相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年12月2日   筆をとる

    ハガキで課題が届く

    ハガキで課題の通知が来ます。
    印稿の課題と、書の課題は同じです。
    書はたいてい自由ですが、今回は小篆もしくは、金文と指示がありました。

    書の手本づくり

    書の課題は年に数回しか書いて行ってません…(-_-;)

    印稿も手に付かない事も…。
    あ、先月もそうでした…

    週末になって時間が作れたのと、久しぶりに大筆で書いたら思うように筆圧調整が出来ない事に衝撃を受けて、練習の為に小篆と、金文を書いてみようと思いました。

    なので、手本づくり…

    辞典を引いて、1つの文字でも何パターンもあるのでどれにするか字形を選別。
    文字を選び終えると、まずは半紙に鉛筆で下書き。

    下書きを終えると、上から筆で書いて手本が完成!
    それをベースに修正を加えていく。

    こうなると手本ではないか…

    小篆で握沙為寶と書く

    第一画の位置、線の傾きかた、伸びやかさを微調整しながら…

    何枚も

    何枚も

    書いて…

    5枚目に現状の限界点に到達ということで終了。

    10枚、20枚と書くと迷走して、変な癖が付くだけなので書きません。
    最後に落款を書いて、落款印を捺し完成しました。

    金文は理想形が頭にないので、我流に走りまくっていると思うのでアップは避けます。

    金文は石鼓文を臨書すればいいと言われてますが、そこまで手が出せない…。
    やはり、気に入った作を見付けて模写が一番手っ取り早いが、基本が抜けてしまう危険性ははらむが…。時間的に考えると模写がいいのかな。

    2017年12月1日   終筆が…

    楽篆100号記念 落款印をつくる

    樂天と刻して出品しましたが、上位は厳しいかな。

    篆の竹冠を上下にずらして狭めて、竹冠の下部の横幅を狭めるべきだったかな?

    いやそれより…楽の木の下部を曲線にするべきやったな…
    曲線で書くと「楽」が小さく見えたから角ばらせたが、「篆」に合うように曲線を使いながら他で大きさの調整をするべきやったな。

    小篆で楽篆と書く

    久しぶりに半紙サイズに書いてみました。

    紙は夾宣。
    墨は中墨では滲んだので、濃墨を半分入れました。

    やばい…左斜めに下す線の終筆が… 上手く筆をまとめられない… (-_-;)
    日曜は、角井先生に終筆の指導をして貰わなければ…

    5枚ほど書いて、う~ん、現状を認識して出品… (-“-;A …アセアセ

    2017年11月30日   作品づくり「楽篆」

    篆刻の作品

    昨日、やっと仕事がひと段落できたので、楽篆の課題に着手。

    お気付きの方からは今頃か!?って、言われそうですが…
    今頃です (-“-;A …アセアセ

    本日消印有効なので、5時までには高鍋郵便局に持って行きます。それを過ぎると宮崎の本局まで行く羽目になるので、そこは避けたい…

    楽篆100号記念ということで、課題は「楽篆」
    今回は大々的にするので賞まで付くとか!

    ここは冒険せずに前回 上位に食い込んだ小篆の白文で勝負に出ます。
    印材のサイズは、15mm角。今回は作業し易いようにチョッと大き目。
    上位を狙いますので、小さいのを使っても、大したメリットもなくリスクを負うだけなので15mmの白文。

    これで評価が低かったらキツイな… (-“-;A …アセアセ

    文字を書き入れる

    上の画像は、字入れの途中です。
    これから後1、2時間ほどは修正を加えて、それから印刀を持ちます。

    今回は鏡まで机に出して鏡を置いて、鏡に映すと左右反転した正字で見れるので、文字のバランスを確認しながら作業になってます。

    鏡は普通使うだろ!って、言われそうですが…

    ほとんど使っていません。(-“-;A …アセアセ
    今回は「篆」の文字バランスが気になったので鏡が久々の登場となりました。

    開店前に本日の仕事を片付けて、作品づくりに入ります。

     

    その後…

     

    落款印に字入れを終える。宮崎市

    午前中に字入れを終えたので、残すは刻すのみ。
    峠は越えた感じで、気楽に作業を進めていける。

    2017年11月28日   終わってた…

    のぼり旗

    秋の大祭が日曜日に行われ、本日は片付けでした。

    準備、秋の大祭と予定が入っており行けなかったので、10時からの片付けには行かねばと思って10時に行くと既にのぼり旗の支柱も抜かれ、旗を干す為に広げているとこだった…(汗)

    荒神さんの奥にある稲荷神社も新しく建て替えられ、鳥居の設置する為の穴を掘っているとこでした。新しくなり新年を迎えることが出来そうです。

     

    2017年11月27日   草稿を書く(日髙)

    認印や、銀行印は苗字で作ります。

    また、赤ちゃんが生まれると祖父母が孫に一生物のプレゼントとしてお求めにご依頼店され、一生使って行ける実印でのご依頼が当店では多いです。

    当店の実印は、名のみで入れておりますので、姓に左右されないので一生使っていける実印となりまし、親の判子と混同しないことで、この印鑑はこの子の物とし使っていけます。

    また、社会に出るまで実印を銀行印として使用することになりますが、就職して一人立ちする際に実印登録をし、銀行印を新たにお作りする事をお勧めしております。

    日髙を小篆で認印や銀行印として書く

    今回は、日髙様よりご要望を頂き、日髙と小篆で書きました。

    認印や、銀行印を印相印でなく、小篆で作って欲しいとご注文されると、この様にデザインします。

    日髙を小篆で認印や銀行印として書く

    「日」と、「髙」で画数が極端に違うので、両文字を同じサイズで書くと日が大きく見えてしまいます。

    なので、「日」を若干小さくして、髙の上下を少しだけ伸ばしてバランスを取ってます。

    個人の印鑑についてのページ↓↓↓
    http://souma-inbanten.com/kojinin

    2017年11月24日   「黒木」の認印、銀行印としてデザインすると…

    黒木の認印、銀行印、宮崎市

    黒木さんを小篆で書いてみました。

    下書きの状態です。本来の仕事となると、ここから修正を加えていきます。

    修正を加えるとしたら黒の縦画の傾きを修正して、線が細いので肉付けしていきます。

    黒木の認印、銀行印、宮崎市

    右側の黒は、印章新体と言って、判子屋さん独自の文字です。正統な小篆ではありません。

    小篆は、左側に一文字ぽつんと書いてあるのが、「黒」の小篆です。

    銀行印の場合は、相手に判読を求めるよりも暗証番号の意味が強いので、本人と銀行側が分かればいいという考え方で左側の正統な小篆をご提案します。

    どんな感じになるか書いて欲しいなと思う方は…

    info@souma-inbanten.comに「書いて欲しい苗字」と、「小篆か、古印体」の書体を選択して送って下さい。

    2017年11月23日   蚊口の浜を散歩

    高鍋町 蚊口の浜を散歩

    当店は、日曜、祝日が定休日となっております。
    なので、本日は定休日ってことで、のんびり9時過ぎに店に到着。

    思い切って休むことができない…
    今年に入って連休は作ってますが、やはり頭の片隅に作品づくりの事が過って心配が払拭できませんね。いかん…
    そんなんでロールカーテンは上げずに印稿書きを進めてます。

    昼に食堂に行き生姜焼きを注文するも豚肉は薄切りベーコンを焼いて硬くなってしまった状態…orz
    美味しいって聞いてたんだが…orz
    たまたま生姜焼きがハズレだったのか???

    ま、そんな事はいいとして

    休日ぐらいはと蚊口の浜に行って散歩して戻ってきました。
    さて、午後も頑張りますかね。

    2017年11月21日   無料でデザインをお見せします

    下書き

    私の文字だとどの様なデザインになりますか?と、ご要望が御座いましたので、新たな試みとして下書きをお見せする企画を立ち上げたいと思います。

    当店は受注の際にデッサンしてだいたいこんなイメージになりますよと書いてお見せしてます。
    ですが、結構、他店で作られた方から出来上がるまでどんな形になるか分からなかったというお話も聞きます。

    判子は、印影が胆です。
    印影は、パソコンの文字を使えば似たり寄ったりの物になりますが、手書きとなると、お店の個性が顕著に出てきます。
    父と、私であっても最近の印影は全く違ってきてます。

    鉛筆で下書き

    今回は、私が作るとしたらという感じで、鉛筆でデッサン(下書き)します。

    認印を作るとしたら、どんなデザインになるか!」をやってみたいと思います。

    書体は、篆書体 or 古印体 のどちらかでお受けします。

    ブログの企画なので無料です。
    デッサンした印影を写真を撮ってアップ致します。
    今、使っている判子と見比べて楽しんで頂けたらそれでOK!

     

    ご依頼は、お問合せフォーム もしくは、 info@souma-inbanten.com まで送って下さい。

    【 記入内容 】

    苗字 :

    書体 : 篆書体 or 古印体

     

     

     

    2017年11月20日   夜景を撮影比較(コンデジ)

    コンデジで撮影

    2週間前に一眼レフで撮った場所を同じ場所(フェリーの後部デッキ)からコンパクトデジカメ(LX3)で撮影。

    コンデジで撮影って適当に撮ってこんな感じ。
    LX3は、一応、7年前はパナソニックのコンデジではハイエンド機種でした。

    設定は…
    時刻 17:57
    絞り 2.5
    シャッター速度 1/4
    ISO 800
    手持ちで撮影

    コンデジで夜景を撮影

    ズームして橋だけを撮影。
    画像の縦横の比率を4:3に設定。
    モードはマニュアル(M)

    設定は…

    f/2.8
    SS 1/2
    ISO 400
    手持ちで撮影

    カメラに詳しい方なら、設定も違ってもっと綺麗に撮れると思いますが、素人が撮ったらこんなもんです。

    一眼レフカメラ(D5300)で撮影した画像はコチラ↓↓↓
    http://souma-inbanten.com/11617

    一眼レフで撮影したのは満月で状況は大きく違いますが、一眼レフの方が設定によって明るさを変えたりする振り幅が大きく違うように思えます。

    コンデジのいいとこは、すぐ取り出して気軽に撮影できるとこです。
    最近のキャノンのパワーショット G9 X MarkⅡは、お洒落なデザインでカメラ任せで凄く綺麗な画像が撮れるから初心者にはオススメです。
    すでに友人に勧めて買わせました。

    一眼レフ、ミラーレス、コンデジとありますが、使い手がどういうシチュエーションが一番多いか、撮りたい物は何かを絞って選択するといいと思います。

    2017年11月18日   藤を巻く

    藤を水に浸して柔らかくする

    昨日は、土曜日はフェリーに乗るから徹夜で仕事をするかと意気込んでましたが、晩飯を食ってゆっくりしてたら寝入ってました…orz

    朝、店にくると一晩中、水に漬けこんだ藤がかなりいい感じに柔らかくなってました。
    ちなみに、ここまで浸す必要はありません。30分程度で十分柔らかくなります。

    藤を巻く

    この刀の当て木のみが竹を印刀を挟む部分だけ割いて作ってあります。

    これは父の自作ですね。
    2枚に分かれれてないので印刀を挟んでサクサクと巻けるので楽です。

    新しい藤を巻くと藤だけが真新しくて違和感を感じまが、使い込んでいくと良い色合いになっていきます。

    本日は、9~16時までの営業となります。

    2 / 2202310
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ