相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 店の出来事、etc.

    2018年12月19日   体調管理

    Facebookを見てると結構、体調を崩してる方が増えていますね。
    大変だなと思ってましたが、自分も危ういとこでした。

    昨夜、飯食って店に戻って、何年か前に後輩に手が空いたら作ってやるよと言ってた認印の粗彫りを始めると、肩やヒジの関節に痛みが走ってました。
    今年に入って粗彫りをすると痛みが出てたので、とうとう肩やヒジが駄目になったかと思いました。

    中島の認印を彫る。宮崎市の印鑑屋。
    粗彫りを終えて、仕上げに掛かる前の状態

    ですが、彫り終えた頃に体温が冷えているのに気付き、もしかしたら…と、思い仕事を止めて即行、帰宅。こういう時は諦めが肝心ですね。無理せず寝るに限ります。

    シャワーで体を温めて免疫力の向上と、そこから体温を下げて眠気促進で10時前に寝てました。体温を2、3℃落とすと副交感神経が働き眠気がくるそうです。風呂から出る前に手足の末端を冷水で冷やすことも副交感神経を働かせる効果があるとか。

    宮崎市の印鑑屋。大切な認印、実印、銀行印をおつくりしてます。
    仕上げで線がガタガタになっていたり、傾きが出ているのを修正していきます。

    目が覚めると、肩やヒジの関節の痛みがとれ体が軽くなって完治。
    楽になったので開店前に仕事を進めて置こうと店に行って時計を見ると2時前…(汗) 3時間ほどしか寝てませんでした(笑)

    体調がいいので仕事を再開して、6時前には本日の仕事は終了。
    夜中は仕事がサクサク進みます。
    あとは発送の準備して群馬県へ送ります。

    これから病気がはやる時期なので体調管理は気を付けたいですね。

    2018年12月17日   長閑な隣町へ

    年賀状印刷はしていませんが、毎年、手書きの原稿を書かれて印刷の依頼を御二方いらっしゃって御二方ともに父と同じ歳。御二方とも元気です。
    昨夜の内に印刷を終え、今朝、隣町へ持っていきました。

    途中、曲がる角を100mほど手前で曲がってしまって別の町へつづく道に出てしまい遠回りとなりましたが、朝の田舎道は気持ちいいので億劫に思えません。

    お渡し終えて帰り際に見付けたバス停を撮影。
    長閑です…

    2018年12月12日   年末年始のテレビCMを少し改良

    今年も12月30日(日)~1月3日(木)にMRTさんの方でCMを入れる事にしてます。
    知人からインターネット検索のお知らせも入れて置くべきだったねと、助言を頂いていたのでCMの最後にインターネット検索の表示を入れてみました。

    先々週、広告代理店さんからデータが届き確認しました。
    年末年始のCMは、CMを打つ時間帯の指定ができないのでMRTさんお任せとなってます。
    20日過ぎにはタイムスケジュールが届くと思うのでそれも楽しみです。

    これも小規模事業者持続化補助金のお蔭です。
    先日、高鍋商工会議所さんから来年2月の応募に備えての説明会の案内が届いてました。ご興味がある方は是非、説明会に行かれてみて下さい。

    高鍋町外の方でも最寄りの商工会議所もしくは、商工会など窓口として対応してくれます。

    2018年12月9日   小篆で壽慶と書く

    昨夜から今朝に掛けて思っていたほど冷え込まず暑くて目が覚め、寝袋のチャックを全開にしかたでした。
    そんなこんなで朝5時起床で店に向かい大筆で「壽慶」を書いてましたが、11時を回ったので清書しました。

    大筆は粗が出るから難しいですね…。
    落款は…チョッと酷いな…(-“-;A …アセアセ

    今思えば…、昨夜、岩尾諭志君がいつもの様に路上に居たから、岩尾君ならどう書くか書いて貰えば良かった…orz
    試行錯誤した後に他の人の作を見ると凄く勉強になります。

    午後から篆刻の講習会へ持参します。
    厳しく指導して貰えないのが辛い…orz
    ガンガン細かい点などダメ出しが欲しいとこです。

    2018年12月8日   実印の添削

    講習生が先月の課題を復習として画像を送ってきました。
    良く書けてきてます。この調子でいけば来年は大印展で賞に絡むと思います。

    ここまで書ける様になったので、更に細かい点を指摘する事にしました。
    原案を元に私案として添削したのが下の画像です。

    全体的に筆の打ち込みとなる起筆が鋭角なので穏やかな線に修正。

    【石】
    口(サイ)の部分を穏やかにしました。

    【川】
    上部の横画が他の横画に比べて張りを持たせ過ぎたので、穏やかな張りにしました。 また左の縦画2本を真下に落とすのではなく、微妙に左外に傾けてます。

    【優】
    人偏が単調な縦棒になっていたので切れている部分は横画から縦画に折られる部分なので若干外への膨らみがあります。そのご穂先をまとめるので気持ち細めになり、終筆は微妙に太くなっているかなぐらいから細めていきます。

    旁においては、心と久の間が空いていて下部より上部が窮屈かつ、横画が細いので上部の縦幅を伸ばしました。
    久の終筆も手直し。

    【子】
    ロの部分が台形になってます。
    外側のアウトラインと、内側のアウトラインともに穏やかな曲線なのでメリハリが出てきません。メリハリを効かせつつ、穏やかさを出していくのがポイントです。
    中央縦画は横画と交差した後、すぐに曲げずに少し縦に伸ばしてから曲げた方が良いと私は思ってます。

    篆書体の線の形は、左に曲がる場合、真っすぐ下す場合、右に曲げる場合で筆の動きが変わります。その特徴を理解して下さい。

    一番いいのは習字をするのが一番理解が深まり、先では線質のバリエーションが増えてきます。

    基本は書です。

    2018年12月4日   添削

    昨日のブログで2人が手掛けてた作の画像を送ってきました。
    夜に添削しますと言っていたのに朝になって添削してました。すまん…m(__)m

    だいぶん綺麗に書けるようになって来てますが、微妙な反りが胆ですがオーバーアクションになってます。

    石の終筆は穏やかでいいですが、チョッと左に反り過ぎ、ここは先端をほんの少し右斜め上から左斜め下へ削っているだけで左に反れているように見えてくるので、ここまで反らすと曲がり過ぎ、個性が強すぎになります。

    基礎を身に付けた上で個性として表現するのは問題ありませんが、基礎が出来てない状態でやるのは避けるべきです。まずは徹底的に基本に忠実であることです。

    いい感じで上達してます。
    あとは、気を抜かないように書いていけば、先では気を抜いて書いても上手く書ける様になりますので頑張って下さい。

    2018年12月3日   ボチボチと…

    先月末から昼飯を20分で終わらせて少しづつ進めていました。
    ブログのネタ切れになったのでアップ(笑)

    忙しくても食事を20分ほどで終えて、1日30分でも時間を作って取り組めば出来ないことはないのだが、受験生はやっているのだろうか???先月下旬から音沙汰がない…

    今回の印影も印章彫刻一級技能士の認定試験課題の1つで、見本第二弾として作ってます。
    今度の屋号は「太平金属加工株式会社」、中央の代表取締役印の文字を立て3列で構成しました。

    画像はの印影は、仕上げ前の段階で未完成です。
    屋号の文字が太く線が粗い状態です。
    ま、この状態でお客様に提供されているとこがあるので驚きますが…。

    次回の日曜日は、篆刻の講習会なので書を数点書いていかないといけないので、時間を作ってボチボチ進めていきたいと思います。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ