相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: ゴム印

    2018年10月10日   のし袋におす名前のゴム印と、看板づくり

    ふるさと納税の職人が書く熨斗用

    冠婚葬祭の熨斗袋の名前の部分と、お金を入れる内袋に住所と名前を私が書いた文字でゴム印を作ってます。筆ペンで書くのが苦手、面倒、書いた文字が恥ずかしいから避けたいとの事でご依頼を頂いております。

    私も1発で書ければいいんですが…中々難しいものです。
    なので、辞書を引いたり下書きをしたりと試行錯誤してます。(汗)

    今日は、○○商店様からご依頼を受けているので一筆。

    あと、○○○○もんめのZ氏から日曜の夜に呼び出され料理と酒を出され、看板を作ってくれないかと北海道で火山灰に埋もれた木の板をお預りしました。

    こんな時に限って早目の晩飯を食ってて地鶏の炭火焼きとトマトスライスしか食えず…。 知っていれば…何も食わずに行ったのに…orz 納品の時にフグ料理とか出てこないかな?w

    貼り合せるので裏面はテストで使っていいとのこと。目が粗いから悩むな~。ノミを当ててみたいが…チョッと危険な香りも…う~ん、どうするか。

    手書き熨斗袋用ゴム印
    税抜価格5,000円~

    手書き熨斗袋用ゴム印、内袋に押す住所+姓名、薄墨&墨の2色スタンプ台セット
    税抜価格14,000円~

    お問合せフォーム
    http://souma-inbanten.com/contact

    2018年8月18日   孫が書いた物をゴム印に

    孫が書いた似顔絵

    「孫が書いてくれた似顔絵をゴム印で作って手紙や、年賀状に使いたい」と、ご相談を頂きました。

    結構、前に書いて貰ったものでしょうか?
    まずはスキャナーで最大画素1200dpiで読込み茶色の部分を全て消していきます。
    その後、右腕の部分の薄い黒を消してから白黒2階調にして版下を作り上げました。

    孫が書いた似顔絵からゴム印を作る。

    今回、横幅13mm、縦15.6mmのサイズで作りました。
    ハガキでも名刺でも捺せるサイズです。

    孫の書いた物を形にする

    筆で書いたであろう細かい線も出来てます。バッチリです!
    (※このゴム印は、プレス機で作ってます)

    ≪料金≫
    (サイズ、内容に寄って異なるので参考価格です)
    画像読込み、処理 1,500円
    ゴム印(13mm×15.6mm) 811円
    合計 2,496円

    ※版下が出来たので2個目からは、ゴム印の価格のみとなります。

    2018年7月26日   1度に2ヶ所おせるゴム印の台木

    2つのゴム印を1度に捺せる当て木

    宮崎では米の刈入れが始まり、出荷の時期となってきました。
    コメ袋に生産者と、地区名を記入する箇所があり、そこにゴム印を捺すのですが2ヶ所を1度に捺印したいと要望がありました。

    捺す物を見せて貰うとなんだか出来そうだったので引き受けました。
    図面を引いてどうやって作るのが簡単でいいのかを考えます。
    当初は加工し易いバルサ材を購入してきて作ることを考えましたが、ゴム印の台木を使って木工用ボンドで接着する方法の方が簡単ではないと思い作製開始。

    ノコでカット

    まずは図面の寸法どおりにゴム印の台木にカットする位置をチェックします。
    その後、線を引いた位置より0.2~0.5mm程度を残す形でカット。

    サンドペーパーで面を整える

    余分な部分をサンドペーパーで削って面を調整します。

    木工用ボンドを付けて圧着

    上下の間隔を取る為に6mm厚の板を中心に名前のゴム印を置くとこと、地区名を置くとこが定位置になるようにする板をカットして木工用ボンドで接着。

    ここで反省点。
    圧着する際は反らない様に板をもう一枚かませてクリップする方が良かった。

    2つのゴム印を同時に捺印

    ゴム印を並べて、ガムテープで固定すると1度に2ヶ所の捺印が可能になりました。
    これで作業効率は上がり楽になるでしょう。

    屋外でしようするとなるとガムテープは剥がすと汚くなるで、マジックテープを接着剤で貼り合せると簡単に取り外しが可能で粘着部分が残って汚れることも無いかと思います。

    2018年4月26日   手書きの寺社印

    手書きの文字で寺印を作る

    寺社印のご注文をお請けしました。
    神社では、御朱印と言われます。
    参拝した際に捺して貰う印になります。

    御朱印

    妙本寺は先代の住職がお亡くなりになり住職不在でしが、今年、若い方が住職に就くことになりました。
    妙本寺に寺社印が無かったようなので作製のご相談を頂きました。
    就いたばかりでやる事が多いので、2寸角で手頃に作れるゴム印をお勧めしました。

    また、パソコンの文字と、手書きの文字の違いをご紹介させて頂き手書きの文字での作製となりました。
    やはりパソコンの文字では、品位に欠ける物があります。

    高鍋町、妙本寺の寺印

    「日向」、「高鍋」を篆書で、「詔和山 妙本寺」は隷書で書き上げました。

    寺社印、御朱印は大切な寺や神社の御印章です。
    予算的にゴム印であってもせめて下手でも手書きの文字の方が趣きがあって良いと思います寺や神社の大切な印ですから。

    また住職さんや、神主さん、氏子総代さんが書かれた物をスキャンして作る方法も御座います。
    パソコンの文字で記念スタンプ状態になっている御朱印より断然いいものです。

    今回、朱肉を使うのでゴムは耐油性ゴムを使っています。
    朱肉を使っても溶けませんが、ゴムの劣化は免れませんので耐用年数は赤ゴムと同じく7年ほどとなります。

    2018年4月17日   すごく細かい文字のゴム印

    Ascente

    今回、小さいというか、極小の文字のゴム印をつくりました。

    「Patisserie Boulangerie」の文字の大きさは2.75ポイント(3.8Q)の大きさです。

    ご依頼を請けた際は、文字が潰れる恐れがあり黒い塊りになる可能性が高いですよとお話をさせて頂きましたが、デザイン的に潰れてもいいので入れて欲しいとのことで、データに手を加えずそのまま作ることになりました。

    すごく小さな文字も印字

    出来上がって捺印すると、文字が読めるほどの出来栄え。
    捺印しても文字が潰れていませんでした。

    ≪注意≫
    スタンプ台に左右されます。
    当店で販売しているシャチハタ社製のスタンプ台を使ってます。

    ラディッシュさんの農家のごちそう

    2つお請けしたもう1つのゴム印も「La Dish」の L・a・s・h の線に囲まれた空間は潰れるかもと思ってましたが、こちらもゴムが抜けて捺印時にも潰れず綺麗に印字できました。

    ゴム印の作り方は…

    1、データからネガフィルムを作製。

    2、露光機にフィルムを入れて紫外線を照射で樹脂製の凹版を作りあげます。

    3、凹版をゴム板にあてプレス機でプレスして凸のゴム印の完成となります。

    ネガの作り方と、露光機の調整、プレスのノウハウによって細かい部分まで作り上げてます。


    農家のごちそうバル

    http://www.ladishseven.com/noukabar/

    2018年1月13日   ロゴを入れたゴム印(宮崎市 らんぷ亭様)

    雲一つない晴天の朝となりましたが、放射冷却現象で空気が冷たく足元から冷えを感じます。
    今日からセンター試験ですね。受験生は大きな山場となってますね。

    私は、国立大学にいく能力がなかったのですが、クラスの名前が国公立クラスって名が付いていただけに受けざる負えなく…。結果は化学だけクラスで同点でトップ。ここが頂点だったかもしれません。(笑)

    この後、目標を失い間違って入ってしまった某国立大学で楽しすぎる日々と没落していく日々が…(笑)

    受験生には運をも味方にして、成果をだして頂きたいと思います。
    私は運を味方にして入ったわいいが失敗しましたが…(汗)

    宮崎市にある昭和の雰囲気が残るレストラン らんぷ亭のゴム印

    もうすぐ創業40年になる宮崎市の洋食店、らんぷ亭様からご注文を頂いた住所判です。
    代表が変わり新たに住所判を作り直すことでご相談をお請けしました。

    来店して頂いた時は、接客が続いており名刺を頂き、翌日、再度高鍋まで足を運んで頂き恐縮いたしました。

    昔ながら楷書体のゴム印

    今までの住所判は、楷書体で作られていたのですが、名刺を頂いた時に「らんぷ亭」の屋号がロゴを使われていたのでロゴを入れた形をご提案させて頂きました。

    宮崎市にある昭和の雰囲気が残るレストラン らんぷ亭のゴム印

    らんぷ亭のロゴの中に「LAMP-TEI」とあったのですが、小さ過ぎて綺麗にスキャン出来なかったので同じ丸ゴシック体でタイピングした物を埋め込んでゴムを作ってみました。

    このLAMP-TEIの文字の大きさは約1.0mm×1.0mm。
    ポイント数でいうと、4pt(6Q)の大きさですが、綺麗にゴムが出来上がります。
    (※画数が多い漢字は難しいと思います)

    宮崎市にある昭和の雰囲気が残るレストラン らんぷ亭のゴム印

    オリジナルの台木を使い、鉋で角を落としてみました。

    ゴム印の耐久年数は6~10年。
    データとして保存してあるので、ゴムが傷んで再度、作り直しの時はすぐに作れるようにしております。

    ≪ 住所判(ゴム印)の価格 ≫
    ロゴが入ったりして内容によって異なります。
    目安として1行1,200円ほどになります。

    ≪ 受注の流れ ≫
    お見積り → 版下作製 → 校正 → 作製 → 完成 → お渡し/発送

    らんぷ亭
    宮崎市中央通8-16
    tel0985-25-8337
    営業時間 18:00~22:00
    定休日 月曜日

    2017年12月6日   印面保護に印面キャップ(袴)

    印面保護の印面キャップ

    ゴム印を捺す際に朱肉を使うとゴムが溶けてしまいます。
    朱肉で印面が溶けて文字が潰れていたので、耐油性ゴムで作りました。

    耐油性ゴムは朱肉を使っても溶けません。
    ただ、ゴムですので6、7年経つとヒビ割れなどのゴムの劣化が出てきますので、その時は作り直しになります。

    また、ゴム印を納めるケースが欲しいとの事でしたが、ゴム印は様々な大きさがあるのでケースは領収証などに使う住所判(座判)の60mm×20mm程度が納まるケースしかありません。

    なので、オーダーメイドで袴と言われる印面保護の印面キャップを作ります。
    サイズにもよりますが、1個 税別2,000円~お作りしております。

    印面保護の印面キャップ

    袴は落款印に使うので正方形ですが、初の長方形で作製。

    また、今回は、赤い紙を1週させて貼り合せる糊しろを2重になっている側面赤い紙の間に差し込んで糊しろの部分が目立たないように工夫してみました。

    これで側面が面イチ!

    初めからそのつもりで組み立ててた訳でもなく、組立てながら「あ!ここに差し込んだらいいんじゃないか?!」って、思い付きです。

    ゴム印の印面保護の印面キャップ 宮崎市

    最後に底と、側面に装飾の布を貼って完成!

    赤い部分を1~2mmほど出すのがポイントです。

    ゴム印の印面保護の印面キャップ 宮崎市

    台木に合わせて組立てたのでピッタリ!

    また、出来上がって撮影し終えたところに、お客様がご来店!

    絶妙なタイミング。

    更にもう1つゴム印のご注文を頂きました。
    いつもありがとう御座いますm(__)m

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ