相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年5月13日   テントをたたんで朝風呂に!

    三朝温泉

    いつも通り5時起床。テントをたたんで車に積み込みタオル片手に朝風呂に!

    三朝温泉

    堤防沿いの遊歩道を歩くこと10分で河原風呂に到着。

    三朝温泉 河原風呂

    風呂の前に仕切りもなく脱衣の棚があって橋から目隠しに簾があるだけです。
    ここも暑めと、42℃ほどの風呂に仕切ってあります。
    ここの暑めのお湯は別府の市営温泉なみで入ってられない…

    お湯を沸かして朝飯

    朝風呂から戻るとお湯を沸かして、朝飯の準備。
    この日は鮭がゆと、紅茶。
    どのくらい走るかも分からないのと、途中、食べれるように食事は控えめです。
    この段階ではまだ食事はたいした物を食べてないので体重は60kg…

    あ、画像の食器は、セリアでコップ、折り畳みスプーン、折り畳みカップの3点を購入しました。 食料は積んでいるが、器がない事に気付き鳥取市内で見掛けたセリアで購入していたら、鳥取市内で行きたかった店のラストオーダーの時間を過ぎてしまい昼飯が食べれなくなってました…orz

    モンベルのジェットボイルは、お湯沸かす専用で設計されているので、お湯がすぐに沸き、コンパクトに収納できるのでお勧めです!

    食事を終えて道具を整理して積み込み、どこへ行くか悩む…悩む…悩む…1時間ほど…
    倉吉の白壁もいいが…今日は街を離れ山へ向かおうって事で雪が残る大山(だいせん)に!

    つづく…

    三朝温泉 河原風呂

    2017年5月12日   野宿を楽しむ

    岩井温泉で汗を流し、そこから次は何処に行くかを1時間ほど考え、決まった先が三朝(みささ)で朝風呂!

    この三朝温泉の河原風呂は橋のたもとにある露天の共同浴場です。
    無料ですが、脱衣所なる物もなく、棚がある程度、また簾で簡単に目隠しとなってますが、橋の上から見えます(笑)
    面白い露天風呂なので朝風呂を楽しむのには最高と思い岩井温泉から約60km移動しました。

    河原の駐車場でキャンプ

    今回の旅は、キャンプをしながらと言えば聞こえはいいですが完全に野宿の旅です。(笑)
    車中泊はよくやってましたが、軽貨物自動車なだけにシートも大して倒れず寝る事は困難です。 なので、テントや下にひくマットなどを借りて、エンジンをオーバーホールしたのでエンジンの慣らし運転を兼ねての旅でした。

    この旅で苦慮する1つが、どこで寝るかです。
    寝る場所も決めてなく行き当たりばったりなので、寝れそうな場所を探すのが大変です。道の駅があれば一番いいですが、ない場合はウロウロと車を走らせて探し回ります。

    初日に職質を1回されて荷物から車内まで調べられるという無駄な時間を費やしたので、それだけは勘弁してほしいと思いながら徘徊してましたが、河川敷の駐車場にキャンピングカーを目にした時はホッとしました。

    寝る場所が決まるとあとはテントを張るだけ。 今のテントの組立は、中央の紐を引っ張るだけで組立完了!マットをひいて寝袋を広げサクサクと数分で寝床を確保。目覚ましを5時にセットして就寝…

    2017年5月11日   風情ある岩井温泉 共同浴場

    鳥取県岩美郡岩美町岩井

    鳥取市から更に東に20kmほど向かうと岩美町岩井が温泉地となってます。
    ここは最古の温泉の云われもあるそうです。
    また共同浴場があることに惹かれ、そく向かいました。

    鳥取県岩美郡岩美町岩井

    共同浴場の駐車場は満車でチョッと離れたとこにある駐車場へ停め、街並みを散策しながら向かいました。 時は、17時を回ってましたが、夕日に染まった街並みを見ながら歩いて向かうと離れた駐車場に停めて良かったと思います。

    鳥取県岩美郡岩美町岩井

    小さな石橋や、石積みされた河川の側壁がなんとも風情のある街並みを作り出してます。

    岩井温泉 共同浴場

    浴槽は2つあり、1つ少し熱め、もう1つは42℃ぐらい。
    熱めの浴槽は円形状で深く、周りに腰掛ける段差があります。

    近くに居られてたご年配の方に話を掛けさせて頂き、この温泉の事などを聞かせて貰いました。
    地元の方との出会いは共同浴場に限ります!共同浴場の醍醐味でもあるとこです。

    真新しい共同浴場でしたが、何年か前に建て替えたそうです。
    共同浴場の前にある駐車場が旧館跡地だそうです。

    【注意点】
    共同浴場は、シャンプーや石鹸がないとこがほとんどです。
    銭湯セットを持っていく必要があります。
    ドライヤーは受付けの方に言えば貸してくれます。

    岩井ゆかむり温泉 共同浴場
    鳥取県岩美郡岩美町岩井521
    共同浴場ホームページ
    TEL 0857-73-1670
    営業時間 6時00分~22時00分

    2017年5月10日   大きな砂の彫刻(砂の美術館)

    砂の美術館(鳥取市)

    鳥取砂丘を見終えると、次は砂の美術館。
    ここも観光スポットとして評価が高かったから行ってみたが、見応えはあって素晴らしい砂のオブジェの数々を間近で見れます。

    まず美術館に入ると作る過程の映像があるので、それは観た方がいい!
    どの様に作られたか、どういうとこに苦労して作り上げたかなど予備知識を持って鑑賞する方がいいと思う。

    アメリカを題材として砂のオブジェ

    毎年、作り替えられるとのこと。今年はアメリカを題材として作られたそうです。
    アメフト、ボクシング、野球、テニス、バスケなどのスポーツから、JAZZなどの音楽シーンのオブジェもありました。

    砂の美術館2017

    議会制度の樹立???

    砂のオブジェ

    インドと思って上陸したとこかな?

    ゴールドラッシュを再現

    ゴールドラッシュ!
    真ん中には砂の天敵となる水を流して臨場感を出してます。

    他にも作品はありますが、見る方が忙しくて撮るのが面倒になりこのくらいしか撮ってません。
    毎年、内容が変わるようです。是非、行って実物を観ることオススメします。

    砂の美術館
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083−17
    建設: 2012年4月14日
    時間:  9時00分~18時00分(土曜日 のみ20時00分まで)
    電話: 0857-20-2231

    2017年5月9日   鳥取砂丘で御当地バーガー

    地元バーガーの砂丘らっきょバーガー

    砂丘を見終えて、道路は渡ると砂丘会館って物産館に入ると御当地バーガーに出くわしました!
    昼飯を食べそこなっていたとこに砂丘らっきょバーガーを発見した時にはホッとしました。やっと見付けた御当地もの!!

    微炭酸の絞り立てグレープフルーツジュース

    その近くに「入荷しすぎました。助けて下さいm(__)m」って、面白いポップが目に入って来たのでグレープフルーツジュースも注文!

    メニュー表

    メニューは他にもあります。
    受付けカウンターは外側に向けたカウンターと、会館内のカウンターが2つあります。会館内のカウンターは空いてました。

    砂丘らっきょバーガー

    固まりのらっきょでなく、ほぐされたらっきょが入ってました。これは美味しいかったですね。鳥取砂丘に行ったら食べてみて下さい。

    もう1つ食べたいとこですが、時間的にまだ走らないといけないので我慢!我慢!

    微炭酸が入ったグレープフルーツジュース

    生絞りのグレープフルーツに少しだけ炭酸水が入ってます。
    これもまた美味しい!

    空腹感がなくなったので、この後、砂の美術館へ。
    この砂の美術館は見応えあり!ここは凄くオススメでした!
    明日の記事にアップします。

    砂丘会館
    鳥取県鳥取市福部町湯山2164
    HP sakyu.gr.jp
    TEL 0857-22-6835
    営業時間  7時00分~18時00分

    2017年5月8日   サラサラした砂の鳥取砂丘

    鳥取砂丘

    しまなみ海道を渡り、広島に入りそこから北上して鳥取市に到着。
    既に昼はまわり昼食をとることにだが、ラストオーダーに間に合わず…食べれず…orz
    無計画の旅は、飯を食べるのにもひと苦労…
    ひと苦労どころか、この後、ハンバーガー程度で晩飯も食べれず…orz

    鳥取砂丘のサラサラした砂

    昼食は断念して、砂丘に向かい渋滞に覚悟を決めて突撃!
    数kmの距離を1時間ほど掛けて駐車場に停めれました。

    初の鳥取砂丘!
    砂が綺麗!サラサラしていて細かい。この細かい砂が強風に煽られ砂まみれになります。カメラのレンズの隙間にも入ってレンズの前後の動作が出来ない事態にもなって焦りました。電源をON、OFFをしたりズームなどを動かしていたら何とか動き出し安堵しました。

    一眼レフを持っている人が多いけど大丈夫なのか?
    行かれる方は、砂対策は必須です。

    砂丘を越えると眼下に海辺が

    砂丘を登りきると眼下に海が広がってました。
    風は強いですが、波も穏やかで気持ちいい。旅の疲れを癒されます。

    この後、らっきょうバーガーを買いに…

    鳥取砂丘

    2017年5月7日   今治市の美味しいB級グルメ「焼豚玉子飯」

    今治市のB級グルメ「玉子めし」
    今治市のB級グルメと言えば「焼豚玉子飯」
    ご飯の上に焼豚がのり、その上に半熟卵がのってます。

    焼豚玉子飯は、中華料理店「五番閣」のまかない料理として食べられていたそうです。そこで修行していた料理人が独立した後にメニューに加えたことで広まったそうです。今では今治市の名物料理の1つになってます。

    今治市に住んでいる大学時代の先輩にお勧めの「白龍」にいきました。
    焼豚玉子飯と言うと、白楽天、重松飯店が有名で観光客が多く行かず、白龍ばかりだとのこと。
    また店主の愛想がよくいい店だと絶賛してました。

    今治市の中華料理店「白龍」
    近年、旧店舗から道を挟んで反対側に移転オープンしたそうです。
    食堂という感じで入りやすい。また地元の方ばかりでいい店です。

    また焼豚玉子飯を初めて食べましたが美味い!!
    食べ方は、初めに半熟玉子を潰しながらチャーシューと飯もこねくり回し、後は勢いよくかっ込む!w まかない料理やから短時間で食べる為の本来の食べ方だそうです。
    豪快に食べるの好きですw

    いいお店でした。

    中華料理 白龍
    愛媛県今治市郷本町1-1-15
    電話番号:0898-32-8797
    営業時間:11:00〜21:00
    定休日:木曜日
    http://www.oideya.gr.jp/ytm/imabari/hakuryu.html

    2017年5月3日   しまなみハイウェイ(今治市)

    昨夜は大学時代の先輩宅にお世話になり、職質されることなく夜を明かせました(笑)

    また晩飯は今治にきたら玉子飯でしょ!って、ことでお勧めお店に連れて行ってもらいました。その記事は後日に。

    夜は夜景の撮影の仕方を教わりに夜景スポットに。
    三脚がないので手振れを起こしてるかも…

    しまなみハイウェイの夜景

    今朝は5時半に出発。
    今治市内をドライブして、これから橋を渡って四国を出て、一路、日本海を目指します。行き先は鳥取方面。

    しまなみハイウェイ

    走行距離400km
    燃費18.4km/L
    エンジン、ミッションともに異常なし。早朝のリアデフは効きすぎ(笑)

    あと100km走ったら上限回転数を4,000回転に引き上げてみます。

    2017年5月2日   慣らし運転を兼ねて旅へ

    エンジンが壊れていたので予備のエンジンをバラしてピストンリングや、メタル類の消耗品を交換してもらってました。
    昨日、車検を無事に通して、夕方までに100kmの慣らし運転を終えてオイル交換をしてエンジンの回転数の上限を2,500から3,000回転まで上げれるようになった状態で慣らし運転の旅へ出掛けることに。

    今回、単にオーバーホールだけではなく、4つあるピストンの一番重いピストンが680g、一番軽いピストンが660gだったようで、全て660gに重さを統一するバランス取りもしてあるとのこと。ピストンを支えるコンロッドも同じく重さを統一してるそうです。
    あと10年は営業車として頑張って貰いたいので、慣らし運転をしてます。

    車の準備を終えてから、フェリーの予約を入れ1日目の行き先だけ決めて、テントや寝袋などの荷物を積み込み、夜中0時に高鍋を出発。
    2日目以降の予定は未定です。鳥取あたりでも行くかな?

    フェリーで大分~四国へ

    そんな状態で一路、大分県佐賀関港のフェリー乗り場へ…。エンジンの回転数の上限があるのでのんびりドライブ。
    後ろに付かれると、車線を譲る走りで走っていると、三重町の辺りで結構、いい速度で追い付かれたと思うとある程度の距離を保ちながら走ってくるので早く譲ろうとアクセルを踏み込んだら赤い光が…ピカピカと…orz

    そりゃ、ないわって思いながら路肩に停めてドアを開けて対応しよとすると、警官が素通りして車の前に立って「ライトをつけて~、ロービーム」とライトをチェック。

    どうもすれ違った際にライトが消えていたので追ってきたとか。
    停止して確認したら付いたので「接触不良かね~」で済みました。
    その後、職質と荷物のチェックで「気を付けて、よい旅を~」って、送り出され何事もなく済みました。

    今回の旅は出だし早々ハプニングに遭遇してます(笑)
    今、無事フェリーに乗船し、愛媛県の三崎港へ向かって70分の船旅です。
    下船したら松山市~今治市へと移動します。

    2017年5月1日   レモンの花と、ミツバチ

    レモンの花にミツバチ

    レモンの花が咲いてました。
    そこにミツバチが蜜の採取にきてました。

    ちょうどいいと撮影しましたが平凡な絵に…。もっと近づくか、ズームで撮れば良かったと悔やみます。

    2 / 2062310
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ