相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: アウトドア

    2019年1月17日   ダイソーのカラビナは使える

    今回の発見!

    ダイソーで購入した2個1セットで売られてるアルミ製カラビナ!
    これは使える! いちいち縛ることなく、カチャっと引っ掛けるだけ。便利です。

    ダイソーのカラビナ

    ただ、もともと付いて塩ビのロープは張ってもすぐ緩むのでしっかりしたロープに替える必要ありでした。

    ダイソーのカラビナ

    ペグはハンマーを買うついでに買い替えました。6千円のテントの附属品は使い物にならないと考えて置いた方がいいようです。
    テントは1分で張れるので、通常のテントを使いたいとは思えません。

    今後の課題…

    荷物が多すぎ…
    車の後部は座席がないのにこの満載感…
    万全な体制だが、積み込むのが面倒… これを半分にまで減らす工夫をしないと…

    まずは物を減らして、その後、焚火台、寝袋の下にひく断熱のマット、椅子などコンパクトになる物への変更。
    まずは減らす。

    2019年1月16日   バウルーでホットサンド

    日向市にある無料のキャンプ場での朝。眺めはいいです。

    日曜に泊まった日向市の御鉾ヶ浦公園キャンプ場。
    細島港のそばにあります。近くに公園や、海水浴場、右手奥の小さな島が黒田の家臣。

    9時前に起きて、昨夜の星空が撮れないに続き、夜明けも撮影できず…orz
    しょうがないので片付けられる物をさっさと片付けて朝食!

    朝食はホットサンド。

    シーチキンと、キャベツで囲って、真ん中に生卵。
    最後にとろけるチーズをのせて更にパンを上にのせて弱火で焼く!
    それにしてもキャベツが粗いわ…(笑)

    ホットサンドメーカーのバウル―でホットサンドを作る。

    ジェットボイルでは火力が弱いので、量販店でも売っているガス缶(CB缶)が使えるバーナーを購入しました。CB缶の調達にも困らないし、お財布にも優しい。ただ、寒さには弱いのが欠点… 0℃以下でまともに使えるか心配…

    ホットサンドメーカーは、王道のバウルー。
    販売元がイタリア商事㈱ってとこで初めは海外の物か?って、思いましたが調べたら新潟県燕市にある田巻金属㈱が作っている日本製だったので安心して購入しました。

    真ん中でくびれがあるタイプと2種類ありますが、シングルの方がフライパンとしても使えると書かれてたのでシングルを購入しました。

    弱火で裏返しながら焼き上げ、実食!

    感想…

    シーチキンは…ないな…
    やっぱりベーコンを入れるべきだった…orz
    朝飯まで失敗… 次回はレシピをプリントアウトしておきます…
    まずは基本に忠実であれ!ですね。

    御鉾ヶ浦公園キャンプ場
    ※利用前に日向市役所に連絡が必要です。

    2019年1月15日   “百年の孤独”をお湯割りで…

    土曜日の夜に出掛けようと思ってたが小雨がやまず中止。
    日曜日、仕事をある程度進め3時頃から日向市役所に電話して守衛さんに使用する事を伝えて荷造り。

    準備に手間取り日向のスーパーで食料調達して現地には陽が傾き掛けた5時過ぎ…荷物を下すのに駐車場から設営場所まで4往復…orz

    テントを張って、夜露、防風対策の為にブルーシートをタープ替わり張る頃には真っ暗…。ここで前回、家に忘れてたヘッドライトを装着!手元が明るくなるのでサクサク作業が捗ります。

    それにしてもブルーシートは… う~ん…
    タープが欲しいとこですが、購入の優先順位が低いので我慢我慢。

    設営を終えて、着火剤の代用となる枯葉を収集。
    火おこしして鶏肉を焼いて、「百年の孤独はお湯割りがオススメですよ」と、勧められたのでシェラカップでお湯を沸かして、カップにお湯を注ぎ、そこへ百年の孤独を入れる。
    百年の孤独は麦焼酎ですが、樽で寝かせ40度あるのでお湯に注ぐと琥珀色がふわっと広がり、ウイスキーのような香りが立ちます。
    星空を眺めながら飲む百年の孤独もいいもんです。

    だが、久住や青鹿に比べたら星空はイマイチ… 明るい星しか見れません。
    公園が併設され街路灯もあるからだろうと思います。

    そんなこんなで10時に就寝… そして4時起床!
    起床と言うより、風でブルーシートの地面にペグで直接打ち込んでた部分がはずれてバタバタと煩く目が覚めてハンマーを持って再度打ち直し。2回目はペグを2本づつ打ち込んでこれでもかってくらい叩き込みました。
    夜中にカキーンカキーンって近所迷惑だったと思います…すんません…(汗)

    打ち終えて、ふと空を見上げると打って変わって綺麗な星空が…

    三脚をだして撮ってみると…全く撮れず…orz
    見えているのに撮れない…
    カメラの使い方が分からず…おおくま座だと思うが、これがやっと…どうやったら撮れるんだ…orz

    いつもまぐれで撮っているのでいざ撮ろうと必死になると全く撮れず…
    基本を学びましょうって事でしょうね…(汗)
    格闘すること30分… 諦めて寝袋に…

    目が覚めたら8時52分… テント内の室温14℃の快晴!
    夜明けも…撮れなかった…orz

    翌朝…(明日の記事へ)

    御鉾ヶ浦公園キャンプ場
    ※利用前に日向市役所に連絡すれば無料で使えます。
    日向市役所 市街地整備課
    TEL 0982-66-1033(内線2334)

    2019年1月11日   冬キャンプに必須な薪

    焚き火に使う薪を頂きました。

    2日のキャンプした際に焚き火で使った薪が細くて頻繁に薪をくべてたという話をしたら「取りきない!」って、言われてお言葉に甘えて頂きに行って来ました。

    我が家の軽トラで薪を薪を頂いたご夫婦と3人で詰めるだけ詰め込んでみました。これだけ薪があれば今シーズンはもちそうです。

    太いのも大量にありましたが、ナイフでのバトニングでは割る事ができないので断念…。だが、昨夜の新年会で友人がハスクバーナの手斧を買ったと聞いたので、近い内に友人宅でハスクバーナでの薪割りを試してみたいとこです。あと、燻製の缶も手づくりで大きい物を作ったから、今まで使ってた小さい物をくれるというので、これから燻製も楽しめる!

    今回の薪は、広葉樹の薪なので火が付き難いですが、付いて後の燃焼時間は杉などの針葉樹よりはるかに長いから有難いです。

    取れたての大根と白菜

    薪を頂いた際に取れたての白菜と大根、自家製の大根の漬物と、キムチまで頂きました。さて何鍋にするかな???

    2019年1月4日   青鹿自然公園キャンプ場(川南町)

    一昨日、初めて川南町の青鹿キャンプ場に行ってきましたが、整備されていて綺麗なキャンプ場でした。また他に3名ほどキャンプをされてました。

    今回、500lmのLEDカンデラがあったので周囲は明るくなりましたが、光の角度が横斜めからなのでフライパンの中や、皿の中は真っ暗で見えない状態です。ヘッドライトを忘れたので作業する時は常に口にペンライトを加えてからの作業でした…orz

    明るい場所を確保したいと考えるなら1,000ルーメンの白色灯を真上から真下に照らすといいようです。

    川南町、青鹿キャンプ場で1泊
無料のキャンプ場です。

    寒さですが、この日はほぼ無風状態。
    夜になると3℃ほどまで下がりましたが、ヒートテックと、ウルトラライトダウンのお蔭で寒さで悩まされる事はなかったです。
    翌朝は、テント内は3.7℃、湿度85%、テントの外は零下1.7℃、湿度は測定不能…で、流石に動いてないと寒かった…
    テントを建てる位置は、東側に林など朝日を妨げる遮蔽物がないとこをお勧めします。陽射しがあたるだけ全く変わります。ちなみにキャンプ場の上段でテントを張ったので午前10時まで陽が当たらず火を焚く羽目になりました。

    また夕方に曇っていた空も夜になると雲がなくなり、普段見ることが出来ない小さく輝く星たちも観えました。

    青鹿キャンプ場は、川南町役場に電話すれば無料で利用できます。
    私が電話したのは土曜日で時間外でも警備員の方が対応してくれました。

    炭を捨てる場所は確認できなかったので、燃やした炭や灰を入れて帰れるように大き目な空缶を持っていく事をお勧めします。密閉できれば自然消化できます。
    今回、もち吉の空缶を持って行きましたが、焚火台ごと納められてちょうどいいサイズでした。

    さてさて1日置いて、今朝、さらに修正を加えて出来上がったと思ってブログを書いてましたが、「学」が大き過ぎる…。 学の上部などを改良して「好」をもう少し大きくしてみます。

    あと、今回、篤を長脚に見せる為に信に食い込ませる形を取りましたが邪道かな???
    夕方までに修正して、明日、師匠のとこへ持って行けるようにしたいと思います。

    青鹿自然公園キャンプ場
    お問合せ先:川南町役場 商工水産係
    TEL 0983-27-8011

    2018年12月30日   キャンプ初心者がナイフを研いで初バトニングと、フェザースティックを作る

    ナイフを研ぐ砥石。

    昨夜、仕事をひと段落した後に夜な夜なナイフを研ぐ準備に入りました。
    刃こぼれしてないので、3つの砥石でどうにかなりそうなので600番は使わず、左から砥石の面を平らにする砥石、3,000番ぐらいの砥石、1,000番ぐらいの砥石、6,000番のセラミック砥石。

    左端のメッシュの砥石で他の3つ砥石の面のヘコミが無くなるまで研ぎます。
    左から2番目がかなり凹んでたのでかなり摩り下ろしました。

    砥石を面を平らに整える。

    砥石を真っ平らにしたら、まずは初心者なので新品の状態の角度を維持する為に3,000番の仕上げ砥石で数回研いでは刃の角度を確認することを繰り返すこと1時間、だいたいこんな角度かな?というとこまでやってみて、そこから1,000番の砥石で研いでいきました。

    新品の状態で切れない訳は、グラインドサンダーのような粗い物で刃の形を成型した感じで刃の部分が日本の刃物のような光沢はなく、爪で引っかいたような凹凸がクッキリとついてました。

    研ぐこと1時間半でなんとなく光沢が出て、カッターのようにまではいきませんが、少しは紙が切れるようになったので良しとしました。それにしても真っすぐな部分はいいですが、刃先のカーブしている刃を研ぐのには苦労しますね。

    ナイフでバトニングの練習

    今朝は、バトニングできるか練習。
    薪を使わずノンショックハンマーで叩くとサクサク割けていきます。
    いい感じです!

    バトニングで4つに割ってみました

    4つ割りにして、着火する際に着火し易いように木を薄く削っておくフェザースティックってやつを作ってみることにしました。

    薪に火を付ける際に使うフェザー

    本当はもっと長いカール状の物ができないといけないと思いますが、こんな感じになりました(笑) 上手い人のフェザースティックと見比べると笑っちゃいます(笑) YouTubeを観て勉強します(汗)

    着火ですが、火打ち石までは購入してないのでライターで火を付けます。
    上手くいかない時は、前回のキャンプで使った残りの着火剤があるので心配なしです(笑)

    これから仕事を2つほど終わらせて、昼過ぎから洗車でもしますかな。

    2018年12月29日   薪割り

    当店は、印鑑の作製に支障が出るのを避けるため年賀状印刷を数年前からやめたので、割りとゆったりした12月を過ごしておりました。

    月末になり1月の納品の仕事が立て続けに入り、年明け2日から仕事になりました。(-“-;A …アセアセ

    乾燥させた薪

    2日の夜はキャンプに行く計画を立ててたので、午後の来店を終えたら仕事を一旦終えて冬山へ…

    今朝、ご近所のまえだ燃料店さんへ薪を買いに行くと、乾燥させた薪は細い薪しかないとのことでした。キャンパーとしては薪割りの手間が省けてラッキー!ですが…

    バトニングする為に購入した安いナイフの出番が…ほぼナシ…(笑)

    キャンプに持っていく薪

    薪をたたき割るために握り手の部分まで金属がある一体物ですが、思ってた通り新品なのに切れません(笑) さすがアメリカ製…

    安い刃物を買ったら、まずは研ぎましょうって事ですね。

    今夜でも研ぎ直しをしたいと思いますが、包丁を研いだことないのでまともに研げるのか?って疑問もありますが、そこは練習と思ってやってみます。ま、どうにかなるでしょう。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ