相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • カテゴリー: 日々精進

    2018年12月10日   年明けの展覧会に向けて

    日曜日は、午前中に書の課題を書き上げて、午後から篆刻の講習会に持参しました。書、印稿ともに佳作と言われたのは嬉しいですが、厳しい指摘が欲しい…orz

    年明けの宮崎県立美術展には、これを刻して出品しようと思いますが、下部の枠の雅味(欠け)の具合がどうもしっくり来てない。なんか違うなという感じ、言葉で説明できない、どうしないといけないというのが分からない状況です。
    なので河野隆氏の作などを見てもう少し手直しを加えたいと思います。

    楽篆出品用に60mm角で刻してみたいと思います。
    県美展用は75mm角で刻します。

    2018年12月3日   ボチボチと…

    先月末から昼飯を20分で終わらせて少しづつ進めていました。
    ブログのネタ切れになったのでアップ(笑)

    忙しくても食事を20分ほどで終えて、1日30分でも時間を作って取り組めば出来ないことはないのだが、受験生はやっているのだろうか???先月下旬から音沙汰がない…

    今回の印影も印章彫刻一級技能士の認定試験課題の1つで、見本第二弾として作ってます。
    今度の屋号は「太平金属加工株式会社」、中央の代表取締役印の文字を立て3列で構成しました。

    画像はの印影は、仕上げ前の段階で未完成です。
    屋号の文字が太く線が粗い状態です。
    ま、この状態でお客様に提供されているとこがあるので驚きますが…。

    次回の日曜日は、篆刻の講習会なので書を数点書いていかないといけないので、時間を作ってボチボチ進めていきたいと思います。

    2018年11月30日   来年の干支(つちのとい)

    11月も終わりますね…
    昨夜は10時頃に壽慶の印稿を描き上げたとこで朦朧としてきたので早めに寝ました。それでいつもの如く、早朝から楽篆の課題に取組んでます。
    開店前の仕事は、気持ちいいほどサクサク進む。

    お題は来年の干支となる「己亥」(つちのとい、キガイ)
    己(つちのと)は、五行(木、火、土、金、水)でいう土の陰。細木数子さん風でいうと土星マイナス。その時の亥の歳ということです。

    平成31年の干支。己亥のハガキや、年賀状、絵手紙、一筆箋に使える落款印。遊印を作る。

    2ヶ月前から印稿は書いていたので布字はサクサクっと1時間ほどで終えましたので、これから刻していきます。

    亥の文字を2パターン作りました。右は素直に入れた字形で、左は中央の空間を埋める事を考え、独自にチョッとアレンジしてみました。
    両方出品して、どちらが高い評価を得られるか楽しみです。
    検証してアレンジした方が駄目となればいい勉強にもなります。

    今回の印材は、1cm角の青田石。手紙や、一筆箋を書いた際に使えるようなサイズとして選びました。 8mm角の方が使い勝手がいいかな? ま、不便を感じたら作ればいい。
    不純物が少ない印材を選んで購入していたのでサクサク刻していけそうです。15時までにはポストに投函したいと思います。

    2018年11月29日   壽を修正

    今朝、出勤する6時前より、朝食をとりに一旦戻る8時頃の方が寒いような感じがしました。気のせいか?
    夜が明けると雲がない晴天と気付きます。

    仕事を進めてたので、朝食後、店に戻ってから1時間ほど印稿の修正をしてました。

    壽の“寸”の部分が気になって、口を小さくして、右への斜線から左に曲げる形に大幅に改良。線が太く重たかったので、0.5mmほど削って細くしました。

    慶に比べて壽が画数が多いので、壽を画数の少ない字形を選ぶべきだったか…と、後悔…。さて、どうするか…

    2018年11月28日   寿慶

    12月1日(土)までに出さないといけない印稿に着手しました。
    お題は「寿慶」(6~7.5cmで朱白自由の印稿)
    土曜日の夜、山奥の星空の下で字形をどうするか考えていて、今朝、1時間半ほどでサクサクと大まかな骨格を描き上げました。

    寿慶の印稿を書く。

    この状態であと少し欠けを増やせば提出しても問題ないレベルでしょう。ですが、ただ単に作業をこなしたレベルなので、こういう事を何度も繰り返しても上達はしないように思えます。

    ここからが参考作品を見ながら更に書いたり消したりを繰り返し書き上げていく事で上達していくように思えます。今夜は1時間半、明日の朝、1時間半と手を加えて描き上げます。その合間に楽篆の課題を作って出品となります。

    2018年11月22日   細い文字の印鑑

    代表取締役印を仕上げる。宮崎市の印鑑、はんこ。

    先週末に仕上げて大阪の講習会へ見本として持っていく予定だった代表取締役印を持って行くのを忘れてました。

    講習生へ…
    技能検定を想定して仕上げの時間を1時間と区切って行ったので粗さがありますが、この程度、出来ていれば確実に受かります。 ですが、仕事としては、最低基準と思って下さい。

    この印鑑は、株式会社、有限会社、NPO法人などの法人が、一般的に周りに会社名、中央に代表取締役印と文字を入れた印を作り、法務局に登録する印鑑となります。

    美しく見せる法人印。宮崎市の印鑑、実印、銀行印、認印。

    この基本的な作りは外側の縁が太く、一周させて入れてある会社名と、内円は細くして、中央の文字は太くします。そうする事でコントラストが出来て見易く、美しくなります。

    パソコンの文字を使って簡単に作っているとこは、最後の仕上げで文字を細く整える事なく提供されてます。

    判子で重要なのは…
    第1に安全の担保の為に「手書きの文字」なのか?
    第2に美しく仕上げてあるか?
    この2点が重要と考えると宜しいかと思います。


    宜しかったら、下の「人気ブログランキング」と、「宮崎情報」のボタンをポチッと押して頂けると幸いです。

    2018年11月19日   教えて学ぶ

    刀の研ぎ方の指導
    印刀の研ぎ方の指導

    昨日は大阪で開催されている大印講習会でした。今までご指導を受けた先生方の手法を自分なりにアレンジしてプレッシャーをかけながらの指導をとってます。

    今回、1ヶ月間、試しで1人だけやってみましたが、劇的な進歩をとげ印稿の課題はズバ抜けてました。

    指導方法は基本的に「何、聞いてたんだ!」「前回の課題の手本を見ろ!辞書を見ろ!」「考えろ!」この言葉程度です。楽な指導を目指してます。

    某社長さんと飲んだ時に「はんこ屋は楽に儲けようという考え方が強い。だから、パソコンの書体に頼りっきりで機械で彫刻してろくな仕上げもせずに商売をしてる」「機械は補助的なものであって、工程のメインになってはいけない。」

    講習生の中には楽から逃れる事に苦労されてる方が見え隠れします。私もですが、限界を決めてます。まずは限界の中で食事の時間を15分にするとか、休憩を短くするとか…時間のやり繰りをする。その後、少しだけ限界を超えてみる。ただし、睡眠時間6時間は必ずとり、質の良い睡眠をとるにはどうすればいいのか考える事が大切に思えます。

    本日は波も穏やかで船内で出来る仕事を進める事ができてます。今週は金、土、日と連休とさせて頂くので、木曜日まで休憩を減らして取り組みたいと思います。

    講習生の皆さん、効率のいい睡眠と、時間をつくる努力を常に考えて過ごして下さい。正月は無いものと思って下さい!それ程、あなた達は切羽詰まってます。健刀を祈る。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ