相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: OFF

    2018年11月26日   月光と、オリオン座

    目的地に4時前に到着。テントを張っていると買い出しで寄ったお店に忘れ物をした事に気付き片道18kmのドライブ…orz

    この日の気温は7、8℃だったと思いますが、強風の為、体感温度はかなり下がってます。ユニクロの暖パンでも足が冷たくなるほど…

    対策として、暖パンの上に履ける大きめな防風のパンツを履くと耐えられます。
    アウターはユニクロの物ではチョッと厳しかった…

    また、テントの前室がどれだけ必要かという事も痛感させられました。
    テントを買われる際は、2ルームと言って寝室とは別に壁と天井がある前室が付いている物を買われる事をお勧めします。この前室があると防風となり快適に調理、食事が楽しめます。

    久住高原のボイボイキャンプ場での夜空。オリオン座が観えた。

    満点の星空を観に行ったのですが、見事な満月で明る過ぎてほとんど観えず…orz それでも辛うじてオリオン座が観えたので、三脚を使い8秒間シャッターを開きっ放しで撮影してみました。

    左上から差し込む月あかり、徐々に広がってくる雲、地上にはキャンパーの灯が…。そんな明るい夜空にオリオン座は辛うじて輝きを放ってました。

    このオリオン座の星の1つペテルギウスは超新星爆発を起こす可能性がささやかれてます。現在、見えてる光は640年前の光ですのでペテルギウスが爆発してもすぐには消えないとのことです。

    初めてキャンプ場でキャンプをしましたが、テントが立ち並び寒空の下でもキャンプをする人が多いことにビックリでした。

    バローバック#1の検証
    フリースパンツ、ライトウエイトダウンジャケットでバローバック#1で寝ましたが、暑くて目が覚めチャックを開けて寝るほど。0℃以上だと薄着で寝れます。

    700円のLEDランタンの検証
    ハンズマンで購入したLEDランタンはテント内だと十分な明かりですが、室外での調理などの作業では光量不足。

    以外に使えた物
    ヤマダ電気オリジナル商品の手回し手持ちライト&ランタンは、数回まわすと発電して30分ほど使えます。歩き回る際に使うライトとして明るさも十分です。
    トライアルで購入した1700円のバーベキュー台。卓上コンロとは比べ物にならない程の火力。料理が済むと焚火台として使用。

    2018年7月9日   新富町でランチ(菩提樹・リンデンバウム)

    7月1発目のイベントは天候回復で無事終える事ができました。
    来週は、八坂神社夏祭りとなります。

    イベント反省会を終えて帰宅後、半年前に購入して読まずにそのままにしてた本を手に取って読みだすが最後まで読んでしまい…読み終える頃には陽射しが差し込み時計を見ると6時…やってしまった…orz

    午前中にイベントで使った物の片付けと、来客があるので電話横に置いて椅子に座って仮眠。
    2時間ほど寝たとこで招集の電話が入り起床。

    宮崎県新富町でランチ

    車はたまにしか動かさないので1年も持たずにバッテリーが上がってしまう始末…。月に1度は充電走行をするようにしてます。

    あまり運転してないのでブレーキの踏み具合など適切な調整が全く出来なくなっている。運転しないと感が鈍ってきて駄目ですね…(汗)

    ブレーキを踏むと若干コンコンコンってペダルを叩く感触が伝わってきたのでブレーキキャリパーがスムーズにフローティングしていない。 時間をみてブレーキキャリパーを外してグリスアップが必要… 更にリアのブレーキは終わってます…orz

    バッテリーの上がった原因はオルタネーター(エンジンの動力で発電する部品)である可能性も否定できないので調べないといけませんが…面倒…。 給油の際にバッテリーの点検でバッテリーの比重が低下してたらオルタネーターの交換ですね。

    焼カレーとサラダ

    新田原基地あたりをぐるっとドライブして新富町の菩提樹(リンデンバウム)に寄りました。このお店は創業24年ぐらいだとか。自分の車と同じくらいですw

    この日のランチは、オムライス or 焼カレーだったので焼カレーに。
    ルーの上にチーズと中央には玉子が乗っかっている焼カレー。

    新富町のカフェ&レストランl「菩提樹(リンデンバウム)」

    建物はロブハウスで、店内はFMラジオが流れてます。
    日曜のラジオって番組がそんなに変わってないので、流れてくるラジオを聞くと、あ~日曜日だな~って、実感します。

    この後、遠方からご来店して頂けるとのことで店に戻って接客&仕事を進めました。
    今週は急ぎの仕事も入っているので忙しい1週間となりそうです。

    菩提樹(リンデンバウム)

    営業時間 11:00~15:00
    tel.0983-33-6918

    2018年6月9日   使い果たす…

    先月、部品を取り尽した車を井上商店さんに引き取って貰いました。
    今は亡き友人が1万円という格安料金でで群馬から宮崎まで輸送して貰った車でした。

    ラリー車でしたが、エアコンが付いているラグジュアリー車でした(笑)
    かと言って、宮崎では林道で練習する事もなくなったのでナンバーを切って置いてました。

    STIの機械式LSD

    それを見た友人が同じ車種で解体に出すのがあるから上げると貰ったので部品を貰った車に移植しながら足として使わせて貰ってます。

    最後のパーツとなるリアの機械式LSDを下しました。
    このパーツが無いと、片輪が空転すると空転する方にしか動力が伝わらず前に進む推進力が無くなるので、片方が空転しても両方の車輪を強制的に動かす物です。但し、両輪を同じ回転数にしようとするので小回り利かなくなります。

    nonoのラリーコンピューター

    もう今の国内ラリーでもほぼ使わなくなったナビコンピューター。

    20年前のラリーでは、突然チェックポイントが出て来て平均速度45km/hで走れという指示が出されたりすると、ナビがこのコンピューターに45km/hと打ち込むことで、何秒遅れているか、早いかが表示されます。

    直線が少ない林道で45km/h以上では指示されると、ほぼ全開で走って行きます。その頃は、知らない道を走らされるので車をある程度滑らせて走らせます。

    月刊タンみやのコマ地図はもともとラリー用の地図です。このコンピューターがあると距離が表示されるので楽に走行できます。

    部品を取り尽したヴィヴィオ

    エンジンも2年前に下して今の車に乗せ換えたのでほとんど使い果たした状態です。引取りに着て頂いた方がこの状況を見て「あぁ・・・(汗)」って感じで、買い取り料金はなく、無料引取りでいいですか?と言われました(笑)

    無料で持っていって貰えるだけで有難いので即了承w

    井上商店さんに車を引き取って貰う

    リアクオーターの傷は、以前の持ち主が横転させた傷跡です。

    駐車場で長年粗大ごみとして見られてたので井上商店さんに引き取って貰いスッキリしました。
    後継車となっている貰った車も最近ハンドルが重く感じてきているのでいつまで乗るか…

    ※運転するのは好きですが車自体に余り興味がなく、簡単にいうと野球のバットやグローブ、テニスではラケットの様な感じなので扱い易い物に乗るって感じです。

    ヴィヴィオはブレーキに難ありですが、車体の剛性や、軽自動車には珍しい4輪独立懸架の構造でアクセルオフで車は滑りはじめ四輪滑り出してからもコントロールし易い車です。

    2018年4月30日   デザイン あ展(富山県美術館)

    富山県美術館のデザイン あ展

    富山県美術館のデザイン あ展が気になってた。
    これが今回の第一目的!
    なんとか17時半ギリギリで入る事ができて見ることが出来た。第一目的なのに危うかった(汗)

    富山県美術館は昨年3月に出来たばかりの新しい美術館で、外観は差程では無いが館内の空間の使い方や、杉板を格子のようにあつらった壁、天井は面白いし!

    また、デザイン あ展は撮影OK!
    物によっては手に触れて楽しむ物もあった。

    看板の文字から特長を掴み看板の文字にはない『あ』を書き出す。
    もし『あ』って文字が使われてたらこの様なデザインになるって感じでデッサンと解説を動画で流してた。
    有難く録画させて頂き、帰ったら勉強させて頂きます。

    また映像が数種類あって、う〜ん、説明するのが難しいので行ってみて下さい。面白い映像ですよ!

    なが〜い猫が寝ている

    最後は、屋上にある公園に上がって夕日が沈むのを眺めてました。

    これから何処に行くか、今後、どうするか考えるため1階にあるカフェ…
    カフェの話は後ほど…

    デザイン あ展
    富山県美術館
    2018年5月20日(日)まで
    9:30〜18:00(入館は17:30まで)

    2018年2月14日   熊本県荒尾市にあるお洒落な木製看板屋さん(WOODSIGNSHOP)

    熊本県荒尾市にあるお洒落な看板を作る職人

    日曜日に熊本県荒尾市にある木製看板を専門としたWOODSIGNSHOPさんのとこに行って来ました。
    7、8年前ぐらい前に知ってから1度は行ってみたいと思いつつ行けていませんでした。
    今回、熊本市内に用事が出来たので、連絡を取ってお邪魔することになりました。

    この日の天気は良好でしたが、夕方から雪マーク。
    熊本市内を13時には出て、有明海を眺めながら国道501号線で北上。

    14時ぐらいには玉名を出て着くころになると雪が舞ってきました。
    雪が舞うと言っても遠くで降っている雪が風で飛んでくる風花でしたが、遠くにはいい感じの雪雲が…(汗)

    熊本県荒尾市にあるお洒落な看板を作る職人

    オーナーの林さんが自分で建てた工房で作業されてます。
    また奥に見えるクリーム色の箱は自作のサンドブラスターの箱です。
    この中に板を入れて細かい砂を吹きかけて削っていきます。

    この時、既に2つほどカッティングシートを貼った板があり、これからサンドブラストの作業へ移行するとこでした。

    写真を撮るのを忘れてましたが、1度、納品した看板が年月が経ち、メンテナンスで戻ってきてメンテナンス中の看板もありました。

    木製なので当然傷みが出ます。
    それを修繕しながら長きに渡って使っていくというのはいいものです。

    熊本県荒尾市にあるお洒落な看板を作る職人

    上の作業台の1つです。
    サンドブラスト以外にリューターを使っての切削もされてます。

    ちょうど、行った際に家を建てるので表札を作って欲しいと相談に来られてました。
    料金は大きさや、内容によりますが、作業内容を考慮すると安いと思います。 量販店などで売っている表札と比べたらダメですよw

    約1m角の看板で7万円と言われてました。
    板を看板のサイズに作り、カッティングシートを貼って、サンドブラストして、筆を使っての塗装という工程を考慮すると決して高くない。私は安いと思います。

    林さんと話していると、仕事についていの共感することが多く、職種が違えども考え方は似てるなと思いました。

    2時間ほども手を止めさせてしまい16時には帰路に立ちました。

    帰りは、県道112で長洲をかすめ、国道501号で熊本→御船→五ヶ瀬→高千穂→延岡と回るルートを予定していたのでチェーン規制が掛からないか心配でしたが雪も降る事なく帰れました。

    所用時間は、約5時間
    燃費16.3km/L(アクセルの踏み方でもっと伸びるかも)

    翌日は熊本市内も雪だったようで高速バスも運休だったようです。
    もともと月曜日に行く予定でしたが、日曜日に変更していて良かった。

    WOODSIGNSHOP
    https://www.woodsignshop.net/
    TEL 0968-68-7376
    熊本県荒尾市…

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ