相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 日々精進

    2019年7月23日   ひかり輝く

    今朝は晴れた。天気予報では来週の月曜まで天気が良さそうだ。そろそろ梅雨明けかな? 今朝は、ヤフオクで落とした自転車が届いていたので、組み立ててみた。フレームや各部パーツは錆もなく保管状況がいい物だった。

    フロントフォークはショックアブソーバーになっているから抜けて使い物にならないと思われる。メーカーに出してオーバーホールをして貰えるのだろうか?ショックアブソーバーはARAYAでなく他社からの供給だろうから非常に疑問?
    新品と交換となっても今の自転車の規格とは異なる為に加工をしないと付かない。さてどうするか。

    易(会意)
    日と、勿(フツ)とを組み合わせた形。
    日(玉(ギョク))が輝いて、その光が放射する形を勿で示した。

    玉の光には霊的な力があると思われていて、ものを変化させる力があると考えられていた。それで易には変化する「かわる」という意味と、「容易である(やさしい)」という意味とがある。

    「かわる」の意味ときはエキの音で、「やさしい」の意味ときはイの音でよむ。

    玉を台の上に置いた形を昜(ヨウ)で、太陽の陽のもとの字となる。
    (白川静 常用字解より)

    2019年7月22日   千、方の文字

    以前より懸念されていたドイツ銀行がグループ全体で1万8千人のリストラを発表した。ドイツ銀行は、ドイツと国名が使わているだけで日本銀行とは違って銀行業務以外に證券や投資が中核とした銀行と言われている。
    だが、ユーロ圏では大きな銀行なので破綻すると大変なことになるだろう。それに加えイギリスのEU離脱、中東の不安定な情勢、今後、大変な状況になる材料は満たしている。どうなる事やら…


    (形声)
    音符は人(ジン)。甲骨文字・金文の字形は、人の字形の足の部分に短い線を加えて人と区別し、数の「せん、ち」の意味に用いる。
    甲骨文字では、数の二千、三千を人の字の足の部分に二・三を加えて示している。

    (象形)
    横にわたした木に死者をつるした形。
    これを境界の所に呪禁(邪悪を祓うまじない)として置いたので「外方(遠く離れた国)」の意味にとなる。
    悪霊を追放するために方をうつことを放という。攵は棒を持って叩く形。
    (白川静 常用字解より)

    2019年7月20日   サントリー・サタデー・ウエイティングバー・AVANTI

    6年前に放送終了したサントリー・サタデー・ウエイティングバー・アバンティをYouTubeで見付けた。たまにだが大学時代から聴いていた番組で懐かしくなって聴いてみた。教授がアバンティの店内で他の客の話に聞き耳を立てて色んな人の話を聞く番組で、その当時、話題になっていた事柄に詳しい人達がアバンティにお客として来店してた。

    今日は六義の中の1つ象形
    象形文字が一番知られている文字だと思います。
    山、川、人、火などのように形をそのまま字にした文字のことです。

    今朝は能を書いてみまいたが、これも象形です。

    (象形)
    水中にすむ昆虫の形。
    小篆では分かり辛いのですが、古い金文という書体から推測するとヤドカリの形に似ている。金文が使わる晩年にあたる字形は小篆に近くなってきている。現代の文字のムの部分が貝殻の部分ではないかとなる。

    また、周王朝初期(紀元前11世紀)に「多公、能(よ)く福したまへり」とあり「よくする、たえる」の意味に用いていた。よくするの意味から能力・効能・功能・知能のように「はたらき、ちから」の意味と変化した。

    最後に…

    AVANTIの番組は、 TOKYO FM Podcastでも聴けます。

    2019年7月19日   完の文字

    完了の完を書いてみた。

    完(会意)
    宀(ベン)と元を組み合わせた形。
    宀は、祖先の霊をまつる廟の屋根の形。
    元は、大きな首を上に加えた人の姿で、人の頭部を強調した形。

    戦いに勝ち、戦死せずに無事に戻ったことを廟で報告する儀礼を示すのが完で、無事に事が終わること、最後まで成し遂げること「まっとうする、まったし」の意味となる。

    廟の中で元(頭)の髪を結い、冠をつける元服の儀式は男子の成人式であり、冠という。 (白川静 常用字解より)


    2019年7月18日   タイヤバーストが急増

    タイヤが裂けるタイヤバーストが急増しているとヤフーニュースで上がっていた。 ニュースによると5年以上交換してないタイヤが劣化によって引き起こすようだ。あとセルフ給油が多くなって空気圧のチェックをしないで乗っていることも要因みたいだ。

    車の免許を取り立ての頃なんてアクセルはONかOFFかのスイッチ状態、ブレーキなんてまともに踏めなかったので夜な夜な山奥で練習してて、バンッ!って、炸裂音とともにタイヤが裂けたらペタペタペタ…と音を立てながらゆっくり安全な場所に退避して予備のタイヤ2本と交換して練習を続けていたからタイヤバーストは付き物だった。タイヤは擦り切れるまで履いて1ヶ月か、2ヶ月ぐらいしかもたない消耗品だった。

    (会意)
    宀(ベン)と女を組み合わせた文字。
    宀は、祖先の霊を祭っている廟(みたまや)の屋根の形。
    安は、廟の中に女性が座っている形で、嫁いできた新婦が廟にお参りしている。

    つまり、夫の祖先の霊をまつり、この家の氏族霊を受けて、夫の家の人になるための儀式を行い、新妻ははじめて夫の家の人と認められ、夫の祖先の霊に守られて、やすらかで平穏な生活ができると考えられていた。

    最後に…

    最近の車はタイヤの偏平率が低いので見た目では空気が抜けている事に気付かないので、3ヶ月に1度ぐらいは空気圧のチェックはした方がいいと思います。
    あと、スペアタイヤもしくは、修理キットがどこに積まれているか確認は大切です。

    2019年7月17日   すももの字

    六義の会意とは
    象形文字または、指示文字(上、中、下、一、二、三、本、末)の2つの文字を組み合わせた1つの文字にしたものが会意文字。
    会意文字(休、位、家、男、左、林、森)

    李(会意)
    木と子の組合せで、子が音符となっている。
    李の種類は多く、漢の武帝が上林苑に多くの李の名果を植えた。
    理に通じ、獄官・法官の称号でもある。
    虎を李父、李耳という。

    2019年7月12日   助の文字

    助(会意)
    且(しょ)と力(りょく)との組み合わせた形。
    且は、草を刈る鉏(すき)の形。力は、土を掘り起こして砕く耒(すき)の形。この2文字を組み合わせて耕作を助けるの意味となる。のち農耕のことに限らず、すべて協力して人を「たすける」の意味に用いるようになる。(白川静 常用字解より)

    甲骨や、金文の字の形を見ていくと小篆より何となく分かる。
    助などは分かり易いですが、現在、使われている文字は省略されたり、意味、ニュアンスなどが変わっている事と、倫理、道徳、価値観が全く異なるので文字によっては理解しがたい物があります。固定観念を取り除き、文字を紐といていく事が必要です。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ