相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 店の出来事、etc.

    2017年12月14日   半紙

    冬空

    昨日は午後から宮崎方面へ
    冷え切った冬空に綿をちぎったような雲。
    広角で撮ればいいのですが、マクロレンズなので狭角になってしまいます。

    練習用の半紙

    一昨日に師匠から年賀状に使う来年の干支「戊戌」(読み:つちのえ いぬ / ぼじゅつ)の印が出来上がったと印影を持参され印刷を頼まれてたので、夜中に印刷して翌日宮崎に行く予定だったので帰り師匠宅へ持って行きました。

    その際、作った作品も持参して意見を頂きました。
    更に半紙まで頂き、これで一時は練習用の半紙を買わずに済みそうです。

    練習で20枚ほど使ってみましたが、この半紙は表面はわりとツルツルしてます。
    また紙はさほど厚くないですが、しっかりしているので書いてて紙がたわむ事がないですね。

    ペロペロの半紙は、筆圧を掛けた時に文鎮でしっかり押さえきれてないと紙がたわんでしまいます。

    今日は昼夜と雲が少なく、かつ気温が上がらないとか。
    明日の朝は、かなり冷え込みそうですね。風邪を引かぬようお気を付け下さい。

    2017年11月21日   無料でデザインをお見せします

    下書き

    私の文字だとどの様なデザインになりますか?と、ご要望が御座いましたので、新たな試みとして下書きをお見せする企画を立ち上げたいと思います。

    当店は受注の際にデッサンしてだいたいこんなイメージになりますよと書いてお見せしてます。
    ですが、結構、他店で作られた方から出来上がるまでどんな形になるか分からなかったというお話も聞きます。

    判子は、印影が胆です。
    印影は、パソコンの文字を使えば似たり寄ったりの物になりますが、手書きとなると、お店の個性が顕著に出てきます。
    父と、私であっても最近の印影は全く違ってきてます。

    鉛筆で下書き

    今回は、私が作るとしたらという感じで、鉛筆でデッサン(下書き)します。

    認印を作るとしたら、どんなデザインになるか!」をやってみたいと思います。

    書体は、篆書体 or 古印体 のどちらかでお受けします。

    ブログの企画なので無料です。
    デッサンした印影を写真を撮ってアップ致します。
    今、使っている判子と見比べて楽しんで頂けたらそれでOK!

     

    ご依頼は、お問合せフォーム もしくは、 info@souma-inbanten.com まで送って下さい。

    【 記入内容 】

    苗字 :

    書体 : 篆書体 or 古印体

     

     

     

    2017年11月18日   藤を巻く

    藤を水に浸して柔らかくする

    昨日は、土曜日はフェリーに乗るから徹夜で仕事をするかと意気込んでましたが、晩飯を食ってゆっくりしてたら寝入ってました…orz

    朝、店にくると一晩中、水に漬けこんだ藤がかなりいい感じに柔らかくなってました。
    ちなみに、ここまで浸す必要はありません。30分程度で十分柔らかくなります。

    藤を巻く

    この刀の当て木のみが竹を印刀を挟む部分だけ割いて作ってあります。

    これは父の自作ですね。
    2枚に分かれれてないので印刀を挟んでサクサクと巻けるので楽です。

    新しい藤を巻くと藤だけが真新しくて違和感を感じまが、使い込んでいくと良い色合いになっていきます。

    本日は、9~16時までの営業となります。

    2017年11月16日   冷え込んだ朝のパンジー

    店先に咲いたパンジー

    天気予報では週末にかけて冷え込むと言われてましたが、今日の高鍋の最低気温が8℃と一桁台に下がって来てますね。冬が近づいてきてます。

    店先に咲いたパンジーは、この寒さのなか咲いてます。

    本日、福岡出張の為、昼から不在となります。
    その為、本日の営業は17時までとさせて頂きます。

    明日は朝6時の新幹線に乗るので、午前11時には店を開けます。m(__)m

    2017年11月15日   オリジナルのぼり旗

    オリジナルのぼり旗

    のぼり旗を掲げる鉄柱のポールがありますが、既製品の旗で気に入った物がないのでデザインしようと思いながら2年ほど経ってました…(-“-;A …アセアセ

    今回、重い腰を上げて大まかなデザインを起こして、後は宮崎商業広告社さんに依頼。
    それで昨日、のぼり旗が届きました。 今回は実物になるとどうなるか不安なので1枚。

    まいづるカード

    今回、一番厄介だったのが、まいづるカードのロゴ。
    いつもFAXで「まいづるカードの旗を掲げてないお店があります。旗の販売をしてます…」と、届きます…。(-“-;A …アセアセ とは言え、まいづるカードって旗一面に描かれた物を旗を掲げる場所が1ヶ所しかないとこに掲げるのはチョッと…って、事でオリジナル旗の下に入れることに。

    で、事務局に画像データを下さいって言ったら、HPに使う72dpiの低画質しかないとのこと…。ロゴを作った際に画像データは貰っているはずでしょ…それが無いって…。

    仕方なく72dpiの低画質をもとに1時間半も掛けてアウトラインを掛けてデータをつくりましたorz

    のぼり旗を掲げる

    昨日、脚立に登り2年ぶりにポールに旗を掲げ秋風になびいてます。

    真っ黒の建物に「はん」と赤い文字だけなので、それに合わせて旗の色も赤にしました。
    後は、東側の日除け暖簾が色あせたので新しいのが届けば、建物の3方にそれぞれ赤いアクセントが入る予定となります。

    まいづるカードのロゴ
    今回、苦労して作ったが、これだけってのは勿体ないので、何かに使いたい方はロゴデータを差し上げます。
    オリジナルののぼり旗や、ポスターなどに使うことあったら仰ってください。

    2017年11月14日   小筆の手入れ

    筆を洗う
    文字を書く小筆は、通常の小筆よりかなり細い物を使い、筆先の黒くなっている部分しか下していません。

    使い方は様々だと思いますが、私は使い終えると机に水を1滴落として、それで墨を落とし、ティッシュに吸い込ませています。
    こうやって置くと、次に使う時にすぐ使えると点と、洗わなかったら固まった墨を落とす時に筆先を傷めそうなので墨を落とすようにしてます。

    こうやって使っていても1ヶ月程たつと筆先の毛が無くなってきたり、筆先が思うような動きをしてくれなくなるので、そうなったら篆刻用の筆に降格です。 篆刻の印稿は大きいので筆先が若干粗くなっても多少は問題なく、太い線を書くので筆先は更におろします。 それでも使い辛くなったらお疲れ様でしたとなります。

    2017年11月4日   展覧会を終えて

    今回の入賞は複雑でした…

    三度(計6本)彫って、駄作と分かりつつ締切がきたので出品…

    それが銅賞…( ̄▽ ̄;)

    まったく期待してなかっただけにビックリですが、出来栄えは良くないので複雑ですね。

    審査は、記名なしの作品を見て審査員が各自点数を付け、その合計の得点で順位がつきます。

    印鑑の展覧会

    昨夜は表彰式後の懇親会から三次会、四次会…

    今回も三次会はニューハーフのお店、四次会は芸のお店と、大阪の判子屋さんはそっち系で盛り上がるのが好きなんでしょう。四次会は君が代のカラオケ大会で9点~82点と凄いことになってました。短い歌は少しずれるとかなり減点されるみたいですね。

    3時すぎに梅田のカプセルホテルに行くが全て満室…orz

    3.6km歩いて長堀のカプセルホテルで寝ることができました( ̄▽ ̄;)

    大印展が終わりましたが、作品の返送作業に人手が足りないとの事で手伝いに大印会館にきました。

    着いたら、人が…ほんとに…少ない…(-o-;)

    午後2時には終わってひと段落。

    休憩して、今夜のフェリーに乗るために三宮に向かいます。
    今夜は寝るぞ~!あ~ねみぃ…

    1 / 761210
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ