相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 法人印

    2018年12月25日   寒波がやってくる

    メリークリスマス
    これから年末にかけて寒波がやってくるそうですね。5年物のスタッドレスタイヤがどれだけ雪面を掴むかどうか…疑問が残ってますが空気圧のチェックはしておきます。

    毎年のことですが、今年も教会に行かず… 年末年始には神社での振舞いには参加… う~ん、あまり深く考えない事に…

    代表取締役印を仕上げる。

    印章彫刻1級技能試験の見本の2本目をそのままにしてた事に気付き慌ててアップ。

    会社名は、太平金属和工株式会社。
    中央の「代表取締役印」の文字は3行にしましたが、2行の方が作り易いと思うので講習生は2行をお勧めします。

    宮崎県、宮崎市、高鍋町の印鑑屋
会社の実印となる。代表取締役印を仕上げる。

    チョッと気を抜くと数日、1週間、2週間と何もせずに時間だけが過ぎ去っていきます。 また年末年始の貴重な休日です。 仕事を諦めるか、家族団欒の楽しみを諦めるか中途半端な気持ちにならず決めて下さい。

    私は3月に開催される技能グランプリの課題に着手してみます。

    2018年11月22日   細い文字の印鑑

    代表取締役印を仕上げる。宮崎市の印鑑、はんこ。

    先週末に仕上げて大阪の講習会へ見本として持っていく予定だった代表取締役印を持って行くのを忘れてました。

    講習生へ…
    技能検定を想定して仕上げの時間を1時間と区切って行ったので粗さがありますが、この程度、出来ていれば確実に受かります。 ですが、仕事としては、最低基準と思って下さい。

    この印鑑は、株式会社、有限会社、NPO法人などの法人が、一般的に周りに会社名、中央に代表取締役印と文字を入れた印を作り、法務局に登録する印鑑となります。

    美しく見せる法人印。宮崎市の印鑑、実印、銀行印、認印。

    この基本的な作りは外側の縁が太く、一周させて入れてある会社名と、内円は細くして、中央の文字は太くします。そうする事でコントラストが出来て見易く、美しくなります。

    パソコンの文字を使って簡単に作っているとこは、最後の仕上げで文字を細く整える事なく提供されてます。

    判子で重要なのは…
    第1に安全の担保の為に「手書きの文字」なのか?
    第2に美しく仕上げてあるか?
    この2点が重要と考えると宜しいかと思います。


    宜しかったら、下の「人気ブログランキング」と、「宮崎情報」のボタンをポチッと押して頂けると幸いです。

    2018年4月25日   法人の銀行印

    大切な法人印(銀行印)宮崎県宮崎市、高鍋町の印鑑屋

    今週末からゴールデンウィーク。
    28日(土)から6日(日)まで休むので急ぎの仕事が増えてます。

    とは言え、残すは友達から請けた法人の銀行印。
    床で寝たのに目覚ましに気付かず5時間も寝てしまっていた…orz

    昼までに法人の銀行印を仕上げる。

    追記
    昼までに出来上がりました。さて、午後から次の仕事!

     

     

    2017年12月24日   手仕上げとは…

    今年、最後の日曜日。

    昨夜、残り2文字のところで休憩を入れて瞬きしたら朝の3時を過ぎてました。
    たまに瞬きしあたら3、4時間が一気に過ぎ去る現象が起こります…(笑)
    一旦、切り上げて本日、仕上げて月曜日にはお渡しできるようにしておきます。

    今回は枠を太く、文字を細くする形で管理者の印を作ってます。
    線の太さと、文字の細さのコントラストが文字を見栄えを引き立てます。

    手仕上げとは。印の良し悪しが決まる。宮崎県宮崎市、児湯郡高鍋町

    判子は、基本的に文字の太さと、枠の太さを変えて作ります。

    ○○管理まで仕上げ刀で文字を形付けを終えてます。

    残す2文字は「者印」の2文字。

    文字が太くガタガタしてます。
    これを線を綺麗なキレのある線に、バランスを調整しながら文字を作り上げます。

    仕上げは、機械で彫った後の彫りカスを取ることが“仕上げ”ではありません。
    問屋さんから、印の縁のバリを取る事と、彫りカスを取る事だけが、仕上げで手の入った仕上げなんてする店はほとんど無いですよと聞きます。

    お客様が、印鑑屋が作った印鑑だから間違いないと思われるので、印鑑屋が手を抜く始末で残念な現状があります… orz

    多くは、きちんとした仕上げもされずに渡されている印鑑が出回ってます。

    ※石や、金属は仕上げはできません。機械で彫りっぱなしの印となります。

    2017年10月26日   理事長印を書き上げる

    今朝は冷え込みましたね。
    流石にジャケットを羽織って出勤しました。
    また、出勤途中に東の空を見ると厚い雲から朝陽が出てきそうな感じで雲が横一線に黄金色をしててすごく綺麗でした。

    今朝の内に法人印の印稿書きを終えました。
    法人印とは、会社の実印や銀行印、また理事長などの役職印で周囲に会社名を入れて、中央に役職名を入れます。

    一番多いのが、代表取締役印です。
    合同会社になると、社長は代表社員となるので、代表者印と入れます。
    今回、書いたのは右上から理事長印と入れてます。

    法人印

    ここまで書き込むのに5時間ほど掛かってます。
    昼間、書いていたから何度も手を止めたこともありますが…(-“-;A …アセアセ
    あと長がチョッと気になるので修正を掛けて印稿は完成となります。

    この後、スキャナーで読込んで、そのまま彫刻機で粗彫りだけをさせます。
    粗彫りが上がると、次が重要な仕上げとなります。

    線の太さの統一、線の傾きの微調整などメスの様な仕上げ刀で削っていきます。
    この作業は、3、4時間は掛かります。

    この様な2重枠の印を作る際、私は周囲の社名は極細、中央の文字は若干太めで仕上げ、印の中に太い細いを付けてコントラストを出し見やすくかつ、印の美を表現します。

    理事長の印

    1、2万円程度の印は、この様な作業は出来ません。
    パソコンの文字で、機械で彫って彫りカスを取る程度。

    どうしてもその様な印は玩具にしか思えず、仕事の道具としての重さ、気品は全く感じない。
    赤い印が付けば何でもいいという会社のトップの姿勢が御飯事の延長でしかない様にも受けて取れて、この会社は大丈夫か?と、疑ってしまうほどだ。

    ご予算がなくて仕方なくという方は、ネットで3,000円のをお勧めしてます。 実際、1万円程度のを買っても大差ありませんから…。その点を考慮すると1万円は高いからよして置いた方がいいですよと、ご助言しております。

    印は、単なる道具ではありません。
    捺す事によって信用、信頼、責任を発生させ個人、企業の将来を左右する大きな意味を持つものとなります。

    判子屋は、お金を得る商品だけで考えず、その辺りを真摯に考えお客様に提供しなければならないと思っております。


    法人印のページ

    http://souma-inbanten.com/houjinin

    2017年8月9日   資料をもとに試行錯誤

    手書きの文字で印を作る

    お客様からちょっと変わった形でと依頼を請け、またそれ以外納期もすべてお任せということでお請けした仕事です。 認印や実印ではないのでブログでの公開も承諾を頂いております。

    金文での作製も考えましたが、倭古印の資料も揃ったので倭古印(やまとこいん)風の印も面白いと思って作製に掛かりました。

    倭古印

    倭古印は、平安、奈良時代に作られた印で、当時は隋、唐の文化が入り日本独自で印をつくろうし始めた頃でした。

    ただ、印の情報が少ないのか、隋、唐の頃にはあり得ない楷書や行書、平仮名で作られた印が出てきます。また篆書体の情報も少なく判読不明の文字もあります。

    当時の印のつくり方は、型枠を作り、そこへ銅を流し込んで作る方法で上手く銅を流し込むことが出来ず文字が切れてたり、また文字の線と線の交差するところに多く銅が溜まり書でいう墨だまりが発生しているのが特徴です。

    古印体

    倭古印の文字は、印として発展途上なので美しい形ではありません。
    今の形に墨だまりを入れていくと、ただの古印体の印になるので面白味がなくなります。

    鉄の金篇も下書きの段階のものは普段の古印体の形ですが、倭古印の金篇では左右の点の位置が上にあるので途中で変更しました。 印は倭古印独特の形を採用していたり、文字の重心を下げて短足気味にしてます。

    倭古印風にもっていくには、独特な文字の形をどこをどう残して、どこまで修正を加え整えればいいのか苦悩します。

    2012年2月29日   口蹄疫復興事業

    口蹄疫復興事業
    口蹄疫が治まったが、その影響は計り知れずホテル、飲食店などの業種は未だに尾を引いてる。そこで県からのやっとの思いで補助の申請が通り新たな対策事業が動き出してます。
    そこで角印が必要になり依頼がきました。私は数年間に比べたら色んな団体から離れているので少しでもと思い提供させて頂きました。 今回は版下を古印体で手書きして、それをスキャナーで読み込ませて彫刻機で彫らせ、最後に仕上げ刀で仕上げていく方法で作りました。
    (画像、記事ともに掲載了承を得てアップさせて頂いてます)
    この事業で多くの事業者が口蹄疫問題以前の状態に戻せたらと願ってます。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ