相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2018年6月29日   道を楽しみ、古きを好む

    篆刻の草稿 宮崎県宮崎市の印鑑

    お題は「楽道好古」
    道を楽しみ、古きを好む

    2夜目にして何とか書き上げました。
    やはり最低でも10時間は必要ですね。
    資料を色々みて文字の形、線の欠けさ方など緻密にやっていかないと勉強になりません。

    今回は、1つの作品しか参考資料としていないので、ほぼ自分の持っている引き出しから出して書いた物となります。 自分が理想としている形からは程遠い…。模写をして感覚を身に付けたいと思います。

    今回は、7時間ほどで書き上げたので仕事レベルの作としてつくってます。
    久しぶりに朱墨を使ってみましたが、すぐ乾いて穂先を取られたり1分おきに水を足して水分調整をしないといけなかったりと凄く面倒…。やはり胡粉で書く方がいいですね。

    白が鈴の形で、左右の幺は糸飾りで神楽などで見掛ける柄の付いた鈴の形に近いのでは?
    この鈴を振って舞うことで神をたのしませることから楽が出来た。(象形)

    首は人の首、シンニョウは歩く、進むの意味があり、金文では首を手で持っている形になっている。敵地を攻め入る際に相手の領土には先祖の霊があり災いをもたらすと考えていたので、敵地の住民の首をもって進んでいくことで道が出来る

    甲骨文字では、女(母)が子どもを抱く形。母が子を可愛がる形(会意)

    十と、口の組合せ。
    十は楯のこと、口は神に捧げる祝詞や誓いをいれる器である口(サイ)のこと。
    サイの上に楯を置いて長期間において祈りの効果を保つようにすることを古といい、ふるいもの、ふるくからのもの、の意味となった。

    2018年6月28日   楽道好古

    楽道好古 宮崎県の印鑑、宮崎市の印鑑

    今月の課題となった「楽道好古」の印稿が届き、篆刻の講習会で使う資料作りとなったが、自分は先月も書いてない…

    う~ん、どうするか…

    って、事で昨夜、明け方までに書き上がるか!と奮起して取り掛かる。

    も…

    2時半ごろには朦朧としてきて、3時間後に目覚ましが鳴るようにセットして仮眠。

    が…

    起きたらもしもの為に4時間半後にセットした目覚ましだったorz
    3時間後に10分おきに2度の目覚ましには全く気付いてなかった…(汗)

    結局、印稿は中途半端な状態(画像)…

    あと3時間ほどあれば形になるんだが…

    今夜、仕事をひと段落させたら、再度、夜中に取り掛かってみます。
    体力よもってくれって感じです(苦笑)

    本日も午後は祭りの件で不在にすることもあります。m(__)m

    2018年6月25日   海辺で朝食(サンビーチ一ッ葉)

    ニューヨークで話題のパン「バブカ」

    日曜日は睡眠を取ろうと目覚ましを切って寝たが6時には目が覚め結局5時間しか寝れず…。 カーテンの隙間から陽射しが差し込んでいたので外を見ると晴れている晴れているなら海辺で朝食もいいなと思い、まずは宮崎神宮駅そばにあるグレンツェンに!

    プレートを持っていつもとは違う物をと探すと、ニューヨークで話題のバブカって真っ黒のパンがあったので冒険してみる(笑)

    バブカ
    https://macaro-ni.jp/31113

    太いウインナーパン

    あと1個と探すと…結局、自分の中で定番の物を購入。

    2個とも冒険できない自分がいた…(汗)

    サンビーチ一ッ葉で朝食

    サンビーチ一ッ葉のノースビーチの方に車を停めて、バックパックにジェットボイルと水、コップなどを詰め込み屋根があるテーブルへ

    ノースビーチは、ビーチバレーの練習を始める人達や、スケボーを楽しむ人はいるが人はまばら…

    まずはジェットボイルでお湯を沸かして、今回はネスカフェのビターカフェラテ。
    甘さ表示は「1」となっているが結構甘い(笑)

    で、まずは甘そうなバブカを食べてみる。
    クロワッサンのようにバタータップリの生地にチョコレートもタップリって感じでした。
    調べるとユダヤ人に愛されたパンで、アメリカの東海岸では以前からポピュラーなパンとか。ニューヨークで流行っているのはチョコレートバブカだそうです。チョコレート以外にもバリエーションがあるようです。

    グレンツェンのバブカはチョコレートタップリですが甘さ控えめです。
    ビターカフェラテの方が甘く感じるほど、リプトンの紅茶にするべきだったかなと飲み物の冒険は失敗でした(笑)

    サンビーチ一ッ葉にあるカフェ

    食後、打ち寄せる波の音や、時々聞こえる鳥のさえずりを聞きながらまったり、また管理小屋からはBGMが流れてきていい感じです。

    ゆっくりとしたとこでサンビーチ一ッ葉を歩いてみることにサウスビーチの管理小屋にはビーチバーガーハウスってお店が出来てました。

    防風林の中の遊歩道

    防風林の中は陽射しを遮ってくれる木陰と、海風が心地いい。
    ノースビーチからマリーナの近くの防風林の遊歩道まで1周すると1時間ほど、足の裏が痛くなり日頃どんだけ歩いていないかが実感させられました。

    それにしても人が少ない。田舎ならではだと思うが、たぶん知らない人が多いのではと思う。 宮崎市内は整備された公園が多くていいなと思うが、自分も高鍋でいい場所を知らないだけなのかも。 ま、高鍋だとタープとテーブルは持参となりそうだが…

    2018年6月22日   アッ!

    昨夜、飯を食っていたら某団体の会長から電話があり…

    会長:今、どこですか?

    私:家だけど、どうした?

    会長:今日は来られないのですか?

    私:え?!今日???・・・。 アッ!…(汗)

    宮崎での会合を完全に忘れてました…。
    急いで宮崎に向かうが運転用のメガネを忘れ遠くが見えなく超安全運転…w
    仕事用のメガネでも1.0は見えてますが、遠くに居る人がどっちに歩いているか分からない…。視野は100mを切っているじゃないかな?ライトをロービームすると恐怖を感じます。

    なんとか1時間遅れで到着…(汗)
    そこまで講義の内容を聞いて、えっ!そんな方法があるとは!!と、情報格差を感じいい勉強をさせて頂きました。

    宮崎県の印鑑、宮崎市の印鑑

    今夜は八坂神社の集まりがあるので、どうしても作業を進めたいので夜中に店に戻り朝まで印稿の修正。途中1時間は仮眠を取りましたが、6時半過ぎには眠気がないのにいつの間にか落ちる始末…(笑) それでも何とか角印の印稿を書き上げました。

    次は、篆刻の部の印稿に着手したいと思います。 それが終われば実印、認印の部、版下の部、角印(印篆)の部と、いくら時間があっても足りないくらいですが、やれるだけやってみようと思います。

    朝飯後に1時間ほど寝たのでスッキリして仕事再開。
    今夜は飲みながらの会合なので1杯目から薄めの焼酎で…(汗)

    2018年6月20日   9年前の角印の作を見返してみる

    9年前に摸刻した指鹿為馬

    9年前、大阪の講習会に行って1発目の課題が辻成軒先生の隷書古印体で作られた「指鹿為馬」の摸刻した物が出てきました。

    摸刻とは、丸っきり同じように字入れして、彫り上げること。

    指鹿為馬
    司馬遷に出て来る漢文。 鹿を指して馬と言う。
    意味:道理に合わないことを、権力を背景に無理に言いくるめること。

    この頃、父が字入れをしてその粗彫りをする日々で粗彫りは5年間で何百本と彫ってきてましたが、父からは「上手い上手い」としか言われず、これでは駄目だと思ってた時に京都の判子屋さんの紹介で大阪の講習会へ行くことになりました。

    その大印講習会で初めて出された課題の作です。
    なので、この作は粗彫りを終えて大して仕上げを掛けてない状態です。

    文字の線が交差する墨だまりの部分は2番に細い印刀を文字の形に沿って回すように彫っていたと思います。これもベアリング付いて回転する篆刻台があるから出来た技なのかも。

    摸刻した指鹿為馬

    この頃は仕上げが出来ないので粗彫りでいかに完成形に近づけるかでやっていた頃です。
    今の自分から見てもある意味で凄いって思う(笑)
    今はここまで緻密に粗彫りはしませんからね。

    今はある程度、仕上げで調整できるようにマージンを残して、仕上げで文字の形を整えてます。それを思えば粗彫りの技術は落ちたのかも(笑)

    他に気になるのが自分にしては極端に彫りが浅い点です。
    深く彫ると線が乱れると思って浅く彫ったのか?初めて大きな文字を彫ったからか?

    印面の底に目をやると真っ平らに仕上げてないのが目立ちますね。
    また、枠に目をやると外から削って細くしているだけなので、内側のラインが粗く枠の太さがまだまだ太いですね。
    この頃はこれが精一杯だったのかと振り返ります。

    作った物を残しておくのもいいものです。

    2018年6月18日   緑が茂る

    台湾付近で発生した台風6号は日曜日には熱帯低気圧となりましたが、通常なら土曜日に船に乗って大阪日帰りでしたが乗船していたら揺れたでしょうね。 今月は友人の結婚式で行くのはとやり止めになってました。

    強風で街路樹(ヤマボウシ)の花びらが散っているだろうなと思い箒と塵取りを持って出るとほとんど散ってなく、あと1週間は散らずにヤマボウシの花を楽しめそうです。

    濡れた花びらははわく事が出来ないので1枚1枚手で拾って集めます。
    散る時は天気のいい日を強く希望(笑)

    店先の植栽の手入れ

    店先に植栽しているトクサもチョッと茂り過ぎてきたので間引きしましたが、見た目は大して変わらず…。もっと間引きが必要な感じです。

    トクサは何本も束ねて抜くと根を残して茎でキレ、その切れた茎から枝のように何本も枝のように伸びてくるので、3本ほど掴んで真上に引き抜くと根っこから上手く抜けます。

    トクサはかなり茂ってきたので、一度、全部掘り起こして仕切りの板を埋め込んでトクサとトクサの間に空間を作ってあげたいと思います。 疎密のバランスをとることは、篆刻にも通じているように思えます。
    構想は練っていますが、着手するのはいつになる事やら…(苦笑)

    2018年6月15日   競技会の結果

    印章競技会の結果

    3月に出品した全国印章技術競技会の結果が届いた。

    結果は木口実印の部で銅賞でしたが、今回の表彰式が宮崎での開催なので賞に引っ掛かって良かったという反面、取組みが甘かったと反省。

    9部門もありますが、出品できたのは2部門2作品のみ。
    今回は篆刻は着手できずに終わってます。

    実印の部

    今回の大会表彰は、10月13日に宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで行われるのに銅賞か…って感じですね。

    今は9月締切りの大阪印章展と、宮日総合美術展の作品づくりですが、ここの所まったく手が付けらてない状態なのでどうにかしなくては…

    体力もかなり落ちてきて5時間睡眠がきつく、最近は7時間も寝てる始末。 更に先月の人間ドックの結果が届き運動するようにと注意されたので体力づくりもしていこうと思います。

    2018年6月12日   宮崎市で印鑑について講演

    宮崎市シェラトンのパインテラスで印鑑の講演

    今朝、時計を見たら5分後に目覚ましが鳴り始める4時55分…。昨夜1時すぎに寝たので5時に起きれるか心配でしたが、家が揺れるというダイナミックな目覚まし時計で起こされました。(笑)

    本日、ケーブルTVファンの会様からお声を掛けて頂き宮崎市にあるシェラトンパインテラスで「学校で教えない判子の話し」という題材で講演してきます。

    話ベタなので聞くだけでは眠くなると思い、書き込んでいく資料を作製。
    ただ、ここで1点問題が…

    先月、実際に某異業種団体の集会で30分で想定していた講演内容でしたが、途中、質問が飛び交いまた話が他の方向へ行ったり、行かせたりで笑いが絶えず、途中、端折って話した経緯があり今回うまく時間内に納められるかチョッと心配です(笑)

    印鑑屋を選択する基準の1つ

    判子屋さんを選ぶ基準として完成した形を見せて貰う事を話しますが、どういう物を見せて貰うのかと言われると言葉で伝え難いと思い見本として持って行く草稿を書いてみました。

    左:篆書体を素直に入れた形

    右:吉相印(印相印)なので、印鑑の縁に八方に付けようとするので文字によっては間延びした感が出てきます。 数字は、接点数を数えてます。文字の画数と、接点数を足して吉数になるようにします。

    この様に草稿を書いて貰えるかどうか、そこを判断基準にしては如何でしょうか。
    印鑑を彫る前に文字が書けるかどうかは大きな判断基準となります。 更に一歩進むと文字のバランス、文字の線の折り曲がる部分など見れると良いかと思います。

    一生物ですので何店舗か回られて草稿を書いて貰うと宜しいかと思います。

    ※本日、営業しておりますが、10時~15時ぐらいまで不在となります。

    2018年6月11日   宮崎市のカフェでモーニング(喫茶flat)

    宮崎市のカフェ フラット

    日曜日は休日なのに朝4時起床で録画して溜まっているドキュメント72時間を早送りで年末の4時間スペシャルと、今年に入っての4回分を見尽して出勤。

    雑用と、外で出来る仕事を準備して、宮崎市へ行き30分ほどで打合せを終えて、7時から営業している一ッ葉稲荷近くにあるカフェ♭(フラット)へ仕事を持参で朝飯!w

    宮崎市のカフェでおぐらトースト

    店内はジャズが流れ落ち着いた雰囲気。
    以前はモダンな中華料理店で、内装をカフェへと変更されてました。

    モーニングは、厚切りトーストか、おぐらトーストが選択でき、今回はおぐらトーストに!

    宮崎市のカフェでモーニング

    1ばん~4ばんまで種類があり、その日でモーニングの内容が替わるようです。

    カフェで朝の仕事

    朝食を済ませると、請けた仕事に取り掛かりました。
    店に引きこもらず、気分転換に外で仕事をするのもいいものです。

    この日、下書きをしているのは墨友の課題に捺す半紙サイズの落款印です。
    墨友の課題は落款印は必要ないですが、書なのに印が不要という事態がおかしな話です。
    作に対してどういう印が適切か、何処に捺すのが適切なのか勉強することが必要ではないかと思う。納めさせて貰ったら毎月、清書して出す作に捺して出品させて、審査する人に印の必要性を再度考えて貰う切っ掛けになって欲しい。

    宮崎市のカフェ フラット

    草稿を書き上げ切りがいいとこで店を出て、10月にある印章業のイベントで50インチテレビを借りるのですが1日借りて4万5千円。 それは仕方ないと思ってましたが、最近になって予算が少ない事を聞き事業の危うさを知りリサイクルショップ三喜へ行くことに…。

    行ってみると30型の液晶テレビが2万円以下であったので、2日後に買い戻しは幾らになるか交渉に入りました。今日あたり社長に電話して直談判だな。

    喫茶 flat(フラット)
    TEL0985-65-6510
    https://flat.owst.jp/
    営業時間
    火~木、日、祝日、祝前日: 07:00~18:00 (料理L.O. 17:30 ドリンクL.O. 17:30)
    金、土: 07:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
    定休日:月曜

    2018年6月10日   高鍋の団子(豆の樹だんご 地蔵堂)

    高鍋町の団子屋 豆の樹だんご地蔵堂

    昨日、半紙4文字、6文字に使う落款印の注文を頂き、その際、差し入れと高鍋町にある豆の樹だんご 地蔵堂の団子を頂いた。

    仕事が詰まっていたので、昼飯を買いに行くのも面倒で団子を昼飯代わりに頂きました。
    疲れている時には甘い物ですね!美味しく頂きました。

    2 / 2352310
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ