相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 落款印

    2019年4月4日   篆刻(一旅中興の動画)

    25mm角に「一旅中興」を布字した石を刻していく動画です。
    1回で完成させようという気持ちが先行しているので結構慎重に刻してます。
    失敗を恐れずスパスパ刻していくのがベストです。

    宮崎の篆刻、落款印

    途中から2倍速になりますが、その位のペースだと更に切れのある線が出て来ると思います。

    後から眺めると「中」の重心を0.5mmほど落とすべきだったかな?って、思います。

    2019年4月3日   篆刻(一旅中興)

    先月、上旬に書き上げてた「一旅中興」の印稿をもとに25mm角の印材に布字して刻してみました。

    側款が難しい。練習をしないといけない。

    【 側 款(そっかん) 】
    印面に刻まれた文字、何時、誰が刻したのかなどを刻む。書でいう落款と同じ。側款は右手で持って左側に面に刻むことで、側款が見えると印の向きを確認できる。

    締切りの前々日に仕上げて発送できました。

    2019年3月8日   関防印(清雅:その弐)

    関防印となる「清雅」を刻し補刀(補正)を入れて完成。

    この変形印はオリジナルです。
    楕円形の印材をサンドペーパーの400番、800番、1,000番と番定を変えながら削りだして作りました。

    フルトリを青の下に入れて込んでみました。
    木口なら楽勝なサイズですが、石となると思いがけない砕け方をする事があるので慎重な運刀になりますが、あまり慎重になるとガタガタな線になり刀の勢いが感じられなくなるので、半分どうなってもいいやって感じで切り込んでいく事も重要に思えます。

    2019年3月7日   関防印(清雅)

    関防印(引首印:インシュイン)を作りました。
    関防印は、書や絵などの右上に捺す印になります。
    彫りこむ文字は、好きな言葉、座右の銘などを入れます。
    形は、長方形、楕円形など様々です。

    大きさは、落款印と同じく色紙に書くのか、半紙に書くのか、条幅(1m36cmの紙)に書くのか、更に書く文字の大きさによって関防印の大きさを変えます。

    今回、手掛けたのは横幅8mm、縦幅14mmの関防印です。

    宮崎の篆刻、落款印、関防印、印のことなら

    小判型の石をサンドペーパーで削って玉子型にしました。
    上の画像は、1回目に字入れした物ですが、青の下部の横画を粉砕してしまって磨り潰しました。

    細かい部分は浅く、かつ刀を研ぎ上げ切れを良くしておかないと、余白を削っている時に文字の部分までもが粉砕してしまいます。

    宮崎県の篆刻、落款印、関防印

    2回目はフルトリ(雅の右側)の顔と嘴の形を変えてみました。
    フルトリは、小さな鳥の形です。
    「集」は木の上に3羽の小鳥(フルトリ)が書かれている文字もあります。

    この段階は、刻しただけです。
    この後、印面の墨を綺麗に拭き取り、捺印して修正を掛けていきます。
    完成は明日の記事で…

    8mm×14mmの参考価格
    15,660円(税込、印材加工:1,620円込)

    書を極めている方は、1顆(1つ)が2、30万円はするかと思いますが、有名な篆刻家に作って貰う事をお勧めします。

    2019年2月22日   宮崎県美術展 de 準特選

    午前中、近所の判子屋の森田さんから「準特選やったね。おめでとう!」と、お祝いのお電話を頂きました。

    一瞬、またまた~と、思いましたが、鹿児島の某判子屋さんと違って冗談は言わないので準特選に選ばれたことを知りました。

    ですが、その瞬間…頭に過った言葉は「やべッ…」
    もうやっちまった感いっぱいですよ。

    第45回 宮崎県美術展

    森田さんとの会話は…

    森田さん:朱白の2顆(2点)で出した?

    私:いいえ、1顆です。

    森田さん:はぁ?!1顆? じゃ、大きい印に6文字か、8文字入れて?

    私:いいえ、2文字です(汗)

    森田さん:はぁ~?!1顆で2文字? 毎回、相馬君には驚かせられるわ~

    私:あの作品は失敗作なんです…(汗)

    森田さん:…( ̄д ̄)

    私:カクカクシカジカで…、落款印も綺麗に捺せてなくて…私もショックで…orz とは、言え出さないといけないので出したんですよ…

    宮崎県美術展の結果

    昨年の暮れに印稿を書き上げ角井先生から絶賛され、大阪の講習会では、あとは刀法しだいやな!(彫り方で佳作かどうかが決まる)と言われてました。
    自分でもこれはいい作になるぞ!と、強気でした。

    それなに…刻して捺印してみると…絶句…
    補刀を入れても印稿の輝きが・・・ない…orz

    捺印でも苦戦し、作品候補の有力候補は裏打ちがイマイチに終わり没。そこで予備の物を額に納めて搬入しました。

    また、搬入は土曜日の午後に搬入したので私が最後かと思います。
    その私の番号が「3005」。篆刻は5点しか出品されてない状態です。
    これを見たら入選2点。そうなると俺のは確実に落ちると悟った瞬間でした。

    それが準特選となるとは…
    準特選と言うのは嬉しい事ですが、複雑な気持ちです。
    昨年は落選してます。落選した作品の方がなんぼかいい作なのに…

    1月のブログを読み返してみると作品の事どころか、搬入のことも触れてませんね…(苦笑)

    2019年2月19日   印材を削って使い易い大きさに

    色紙につかう落款印。変形印。関防印

    変形印を作った後に左右に1~2mmほど印材が大きかったので、捺印の際に印材の大きさと、印面の大きさが違うと、捺印の際に思っていた位置とズレが生じないかと思い印材をサンドペーパーで削って小さくしてみました。

    まずは120番で粗く削り落とし、400番、800番と変えながら形を整えていきました。

    印材を加工

    印面に対して0.3mm程度の大きさまで小さくしたので、捺印し易くなったと思います。

    最後に捺印して、印面の出来を確認して完成です。

    2019年2月1日   鹿肉は、量だけ気を付けろ。

    2月に入りました。関東では雪が舞い、群馬では天体観測に行く話しが舞い込んできてます。コーナーを曲がったら鹿!って、天体観測者から狩人にならない事を祈ってます。

    林業の方にお話し聞きましたが、鹿肉にはあまり寄生虫はなくただ脂身が少なく高タンパク質なので500g以上食べると人によっては腹を下すそうです。
    用は、タンパク質の固まりなので胃などで消化されず大腸にいき、そこで腸内と体内の濃度を一定に保とうとする事で血液中の水分が大腸に流れ込み下痢になるそうです。その為、脱水状態になるので水分補給が大切だそうです。

    食べ過ぎて腹を壊したことを、寄生虫が入ってたと勘違いしてた話を聞いていたので、これで量だけ気を付ければ安心して鹿肉を食べれます。スポーツされている方には高タンパク質なのでいいそうです。

    1寸角の落款印。

    今回は、「篤信好学」を1寸角の青田石で作りました。
    印稿は書き上げていたので1時間ほどで刻して、宮崎まで行かず高鍋郵便局で出品。宮崎まで行く羽目になると2時間半の時間を割かれるので、この時期は避けたいとこです。

    今回の石は久しぶりに刻し易い石でした。
    こんな石には滅多に出くわす事が出来なくなってます。

    今回の作は、年明けてすぐ印稿を書き上げてた物です。
    印稿の大きさは75mm角ですが、作ったのは30mm角。次は75mm角に刻して9月の宮日総合美術展に出品したいと思います。

    印稿を書いた時の記事
    http://souma-inbanten.com/post-14608

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ