、めげずに再び飛び続ける。 だが、カウントは0からではない(笑)
    そこは、0からだろと突っ込みたくなる(笑)

    そんな甥っ子が、店の釣り銭を見て「僕も判子屋になろうかな~」と、母に言ったみたいだ。
    それが、観てるとこが違う。
    釣り銭の100円玉と、自分の財布の中身と比べて成りたいと言ったようだ(笑)

    甥っ子よ、まずは算数からだ…

    2020年3月25日   自動運転の車が欲しい

    ユニクロのバイト時代に上司だった方の会社が、代替わりと共に法人実印(代表取締役印、法務局に登録する印鑑)を作り直しでご依頼を頂いてました。

    上司であったが上下関係はなかったな~(笑)
    ユニクロでは色々勉強させて頂きました。

    それで納品と、御印章につてのご説明を午後1時に伺うことになってました。

    昨日は、疲れていて運転に自信がないので、タイミング良く帰省していた妹に運転してもらい片道30kmのドライブ。

    ワシントニアパームスが立ち並ぶ道を快適ドライブ

    行きは、予測運転は甘いし、まだアクセルを抜かないのか? え、まだブレーキ踏まないのか?の連続でハラハラしながら乗ってましたが、途中から覚悟を決めて遠くを見ないことにしました。

    また飛び出しのリスクを考えて裏道を使う事は避けますが、妹は勇猛果敢に路地だろうが突き進んでいきます。 道路の狭さから考えて、人が飛び出したら俺は止まれる自信がないんだがと思う場所も、ブレーキに自信があるのか勇猛果敢に走らせる。

    いや~、助手席ってのもスリリングですね。

    帰りは、一ッ葉有料道路を走ったので飛び出しの心配もないのでリクライニングを倒して雲一つない空を眺めながら気持ちのいいドライブとなりました。
    予定では、移動中に仮眠をとる予定だったが、一睡もできず。

    で、思いましたね。

    行先を設定したら勝手に走っていく自動運転の車が早く出てくれと。

    2020年3月24日   今週が山場

    某会社の社長様から電話が入りました。
    まだ素材などを提供できてなくて作業が進まないだろうから、その事かなと思ったが全く別な話だった。

    ほっと、胸をなで下ろしました。

    担当者の方には、今月は作業が進まないので仕事が落ち着いてからとは伝えて置いてるのである程度は大丈夫と思う。

    社長様からは、嬉しいご提案を頂き感謝するばかりでした。

    宮崎の印鑑屋。実印、銀行印、認印の一生ものをお作り致します。

    今週までは時間が全く取れず、某協議会の会議や、祭りの役員会があるが出席を勘弁してもらっている。

    皆、忙しいんだとお叱りを受けそうですが、どうやっても無理…

    少々不安があるが、今週、乗り切りたい。
    昼から宮崎に納品して、残りの納期を相談へ。

    追伸
    昨日、ブログを更新できていなかったのですが、人気ブログランキング(九州)で35位まで上がっていました。
    ポチッと押して頂いた方々、ありがとう御座います(。-人-。)

    2020年3月21日   和粋庵の作務衣

    仕事着として作務衣を着てます。
    群馬県桐生市にある和粋庵という会社の作務衣を愛用してます。

    和粋庵は、桐生でも境町にあるようです。
    東に1kmほど行くと、栃木県足利市に入ります。
    ダムサイドを走ってて警察に追われたら、足利に入ればどうにかなるという話は聞いたことがありましたが、そんな事はないと思います(笑)
    それは置いておいて…

    反物は、西の西陣、東の桐生
    昭和には、賭け事の街になっていったようにも思えますが、住みやすい街です。

    襟も傷んできたので、近所の衣料の米田さんへ行き発注してました。
    昨日、発注してた作務衣が届いたとのご連絡を頂き、購入してきました。

    見るといつもの柄とは違っている…
    どうも自分が長年愛用して作務衣の柄がカタログから消え…新たに上の画像の柄に替わったようです…orz
    マイナーチェンジして欲しくなかった…orz
    和粋庵さん、マイナーチェンジするにしてもせめて細かい柄だったら良かったのに…orz

    以前のは左側だけが細かい横柄でした。

    気に入った物は、まとめ買いしておかないとダメなんですね…orz

    あと、毎回ですが…
    作務衣は上下がセットとなっていて、ズボンの方は箪笥の肥やしと化していって何枚もあります…
    さてこの使い道はどうするかと、毎回、悩むとこです。

    2020年3月20日   休日出勤

    今月は、定休日返上となってますが、今年は朝から翌日の夕方までの36時間勤務が展覧会作品を作り終えた日に翌日の夕方まで仕事した1回のみで済んでます。
    夜は22時には店を出るようにしているので、この状況がいいのか悪いのか…悩ましいとこです。

    2年前までは、3月中旬になると週に1、2度のペースで36時間勤務でした。
    さすがに46歳を目の前にした体では無理が利かなくなってきてます。
    原因は、極度の運動不足とは理解しててもなかなか運動しないもんです(汗)

    これから世界的に経済が落ち込み、宮崎の田舎でもそれなりに影響は出てくると思います。 そうなったら、暇になるので運動でもして体力増強に努めます。
    それもいいのか悪いのか…(苦笑)

    2020年3月18日   落語のカセットテープ

    先日、角井師匠のお宅に寄った際に師匠から「インターネットで落語のカセットテープを探してくれないか」と、頼まれました。

    車に6連装のCDチェンジャーすら使わなくなってきたこの御時世に“カセットテープ”と懐かしい単語に…「え?!カセットテープですか?」と聞き返してしまい、師匠がラジカセを持ってきて「ここに入れるテープだよ」と…

    私もカセットテープ世代です。
    中学生の頃、知らずにメタルテープに上書きしたらTUBEのバックコーラスがマイケルジャクソンになってしまった苦い思い出があります(笑)

    師匠に「CDですら無くなりつつあるのにカセットテープは無いと思いますが、調べてみます」ということで、その日は帰りました。

    戻ってから楽天、Yahooで調べましたがやはりない。
    やはり師匠にはCDラジカセを買うことを勧めることにしました。

    それが切っ掛けで、久しぶりに落語を聴いてます。
    2年前だったか昭和元禄落語心中ってアニメにハマって、 長瀬智也と岡田准一が出演してたドラマ「タイガー&ドラゴン」を観直したこともありました(笑)
    そっちかよ!って突っ込まれそうですが(笑)
    にわかファンなので、こちらの方から入るのが入り易くて (汗)

    芝浜出来心、子別れ、野ざらし

    この辺りが、素人の私でも楽しく聴けます。
    その中でも死神は、数名の落語家の“死神”を聴きましたが、終わりが人それぞれで面白いし、聞き入る話し手と、そうでない話し手が分かれる。

    他の演目であっても話し手によって若干のアレンジされて話されるそうです。

    助六師匠や、八雲師匠のような話し手を見付けて、生で落語を聴いてみたいですね。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ