相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年10月5日   来年の干支を彫りませんか?

    今週末、宮交シティで技能まつりが行われるみたいです。
    この技能まつりにはビックリさせられことが多い行事で、以前はポスターが出来ました!と、開催日の数日前に…。 ポスターって、遅くとも1ヶ月前だろ…直前じゃ、告知の効果は低いだろ…とか、小学生を対象にしているのに学校にチラシを配布することはないとか…。 やるならもっと費用対効果を考えて計画しないのかなって思う事ばかり…。 去年までは多額の補助金があったので広告代理店などを使ったりしてCMや、HPを開設したりしてたが、来る人はそこまで多くない…。 HPを立ち上げることは大事だが、費用対効果が少ないのに多額の予算を投資するのは如何なものかと思う。

    今回の開催日を知ったのが1ヶ月を切った頃に入ったFAX…。たまたま第2週が空いてたからいいけど…。上は何をやってんだか…。
    国から多額の補助を受けて行っている事業ですが、やっつけ仕事になってて酷いもんですわ…。

    戊戌の落款印

    10月1日の印章供養祭の時に話し合いもなく終わりそうだったので、どうなってんだと突っ込むとようやく話しが始まり、そこで今回は事前に刻す題材を決めて刻してもらう方向へ誘導しました。

    毎回、技能まつりなのに文字を書ける人が3名しかいいない…
    1級技能士を持ちながら実際に書けるのが3名しかいないって…おかしいだろ!って突っ込んでます(苦笑)

    今回もお客さんのニーズに合わせて好きな文字を字入れしないと!って意見が出ましたが、前回は200個ほどを3名で書いてましたので「誰が書くの?」って話しに…。
    字を書かない方は言いたい放題です。

    その中、一人の方が「俺はもう書かんからな」って、言われたので「私が印稿を書きますので転写して準備しましょう!」って事で、今年は年賀状に捺す2018年の干支を事前に印面に転写しておくという事に決定!ってことで納まりました。

    こんな団体が、来年は業界の全国大会を宮崎で開くって…とんでもない事になりそうな予感がいっぱいなんですが…危機感を持っているのは俺だけかも…。 そんな中で危機感をだしているので変わった人扱いされてるかも…orz

    2018年の干支。戊戌。年賀状に捺す

    昨日、印稿を書きました。
    今回も作り易い白文で文字を構成する事に!

    2018年の干支は戌(いぬ)。本来の干支は、十干と、十二支を組み合わせた戊戌。 「つちのえいぬ」もしくは、「ぼじゅつ」と読みます。

    白文の印稿なので鉛筆書きした物の余白の部分を墨で塗っていきます。
    いつもこの段階の白文は見れてもんじゃなく、稚拙な図案となってます。(汗)

    2018年の干支。いぬ年!年賀状におす印

    余白を墨で塗り終えてから白い胡粉で文字の部分を塗って線の太さ、線と線の間隔の調整、傾き具合など修正して書き上げて行きます。

    今回の大前提は、素人さんが刻すですので雅味も入れず、文字交差する部分だけを墨だまりを入れる程度にしておきました。

    最後に画像の物は周辺の朱になる部分(墨が塗られているとこ)が少ないので、朱の部分を増やして上げて完成。
    スキャンしてPDFで保存して転写担当にメールしました。

    技能まつり
    日時:10月7日(土) 10:00~16:00頃まで
    場所:宮交シティ(イベントホール)
    ※今回の印材は60個しかないので早めに終わる可能性も御座います。

    2017年10月4日   リーガルのロゴのゴム印

    リーガルのロゴのゴム印、宮崎県宮崎市

    村田靴店(MURATA)さんからご依頼を請けたリーガルのロゴのゴム印。
    大きさは、縦31mm、横70mm。

    リーガルのロゴのゴム印、宮崎県宮崎市

    左右の上部は捺印時にインクの付着を無くすようにカットしました。

    村田靴店さんは楽天ふるさと納税に出品されていて革のストラップを付けた靴ベラを靴に添えてラインナップされてます。
    https://item.rakuten.co.jp/f454010-takanabe/mr_02/

    ゴム印の御相談
    ご相談を頂ければ様々なサイズのゴム印をお作り致します。
    作る前にファックスもしくは、メールで完成図をお見せできます。
    tel.0983-23-0640 fax.0983-35-4610
    info@souma-inbanten.com

    2017年10月3日   今日は仕事します。

    法人印の角印を彫る

    先週、大阪技能グランプリの課題を2行で彫った物を今度は3行の文字構成で作ってます。 今回、大阪の友人が大阪技能グランプリに出場するので、私も1回は彫っておくかと取り掛かりました。 友人は予想どおり優勝し、私も励みになります。

    文字は、「堺・古市古墳群」文字数的に楽な課題ですが、「古」が2つ出てきているのでこの処理をどうするかでかなり悩みました。

    金曜日から字入れをしていて、昨日の昼過ぎまで字入れに時間を費やしてました。 グランプリの時間制限はたぶん5時間だったと思います。5時間内に字入れ、彫刻、捺印、提出を行わなければなりません。

    今回は字入れに10時間ほど、粗彫りに1時間半掛けてました。これから仕上げですが2時間半は掛かるだろうな…。 う~ん、グランプリは俺には無理だ(笑)

    1寸角の角印

    字入れを終えた段階での撮影を忘れてました。
    粗彫りを終えたとこです。線の傾きを仕上げで調整するために朱色の部分を少し残しております。

    法人印 角印

    私は、判子の底の部分はなるべく平らに彫った形跡を残さない様に彫っていきます。
    刀の切れ味と、力加減が主となります。
    ただ刀は彫れば彫るほど切れは落ちていきます。なので、彫り下げる段階でなるべく平らを意識して高さを揃えます。 最後は鉋で削る様に凹凸を整えていくと平らになります。

    またこの段階でも四隅をきちんと削っておくと仕上げた後に文字の土手になる部分を削る際にサクサクと作業を終わらせられます。

    2、3回練習すれば粗彫りの所要時間は1時間15分程度でこの品質まではいけると思います。更に練習すれば1時間は切れるかも?!

    仕上げは後日ということで、今日は仕事します…(汗)

    2017年10月2日   亡くなられた方の印鑑、不要になった印鑑の処分。

    宮崎八幡宮で印章供養祭

    昨日、10月1日は明治憲法において印章(印鑑)の無い証文は証文にあらずと定められた事により、印章記念日とされました。

    各都道府県で亡くなられた方の印章(印鑑)や、不要になった印章(印鑑)をお預りして印章供養祭を行われております。

    宮崎八幡宮で印章供養祭

    宮崎県では、印章業組合が宮崎八幡宮で印章供養祭を行っております。
    供養を行ったあと、境内にしめ縄が張られ、祝詞をあげながら焼納を行っております。

    近くに取扱店がないお店が分からない方へ
    他県であっても当店に送って頂ければ、当店で保管して来年の印章供養祭にお持ち致します。印章組合の事業で行っておりますので、費用は頂いておりません。

    ≪送り先≫
    〒884-0001
    宮崎県児湯郡高鍋町大字高鍋町804
    相馬印ばん店
    tel.0983-23-0640

    印章業組合加盟店

    宮崎市

    2017年10月1日   開発を刻す

    楽篆の課題、開発を金文で刻す

    東京芸術大学の学生さんの作品提出の締切り前には全てのサポートを終えてホッとひと段落。

    と、思ったが、ひと段落ではなかった…(汗)

    机の片隅にコロンと置かれている15mm角に「開発」と字入れされたままの石材が… う~ん、これは字入れした後に一旦寝かせていた石材ですね…(汗)

    今回は印材に文字を書き入れたのが10月上旬、月末の締切りまで時間があるので、寝かせて吟味しようというので刻する事を止めていた作でした。 あ~明日には刻さないと…と、思ってその日は見なかった事にして、そっと元に戻しておきました。

    で、翌日、最近、引き出しから引っ張り出したソニーのアクションカムで撮影してみました。

    字入れの後半 ~ 刻す ~ 捺印まで撮影してます。
    印材に文字を書き入れる字入れは墨と、修正する朱墨で書いたり消したりして書き上げていきます。

    刻し方は教わっていない…

    ので、試行錯誤の末、行き着いた刻し方です。 なるべくスパッとした切れ味が出る直線を出す様に思い切って引いて刻すように心掛けてます。

    細かいとこを刻す時は…

    鉛筆を持つようにして持ち、左親指でいき過ぎないよう止める感じで構えます。 勢い余って親指に刀を当てても簡単には刺さりません。 ま、刺さったとしても大した傷にならないと思います。 何度も刺されば皮が硬くなるので心配無用かと。

    楽篆の課題、開発を金文で刻す

    今回も捺印後に刀の入れ方をここは一旦、止めて、再度この辺りから入れてみるとといいかな?とか、もっと大胆に刀を突き立てるべきかなとか考えるので試行錯誤は尽きません。

    今回の作はどう評価されるか楽しみです。

    2017年9月30日   秋空と、黄色いユリ

    秋空と、黄色いユリ
    (フラッシュなし)

    昨日のニュースでは北海道の利尻山で初冠雪で例年より4日ほど早いとか。
    また日光の戦場ヶ原では厚さ5mmほどの氷が出来立てとか。
    高鍋ではそんな厚さの氷なんて年に1度あるかないかなのに…(笑)

    来月下旬には金精峠も紅葉が楽しめるのでは。タイヤを準備が始める頃ですね。
    私のスタッドレスは野ざらしで4シーズン目なのでゴム質が硬化してどれだけ使えるか疑問です…。 今年は雪を見ながらの露天風呂を楽しみたいと思います。

    秋空と、黄色いユリ
    (フラッシュが強いのでフラッシュの前に人差し指を置いてみた)

    店先に秋空の下、今年も黄色いユリが咲きました。
    展覧会の出品を終え、仕事も落ち着きのどかな週末となりました…。
    余りにも長閑過ぎて危機感を感じる今日この頃…。

    2017年9月29日   実用品として大切なこと

    3年前に買ったソニーのアクションカムが半年に1回充電するだけでほどんど使っていなかったので3脚に固定して仕上げしているところを撮影してみました。

    ツゲの角印、後援会の印

    上の画像は、印稿を書いて、機械で粗彫りさせた状態です。(パソコンの文字ではありません)

    この状態から、彫りカスだけ取ることを仕上げと思っている判子屋さんが居るのにビックリです。仕上げはカス取りではないですよ。

    1万程度か、それ以下の角印はまともな仕上げもされず渡されてる場合がほとんどではないかな?

    印鑑の縁を太くして、文字を細くする事でコントラストを出して文字を引き立たせる一つの印の描き方です。基本中の基本ですが、出来る人が少なくなっているのも現実です。

    後援会の印鑑(文字の一部を消してます。)

    仕上げるとこの様な太さになります。
    仕上げは太さの調節もですが、文字の転折の部分を綺麗に表現させたり、線と線の交差しているところ墨溜まりの様にならないようにきち削るのが仕上げとなります。

    後援会の印鑑(文字の一部を消してます。)

    捺印するとこのように枠が太く、文字が細いので文字がハッキリします。
    パソコンの文字ではない味わいもあります。

    ちなみにパソコンで作ると下の画像のようになります。
    どうもパソコンの文字で作った印で捺してあると、そこには信用信頼の重みがなく、事務的で安易さを感じオママ事の延長でしかないように思えてなりません。

    かと言って、私は印鑑を芸術品として作っているわけでもなく、実用品の印として作っております。

    実用品としての重要な点は、簡単に複製がつくられない安全性、各お店の技能者の文字を使うのが第一条件です。 また印は、その人、会社、団体の信用となるものです。それには最低限の気品、耐久性が必要です。

    私が作っている印は実用品ですので、展覧会に出品する作品と比べたら美を追及していく余地があります。 但し、納期、予算等が御座いますので、その中で私の持っている技術を注ぎ込んで作っております。

    角印(手書き、機械で粗彫り、手仕上げの工程の場合)≫
    柘植(つげ):耐久性に若干難あり。朱肉という油を吸い込むことで弱くなる。
    古印体 32,400円~
    篆書体 37,800円~
    黒水牛:粘りがあり、朱肉を吸い込んでも弱くなりにくい。
    古印体 48,600円~
    篆書体 54,000円~
    象牙(並):耐久性に富み、朱ののりが良い。何よりも気品に満ち、印材として最高の素材。
    古印体 97,200円~
    篆書体 108,000円~

    2017年9月28日   昨日に続き、学生さんの添削

    本所を修正

    本日は快晴。今朝は厚い雲もありましたが、雲が朝日に照らされて綺麗でした。

    昨日、アップした本所ですが、所の篇の重心が高かったので横画を1本ぶん下げてみました。 これもスキャンして送ります。

    東京芸術大学の学生作

    最後に送られて来たデザインです。浅草蔵前と文字が入れてあります。
    1発目でこのクオリティは素晴らしい。ポイントを教えればすぐ上達しますね。

    浅草蔵前

    と、いう事で、昨日、書き上げました。
    昨日は教授にプレゼンされて評価は良かったそうです。
    明日が締切りか!今日、6文字書き上げて午後には送るかな。

    あ、楽篆の締切りも近づいてきた。
    そろそろ刻すかな。そちらは後日のブログで…。

    2017年9月27日   東京藝大生のサポート

    先々週、東京藝術大学の学生さんからメールが届き、立体、平面デザインを学ばれていて、今回、大学の課題テーマが「隅田川」ということで、地名を入れた御朱印をデザインすることにされたそうです。
    そこで、文字の指導をして欲しいとメールが届き、そこでサポートをする運びとなりました。 その数日後には下の様なデザインが送られてきて驚きです。

    (※ブログ掲載に承諾を得ましたので書かせて頂いてます。)

    東京芸大の学生がつくる御朱印

    デザインは、芸大生なので流石だなって思うばかりですが、文字の部分が素人が1発目でここまで書けるとはって驚嘆させられます。

    文字は右から「本所」と入れてます。

    文字のバランスや、本の上部を詰めているとこなんか「おいおい1発目でこれやるか?!」って処理ですよ。 もし本の上部縦画を長くして空間を生じると、「所」に比べて本が1段下に下がっているように見えてしまいます。 そこを詰めて高さを合わせてくるとは…この辺りが藝大生の観察力と、感性でしょうか。
    感性と、本気の度合いが感じ取れます。

    東京芸大の学生がつくる御朱印

    このデザインも凄い、斬新なとこあるが密刻のデザインをお願いしたくなるほどのデザイン力。
    文字は、佃島と小篆で入れてますが、これは持っている辞書が問題でこの様な形になってしまってましたが、辞書をよく見てる事が伺えます。

    本や辞書の内容によってはデザインに走り過ぎて初心者は見たらいけない書物あります。またいくらしっかりした辞書であっても誤字を含まれていたりしますので、似たような辞書でも最低3冊は持っておく必要があります。

    両国、佃島

    レポート提出が今月末だったので、間に合いそうにもないのでお手本を書くことにしました。
    先週は仕事が詰まっていたので全く手が付けず、昨日、着手しました。
    画像は左から、佃島(古印体)、佃島(小篆)、両国(小篆)で書いてます。

    隅田町、本所

    午後からは、左から本所(印篆の白文)、墨田町(小篆)
    所の旁は、もっと重心を落とすべきだな…。後ほど修正して送ります。

    今日は午前中に仕事をして、午後から残りの印稿を書き上げて、今夜にはPNGで保存して送ります。

    2017年9月25日   えっ!?2行!

    大阪市では飛行機のパネルが降ってきたとニュースになっている。ニュースを観ていると北区の4車線…2ヶ月前にランチを食べに行ったお店の近くだった…。
    けが人が出なかったことが幸いです。

    またこの連休で追っていたのがボーコンセプトのダイニングテーブル。
    神戸のボーコンセプトのお店で見た時は衝撃的でした。シンプルかつ、天板を左右に引くと中央が開き、そこからまた天板が出て来る。ダイニングテーブルではなく、天板を広げて作業テーブルとして使いたいと思いました。
    ヤフーオークションで1万…2万円と上がっていくが、そのまま寝てしまってて、今朝、落札価格を見ると8万越え、送料を含むと11万円。ま、そんなもんだろうなってとこで中古でも高嶺の花となりました。

    そんな事はどうでもいいですが、粗彫りに悩んでいる友人に見本として大阪技能グランプリ課題で1寸角の角印を作ってみました。

    堺・古市古墳群 角印 手彫り

    土曜日は祭日で店を閉めて、店内で今週末に行われる大阪技能グランプリ課題をやってみました。今回はご指導を頂いてないので画像を公開。

    技能グランプリは確か7時間以内に課題を作り上げるとの事だったので、草稿40分、字入れ2時間20分、粗彫り1時間15分、仕上げ1時間半で半分まできて、途中だけど友人に見せると…

    「えっ!?2行!?3行じゃないの!!やりなお~~し」(-。-)y-゜゜゜

    草稿の段階で2行の方がすんなり納まったので2行を選択しましたが、3行でないと勝負にならないそうで…はい終了…
    夜10時を回ったので終わり!終わり!って事で帰宅。

    堺・古市古墳群 角印 手彫り

    左上から「堺・古市」 右上から「古墳群」と入れてます。
    左側は、仕上げを入れ終わり、右側の3文字は粗彫りの状態で仕上げを入れなければいけません。

    粗彫りが1時間15分だったが粗過ぎる…。この程度なら1時間で終わらせ、かつ粗彫りの段階で仕上げを入れたかの様に彫り上げるのが理想的ですが、そこの領域から思いっきり外れますね。

    ちなみに仕事ではこんなに早く彫れません。
    あくまでも競技を想定して、安全マージンを削って文字に傷を入れるかもしれないというリスク覚悟での作業です。 実際、文字に刀が切り込み過ぎってのが数か所ありましたが、仕上げで修正可能な範囲でした。

    閉店後、時間を作って3行の構成で作ってみます。

    2 / 2162310
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ