相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: Cafe,レストラン,etc

    2020年3月30日   暖簾が出来上がる(みどりとすずめ)

    日曜日にオープンとなったお茶と大福の店「みどりとすずめ」。
    新富の豊緑園さんが直営店として新富町にオープン。

    建物のデザインは長友建築デザイン事務所さんによるもので、真四角の平屋で、店内は中央に製造室を構え、通路はロの字になってます。また扉は四方にあるので風通りのいいつくりになってました。

    関防印と、落款印を作らせて頂きました。
    結構、短期間の作成でしたが、これを刻して展覧会に出そうかなって思うほどの作。

    毎日か読売書法展に出します。
    刻した印は作ってないので、刻せば未発表作あつかいでしょう。たぶん(笑)

    生地は、麻に本染されているので細かいとこは潰れてますが、離れてみる分には問題ないです。

    関防印は、書の始まりの位置に捺しますので、暖簾の右上に配置させてます。

    オープン前日、神戸から来られている食のトータルプロデューサー喜田さんが紙袋に当店で作ったゴム印をペタペタと捺されてました。

    喜田さんは、食品スーパーマーケットや百貨店などのコンサルティングをされ、店舗設計、デザイン、売り場づくり、商品づくり、人材育成などプロデュースされてます。

    今回、紙袋に捺してみましたが、折り目があるので赤ゴムよりAPR樹脂でゴム印を作った方がいいですね。

    小ロットの紙袋や、コストを下げてオリジナルの紙袋をつくる際はゴム印で捺されてオリジナルの紙袋にするのもいいものです。

    料金は、ゴム印の大きさによりますが、APR樹脂でつくって2~3万円になります。

    スタンプ台は、昭和の頃に販売されていたブリキのケースのスタンプ台。
    現在のはプラスチックのケースなので、今では貴重なスタンプ台です。

    オープン初日は晴天に恵まれ、早朝から作った物がオープンと同時に完売。
    そこからは10分待ちで出来立てを販売されてました。

    みどりとすずめまでのルートはココをクリック

    みどりとすずめ
    宮崎県児湯郡新富町日置5190-1
    電話番号 0983-32-1285
    営業時間 8:30〜17:00
    店休日 毎週木曜日、年末年始
    https://midoritosuzume.com/

    2020年2月11日   高鍋の美味しい麻婆カツ丼

    本日、定休日でしたが、店を閉めた状態で仕事を進めております。
    本日も夜中まで…(苦笑)

    繁忙期は週休3日か、銀行のように3時で閉店にして製作に没頭したいと思う今日この頃です…(苦笑)

    昼飯は、紅茶とクッキー1枚だったので、夜は高カロリーをと近所の吉宝さんへ。

    吉宝さんにはカツに餡かけを掛けた中華カツ丼というのが昔からありますが、最近、カツカレーや麻婆カツ丼と、カツシリーズ増えてたので、今回は麻婆カツ丼を注文してみました。

    麻婆カツ丼は、餡かけが掛かってないのでカツがサクサクしてて、自分としては麻婆カツ丼の方が好きだな。

    料金はリーズナブルでお勧めのお店です。
    お昼の日替わり弁当もお勧めしますが、完売するので行かれる際はお早めに!

    吉宝までのルートはココをクリック

    吉宝
    宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋1401-1
    tel 0983-22-3780
    営業時間 11:00~14:00、17:00~21:00
    定休日:月曜日

    ブログに書けることがなく、食ブログと化していっているのが気が掛かりですが…(汗) アップできる物を考えます…(-_-;)

    篆刻講習生の成長記でもアップするかな?w
    只今のとこ講習生は3名です。

    2020年2月10日   長閑な田園に囲まれたカフェでランチ(Yorakusha Farmer’s Cafe)

    日曜日、早朝から出品作品の落款、裏打ち、額装と淡々作業を進め、前日に朝食を予約してたアンジェノブリルで朝食&出品票への書き込み…φ(..)カキカキ
    アンジェノブリルさんは、金、土、日しか営業していません。

    出品票を書き終えて、昼には宮崎県立美術館に搬入。
    お客様から電話が入り帰りに西都経由となり、ついで初めて妻湯に寄ってみました。その記事はこちら↓↓
    http://souma-inbanten.com/post-17800/

    高鍋町のお洒落なカフェ

    西都を出て帰る途中に以前から気になっていた高鍋のカフェへ…
    こちらも金、土、日の3日間しか営業されてない高鍋町上江にあるYorakusha Farmer’s Cafeに寄って昼食。

    上江と言っても広いので分かりづらいのですね。
    当店の前の道を西へ4kmほどいった先、中尾バス停、消防団第9部の機庫があるト字路を右に行くと、高速道路のすぐ手前に右側にあります。

    Yorakusha Farmer’s Cafeさんまでのルートはココをクリック

    ほんのり甘い紅芋のスープ

    Yorakusha Farmer’s Cafeさんは、昼食のメニューは3種類。
    入り口すぐ左手のカウンターで注文&会計を済ませる方式です。

    スープは紅芋をつかったスープ

    イギリスの家庭料理
チキンとポテト

    チキンとポテト…詳細はメモしてなくて分からず…
    チキンは、長時間、煮込んだ感じで柔らかく味が染みてて少々味が濃ゆいが美味しかった。

    高鍋町のお洒落なカフェでランチ

    大型のフィックスの窓で木々の間から長閑な田園風景が眺められます。

    ここは落ち着いてる雰囲気でお勧めのカフェです。

    Yorakusha Farmer’s Cafe(謡楽舎)
    宮崎県児湯郡高鍋町大字上江7275
    TEL0983-35-3584
    営業日:金土日
    営業時間: 12:00~16:30
    詳細はホームページで→yorakusha.la.coocan.jp

    2020年1月26日   横浜中華街の白麻婆豆腐

    土曜日は、マスク着用で早朝から都内を10数kmほど歩きまくり、夕方にようやく横浜入りしました。 今回のホテルは、元町駅の一つ手前だったので、晩飯を食べに中華街に行ってきました。

    中華街は、春節の祝いで獅子舞が舞い踊り、終えると爆竹が鳴り響いてました。

    中華街は人は少なく、街歩く人で中国語を話す人は少なかった。

    横浜に向かう電車の中でネットで調べてると色々でてきます。中には、このお店は避けろという店名まであってビックリでした。

    1,800円ほどで食べ放題がありますが、食べ放題って言葉に抵抗があってそういうお店は省いていきました。

    絞り込んだ中で白麻婆豆腐の元祖のお店「心龍」があり行くことにしました。

    心龍に行くと満席でしたが、カウンター席が空いてたのですぐ通してくれました。
    こういう時の御一人様は得する(笑)

    メニューを見ると、1人からでも注文できるコース料理があり、お目当ての白麻婆豆腐も入っていたので注文。

    前菜、フカヒレのスープ、白麻婆豆腐が出てきました。
    白麻婆豆腐の辛さは四川麻婆豆腐のような辛さではなく、ほどよい辛さで美味しく食べれました。

    締めのチャーハンも薄味で美味しい。
    出された瞬間にこんなに?!って、量でしたが無理なく食べれました。

    上の画像…湯気が出てたら更に絵になったんだが…、撮るのが遅かった…orz

    口直しは、杏仁豆腐。

    オーナーの女性だと思われる方は愛想がよく日本人かと思うような感じでしたが、スタッフの女性は不愛想で厨房の中から指示の声だろうか叫び声の様な感じで言葉が飛び交い中華街に来たな~って感じがしました。

    コース料理は1,680円でした。

    2020年1月25日   白金台のお洒落なレストランでランチ(多国籍料理 LIKE)

    白金台にあるお洒落なレストラン、カフェ。ケンリックサウンド

    YouTubeでケンリックサウンドと検索したら出てきた白金台にあるレストラン。
    ここは押さえておかないとと思い、ランチミーティングの場所をここに多国籍料理レストランLIKEにしました。

    目を止めたLIKEのYouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=vuhdMgQbb5E&feature=share

    白金台のお洒落なカフェでランチ

    酢豚と、雑穀米、菜の花…だったよ〜な〜
    う〜ん、忘れたw
    薄味で美味しかった。
    スタッフの対応も良かった。

    白金台にあるお洒落なカフェ

    入ってすぐと、奥のスペースがあり、奥は吹き抜けで明るく、入ってすぐは控え目な照明で落ち着いた空間をつくっていて素敵なレストランだった。

    入口は、大通りから路地に入ったとこで、植物が茂っているとこです。
    階段を3階まで上がるが、ちょっと観葉植物を置きすぎでは?って、思うほど緑豊か。
    観葉植物を楽しめるから、それはそれで良かった。

    LIKEまでの経路はココをクリック

    多国籍料理 レストランLIKE
    東京都港区白金台4丁目6−44 Jビル 3F
    TEL.03-5422-8183

    2019年12月16日   松林に囲まれた落ちつたCafe ブルーオウル

    昨日の夕方、井上家具製作室さんとこに注文してた欅で作られた表札の板を取りに行く予定でした。

    また手書きの文字で熨斗用のゴム印をご注文いただいているCafeブルーオウルさんも阿波岐ヶ原なので、書き上げた原稿をコピーして持って行きました。

    原稿をみせると喜んで頂きました。
    大きさを微調整してゴム印製作に移ります。

    店内のショーケースには、瓶詰されているケーキが面白く、ダブルスフレチーズケーキを珈琲を頂くことにしました。

    1人掛けの革張りのソファーは大きく、横に荷物を置いてもゆったりと腰掛けられ快適です。

    ダブルスフレチーズケーキは、甘さが抑えられてて美味しい。

    食器なども販売されてて、店内は暖炉で温められてます。
    暖炉の前の席で暖炉の揺らぐ火を眺めながら時間を過ごすのも良さそうです。

    この後、井上家具製作室さんとこで欅でつくられた表札を受け取り戻りました。
    さて、今週は表札づくりです。

    Cafe BlueOwl(ブルーオウル)
    am10:00 ~ pm6:00

    ルートは、コチラをクリック(自動ルート検索)

    2019年12月15日   1日40食限定の朝食(米九)

    昨夜の忘年会は、1次会から寝てました。 最初は軽い睡魔に襲われてましたが、途中から気付かない間に寝ている状態。寝ている事にビックリするほどで、無呼吸を起こしていたころのように寝落ちしてました(笑) 今時期の酒は、睡眠薬レベルですw

    宮崎市にあるシャラトンオーシャンリゾート

    今朝は早起きしてシェラトン45へ
    館内1階にある米九で1日40食限定の朝食が本日までと短い期間での限定食イベントをしてました。

    器や箸置きは、いつもお世話になっている陶芸家の潮人さんの作で、器も楽しみながら食事ができます。
    また1杯目のお茶は大塚園さんのお茶で、氷を1滴1滴溶かして抽出した水出しされたお茶でした。たぶん大塚園さんで一番いいお茶っ葉だと思います。

    米九の1日40食限定の朝食

    こんな感じのお膳でした。
    左下の醤油は燻製醤油で香りがたまらない。

    野営した時の燻製を思い起こします。
    星空の下での燻製チーズと百年の孤独は最高です。

    野菜のしゃぶしゃぶ。
朝から体が温まる朝食

    朝から温野菜を堪能。
    きのこ類を先にお湯に入れて、その後、煮立ったお湯に野菜を入れて柔らかくなったとこで特製タレにつけて食べます。美味い!

    メンバーズクラブカードを持っていたので、お徳に朝食を楽しめました。
    温泉にも浸かっていきたかったが、仕事に戻らないといけないので断念。

    本日は、新田原航空祭。
    爆音が轟く青空のもとドライブを楽しみながら店へ戻りました。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ