相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 認印

    2019年10月8日   実印をつくるよりも、手書きの文字でつくられた認印をお勧めします

    昨日は雨が強く降るなか、40km離れた清武町からお得意様がお客様をお連れになりご来店くださりました。ご紹介を頂けることが一番ありがたい事です。

    またご来店された際は、息子様の実印のご注文でしたが、取り急ぎ実印を必要としないのであれば使用頻度が一番高く、トラブルを起こす事が多い認印をお勧めしたところ、まずは認印から作られて息子さんへ贈ることになりました。

    通常、客単価を下げてあり得ない接客と同業者から言われますが、客単価よりもお客様の状況から今、必要とされる優先順位は何かを考えると仕事、契約、様々場面で多く使用する認印となります。

    現在、使用している認印があるとしても大量生産されるようなパソコンの文字で作られた認印では同じ印鑑が手に入れば訂正印として使われたりして大きな危険をはらみます。
    なので容易に複製がつくられない手書きの文字でつくられた認印を勧めます。

    認印は、すごく重要

    認印の用途

    ・全ての契約書への捺印
    ・仕事上の書類の承認
    ・役場での書類の発行の際の書類の捺印
    ・承認、確認の証として捺印が必要な書類
    様々な場面で使います。

    簡単な書類の場合は、捺印でなくサインのみで構いません。
    捺印が必要となればそれだけ重要性が増しているという事です。

    閑話休題…

    3名のお客様と、認印は本当は実印よりも重視しないといけない話しや、雑談もしながら楽しく接客をさせて頂きました。
    納期は、2週間先まで頂きましたので、じっくり作らせて頂きます。

    今週は、仕事の予定が埋まり、翌日、翌々日にお渡しの急ぎの仕事は申し訳ございませんが出来なくなっております。また来週も仕事の予定が埋まりつつあります。

    必要になる前に作られることをお勧め致します。

    2019年4月8日   一番重要なのは、認印

    判子屋さんでも印鑑で一番大切なの“実印”、その次に“銀行印”。
    酷い時には認印は安い物でも構わないって考え方を持たれている判子屋さんがいる。
    そして、認印を勧めず実印、銀行印を勧める。単価が高いから…

    実印や、銀行印を求めてご来店さているならまだしも、孫、子供が産れたからとか、誕生祝、成人の祝いなど必要に迫られてない状態で2本お求めになられたら実印と銀行印を勧めるのはどうかと思う。

    私は、お客様が実印と銀行印をプレゼントとして作りたと仰られたら、2本でしたら実印と認印をお作りになられる事をお勧めします。

    それはなぜか?

    宮崎の印鑑屋。手彫りの印鑑。認印、実印、銀行印。

    大半の契約に使うのは実印でなく、認印だからです。
    実印は、契約が確定後、国に登記や登録する書類に使うのです。たまに契約時の書類に捺す場合もあります。

    最近は脅しの意味も兼ねてアルバイトの雇用契約に捺させることもあるようです。実印を使わずとも認印で十分ですが、認印の認識が甘くなっているからでしょう。

    なので、一番、重要なのは何を置いても契約の段階で使う“認印”です。

    実印、銀行印の印面の形は、財産を管理するパスワードです。
    2本のご予算でしたら、一旦、実印もしくは銀行印を作られておいて兼用されて、認印と実印もしくは銀行印をお求めになり、その後、貯金して余裕が出たら最後の1本を作られる事をお勧めしております。

    売上からみると、実印と銀行印を販売した方が利益は大きくなります。
    それでもお客様のことを考えると、認印との組合せを勧めるのが大切と私は思ってます。

    画像の認印は、2月に開催されたマラソン大会での賞品として協賛させて頂いた象牙認印3本です。 先日、出来がり発送させて頂きました。

    認印は、使用頻度が多い分、トラブルも多いものです。
    出来る事ならパソコンの文字でなく、手書きの文字で作られた認印をご使用されることをお勧め致します。

    2019年4月6日   花粉症が改善!

    日曜日から寒気が入ってきて少し肌寒い夜が続いてますが、週末は最低気温も10℃ほどあるようで寝袋はチャックを開けて寝ないと汗をかきそうです。

    天気予報をみたついでに花粉情報を調べると東北や北陸はかなり落ち着いてきていますが、関東から西はまだまだ飛散量は多いようですね。

    宮崎の印鑑(実印、認印、銀行印)を手書きの文字で作製。
古印体で佐藤と書いてます。

    アレルギー物質を稀釈した舌下薬シダトレンの2年間の服用を終えて2シーズン目。2月下旬に右目の痒みが出てやっぱり効き目は薄れてきたかと思いましたが、3月に入ったら痒みも出なくなりスギ花粉のアレルギー反応はでなく、今年も花粉症に悩まされる事はありません。今も花粉の飛散情報を調べないと分からないほどです。

    最近は、液体のシダトレンでなく、錠剤の物が出てるそうです。
    この錠剤は液体と違い舌下に1分間で置いて後に飲み込んでいいそうです。
    シダトレン(液体)は3分間でした。

    古印体で佐藤と書いてます。

    撮影後、左の空間が気になって修正しました。

    2019年4月5日   印稿(中﨑/古印体)

    宮崎の印鑑屋
中﨑の認印を古印体で書く

    なかなか暖かくなりませんが、寒気団が居座っているのでしょうか。それならそれでいいですが、週末は強風だけふかないで欲しい。

    古印体の認印を書いてます。
    昔は型枠に銅を流し込んで印を作っていました。その頃の技術は上手く銅が流れこまず文字の線が途切れたり、文字の線が交差するところに多くたまり墨だまりのようになったりしてます。その風合いを表現して書く書体を古印体といいます。

    墨で書いて、胡粉で修正。
    印稿を書くことは、印鑑の要となる作業です。

    彫った後の仕上げで最終修正を加えて完成となります。

    2018年1月18日   色んな字形

    違った形の手書きの印鑑、宮崎市の認印。

    1つの苗字でも手書きで色んな形で書くことが出来ます。

    今回、3つ形を変えて草稿を書いてみました。

    篆書体は1つの文字で数パターンの形があるので、形を変えて数種類書くことができます。

    また手書きをして、手で仕上げる事で、同じ字形であっても誤差が生じるので同じ物を作ることの方がかなり難しくなります。

    認印、銀行印、実印の紹介ページ
    http://souma-inbanten.com/kojinin

    2017年12月27日   「松村」の認印、銀行印

    松村の認印、銀行印。宮崎県宮崎市の印鑑屋。児湯郡高鍋町。

    12月中旬から就職や進学の動きでしょうか。
    銀行印のご相談をお受けする事が増えてきました。

    銀行印は、銀行に届けると同時に印影がパスワードとなります。

    また認印は軽く考えられてますが、実印と同じ効果を持ち責任を追及されます。
    同じ形の印が手に入ると書類を自由に編集されたりします。

    中学校や、高校の卒業時に貰う印は、パソコンの文字を彫りっぱなしの非常に危険な印鑑ですので、使用は避けるべきです。

    簡単に言うと、100円で売っている印鑑のサイズと、材質をチョッと変えた物です。
    材料も非常にお粗末な物です。 卸している業者は、厳しい価格競争の中、コストを極限に下げているので店頭では販売しない材料で作ってます。

    進学就職の門出に贈り物として、認印、銀行印をお勧めしております。

    松村の認印、銀行印。宮崎県宮崎市の印鑑屋。児湯郡高鍋町。

    今回、上から下に「松村」と書いてみました。

    村の「木」(左側)の重心が「寸」(右側)に比べ低いので、「木」横画の線半分ほど上に上げると良さそうに思います。

    2017年12月15日   「竹本」の認印、銀行印

    昨日は、ジョージクルーニー氏の友人が語ったクルーニー氏が友人へのサプライズパーティーの記事を読み義理堅いクルーニー氏に感動。

    詳細はこちら→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000034-flix-ent

     

    竹本の認印、銀行印、宮崎県宮崎市、印鑑

    小篆という書体で「竹本」と入れたら、私はこのような形になります。

    認印、銀行印だと苗字となります。
    女性の銀行印は、苗字が変わって使えるように苗字でなく名で入れることもあります。

    今回の文字は、画数が少なく、左右対称…。
    これが結構、難儀します(苦笑)

    画数が少ない文字は1つの線が見た目を大きく左右します。
    かつ、左右対称ということは左右のバランスが少しでも崩れればハッキリと分かってしまいます。

    「行」という文字を参考で上げると…
    偏と、旁で形が違うので、篇と旁でチョッとバランスを崩してもそれは味(個性)として解釈でき見た目も気になりませんが、左右対称となるとこれがおかしな物になったります。
    (※篆刻では、わざと左右の長さを変えたりはした中でバランスを取ったりする事はあります。)

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ