相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 店の出来事、etc.

    2017年8月17日   不要になった印鑑

    室内のポスター張りの弱粘着両面テープ

    室内のガラス面にポスターを貼りますが、ポスターを剥ぐと粘着剤が残って取るのが面倒でした。 3Mのポスター専用の両面テープがありましたが、短期間の使用なら問題ないですが、1年経った物は劣化して粘着剤がガラス面に残りアセトンを使って取り除く羽目になります。

    両面テープで有名なニチバンの弱粘着タイプを使ってみるとこれが中々使える。 弱粘着なのでテープの長さを10cmほどで切って四隅に貼ると剥がれ難くなります。

    また剥がす時は簡単に剥がれ、粘着剤が残ることもありません。
    室内での使用は最適に思えます。

    両面テープでポスターを張る

    印章業協会からポスターが届いたので貼ってみました。
    10月1日は印章の日で、不要になった印鑑や、亡くなられた方の印鑑を宮崎八幡宮に持参して供養し焼納しております。

    供養祭は、宮崎印章組合の事業で行っておりますので供養費用は無料です。
    事前に当店にご持参して頂けるか、送って頂ければ、私が10月1日に宮崎八幡宮へ持参いたします。

    2017年8月16日   店を閉めて作品づくり

    作品づくり

    本日まで休みとさせて頂いております。

    作品づくりですが、粗彫りを終えて面定した後に墨打ちをし、仕上げに入りました。
    1文字仕上げると仕上げ刀を変えながら、1行3文字を終え仕上げ刀を研ぎ直すと3時間。

    残り9文字。

    一気に仕上げると眼球疲労を起こして途中で目が開けれなくなるので、休憩を挟むと11時間ぐらいでしょうか。 それでやっと1個目なので、2個目に入る気力があるかどうか…。 う~ん…。ま、それは1個目を仕上げ終わった後に考えるとして。

    文字のデザインを起こす工程や、今やっている「仕上げ」の作業を考えると、彫る工程がどんだけ単純作業で楽な工程かって思います。

    明日から通常営業となります。

    2017年8月10日   本日よりお盆休み

    高鍋町 蚊口の浜 海水浴場

    本日より1週間、お盆休みを取らせて頂きます。
    とは言え、店を閉めての仕事です。
    午後から作品づくりに取り掛かりたいと思います。

    高鍋町 蚊口の浜

    画像は、今朝の蚊口の浜です。
    1枚目は遠くの方に雲の切れ間があるようでスポットライトのように光が落ちていました。
    今朝の朝日は黄金色で綺麗でしたが、晴れ間は朝のみのようですね…。

    朝食をとり朝の内に車の給油を済ませておこうと家を出ましたが、ちょっと早かったのでガソリンスタンドが開くまで蚊口の浜を散歩。曇ってますが、海は穏やかでした。ただ山手の方は厚い雲がゆっくりと近づいてきてました。

    休日の朝と夜は、こんな感じに普段しないことをして過ごしたいと思います。
    さて、仕事!仕事!

    ≪お盆休み≫
    10日(木)~16日(水)

    2017年8月7日   お盆休み(10~16日)

    植物の剪定

    台風が過ぎ去りました。今回は、日向灘沖に反れて雨風ともにそこまで激しくなかったのでホッとしています。 今後、台風の進路が関西方面に進むようなので災害が出ない事を願うばかりです。

    今朝は、強風で傾いていたトクサを抜くついでに茂っていたので間引きしてみました。 また水瓶に覆い被さっていた植物も剪定してスッキリさせ水瓶も清掃してお盆を迎える準備にもなりました。

    今年のお盆は、9月締切りの展覧会の作品づくりに専念したいので1週間ほど休みを取らせて頂きます。

    お盆休み
    8月10日(木)~16日(水)

    17日から通常営業となります。

    ≪ 9月の不在日 ≫
    9月1日(金)午後 ~ 4日(月)

    2017年8月2日   つくる上で大切なこと

    手書き

    所属している印章組合からの協力依頼で篆書体で「宮里」を作りました。
    彫刻機を使ってもOK!ってので、サクサクと仕事を進めてしまって途中の撮影を忘れてました…orz

    今回は、判子の重要な工程である手書きと、仕上げの工程を簡単に説明します。

    判子屋は、枠の中に文字を入れ、その文字が美しく見える様にする文字を描く職業です。各々の判子屋さんが身に付けた技量と、文字の味が必須となります。それが独自性であり、他社と同じ物を作らない“安全性”を生みます。

    これをパソコンの文字で使うと同じ書体で作れば似たような物が出来上がります。 実際、県をまたいだ郵便局で同じ文字を注文したら、同じ物が届いたとのこと。

    それを銀行印として登録すれば、パスワードを「1234」と設定するのと同じです。
    なので、文字はその店の店主もしくは、職人さんが書いた文字でなかればならないと思います。

    手書き

    今回、文字は手書きで、途中の粗彫りを機械を使ってやってみました。
    まずは、印の原稿となる印稿を書きます。

    字割り線を引いて、文字のサイズを確定させます。
    ここでパッと見て「宮」、「里」は同じ大きさに見えますが、「宮」の横幅を「里」より広く取ってます。
    もし、これを同じ大きさで書くと、「里」の方が画数が少ないので大きく見えてしまいます。

    判子屋さんによってこの処理をしてない。知らない。省いたりしているので印影に違和感を感じます。 実際、大阪の講習会に行くまでは私も知りませんでした(笑)

    ライスワークとしての仕事となっていたりすると、向上心がないので気にもしない点です。分かっていない判子屋さんが増えているのが現状です。 判子屋が分からないから、お客は分からないから構わないってとこでしょうか。

    粗彫りから仕上げを掛けると

    彫刻機で彫り上げたのが左の印影です。
    昨今の判子屋さんは、この左側の状態で売っているとこが増えてきてます。

    その原因として…

    パソコンで編集して、彫刻機しか扱ったことがないく仕上げという本来の作業を知らない、身に付けてない。
    仕上げは、彫りカスや判子の縁に出来たバリを取る事が仕上げと思っている。
    本来は、彫刻機で彫り上げた後に仕上げを掛けて文字を整え縁などを削っていきます。

    消費者は完成された印影の基準がないので良し悪しが判断できないの点を踏まえてのことだと思います。これは今まで情報を配信していない私たちが原因の1つだと思っております。
    仕事でお客様の印影はお見せできませんが、サンプルを作って情報提供をしていかないといけないと思っております。

    8月3日必着なので昨日発送しました。
    9月2日の金沢で開催されるイベントで流す動画のワンシーンに使われるそうです。
    今回、初参加しますので8月30日(金)午後 ~ 9月3日(月)まで私は不在となります。

    2017年7月26日   寝てる場合じゃない!!

    認印

    昨夜は、食後、ウトウトとして印刀を置いてそのまま夜中0時過ぎまで寝てました…(汗)
    1時間ほどは頭が働かないので頭に水を掛けたりして目を覚まして、仕事再開。

    ひと段落したら朝5時を回ったとこだったので、八坂神社の折込みチラシ料金を支払いへ行くと責任者が居ないという事で支払いが出来ず…orz これでは決算が出来ない…。

    火産霊神社の提灯の決算が先になりそうだ。

    黒水牛認印

    先週、全日本印章業青年部から送られてきた印材と書類に目を通すと「7月末までに送って下さい」と…まじかよ…orz

    祭りをやっているどころじゃない。自分も「仕事があるから出られません」って言いたい(苦笑) そんな事を言っててもしょうがないので、今週はチョッと踏ん張りますかね。先月の様に36時間勤務は避けたいですが(汗)

    今日は店を閉めて、午前中に新富→高岡へ、その後、陸運支局を回って午後3時までには戻る予定です。

    ≪本日の営業≫
    午後3時~

    電話は、携帯に転送しております。

    2017年7月25日   今年2度目の開花(エバーフレッシュ)

    エバーフレッシュの花

    店の観葉植物(エバーフレッシュ)に花が付きました。
    それも今年、2度目の花です。
    葉の木陰に隠れて咲いてます。

    ふわふわした花

    3月下旬から枝が伸びだして1度は剪定しましたが、その後、成長が止まってました。
    枝を切ったのがマズかったかなって思ってましたが、2週間前から再度枝が伸び初め新しい葉が育ってきたなと思ってたら、先週、花の蕾が7つほど付いてました。

    エバーフレッシュの花をマクロで撮影

    現在、エバーフレッシュの頂点は天井に付いて曲がり始めてます。これがもう少し曲がりながら伸びた状態で先端の成長を抑え、幹が太らせて、下部は枝は全て落としてスッキリさせる計画です。

    1 / 731210
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ