相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2019年1月9日   呉譲之の臨書

    今年は楽篆の篆刻だけでなく、臨書の課題にも取り組んでみようと思いますが難しい…。(臨書:同じように書くこと)

    今回の課題は、呉譲之が書いた「業衡門之」
    呉譲之の形は極端な個性がなく穏やかで美しい形をしていて好きです。

    今のとこ5枚目ですが…
    業の下部の左右の緩やかに広がる形が難しい。
    門の左右の縦画を曲げすぎ…
    之の起筆の位置が全然違う…

    終筆を穏やかな形にするので精一杯って感じです。
    時間を作って月末までにはもっとましな形で出品しようと思います。
    その前に竹屋さんに1.8Lの墨を買いに行かねば!

    2019年1月8日   MRTスクーピー

    mrtラジオスクーピー 長友萌さん

    MRTラジオのスクーピーが来店され“とびだせスクーピー”の生中継となりました。
    今回も長友萌さんが担当。
    いつもながら若さあふれて元気がいいですね。

    MRTラジオ GOGOワイド

    今回のスタジオパーソナリティは、年末にケーブルテレビで来られた田島亜聖さんと、古屋敷沙耶さん。

    あがり症なので中々慣れません…。
    ま、いつものごとくカミカミです(笑) 誰か代わって欲しい…(苦笑)

    スクーピーの必須アイテムのアタッシュケース

    今まで持っていなかったアイテムが!
    通信機材を入れる物がアタッシュケースになってました。

    スクーピーのお二人が帰社するのと、入れ違いでお客様が御印章についてご相談でご来店となりました。
    これから徐々に忙しくなっていきます。
    36時間勤務だけは避けられるように頑張っていこうと思います。

    2019年1月5日   印稿を書き上げる

    篆刻の印稿「篤信好学」

    篤信好学(あつく信じて学問を愛せよ)の印稿づくりは続いてました。
    「篤」と、「学」の上部の線と線の間の空間を広げ、重心を落として完成としました。

    この作は、9月搬入の宮日総合美術展の作品候補とします。
    今年は、サクサク作って展覧会に追われない1年にしたいと思います。

    明日の篆刻講習会の資料が自分の作が出来ない為に印刷が掛けれないかったので、書き上げた印稿をスキャンして資料づくりとなりました。

    今晩、師匠宅へ持って行きひと段落となります。

    2019年1月4日   青鹿自然公園キャンプ場(川南町)

    一昨日、初めて川南町の青鹿キャンプ場に行ってきましたが、整備されていて綺麗なキャンプ場でした。また他に3名ほどキャンプをされてました。

    今回、500lmのLEDカンデラがあったので周囲は明るくなりましたが、光の角度が横斜めからなのでフライパンの中や、皿の中は真っ暗で見えない状態です。ヘッドライトを忘れたので作業する時は常に口にペンライトを加えてからの作業でした…orz

    明るい場所を確保したいと考えるなら1,000ルーメンの白色灯を真上から真下に照らすといいようです。

    川南町、青鹿キャンプ場で1泊
無料のキャンプ場です。

    寒さですが、この日はほぼ無風状態。
    夜になると3℃ほどまで下がりましたが、ヒートテックと、ウルトラライトダウンのお蔭で寒さで悩まされる事はなかったです。
    翌朝は、テント内は3.7℃、湿度85%、テントの外は零下1.7℃、湿度は測定不能…で、流石に動いてないと寒かった…
    テントを建てる位置は、東側に林など朝日を妨げる遮蔽物がないとこをお勧めします。陽射しがあたるだけ全く変わります。ちなみにキャンプ場の上段でテントを張ったので午前10時まで陽が当たらず火を焚く羽目になりました。

    また夕方に曇っていた空も夜になると雲がなくなり、普段見ることが出来ない小さく輝く星たちも観えました。

    青鹿キャンプ場は、川南町役場に電話すれば無料で利用できます。
    私が電話したのは土曜日で時間外でも警備員の方が対応してくれました。

    炭を捨てる場所は確認できなかったので、燃やした炭や灰を入れて帰れるように大き目な空缶を持っていく事をお勧めします。密閉できれば自然消化できます。
    今回、もち吉の空缶を持って行きましたが、焚火台ごと納められてちょうどいいサイズでした。

    さてさて1日置いて、今朝、さらに修正を加えて出来上がったと思ってブログを書いてましたが、「学」が大き過ぎる…。 学の上部などを改良して「好」をもう少し大きくしてみます。

    あと、今回、篤を長脚に見せる為に信に食い込ませる形を取りましたが邪道かな???
    夕方までに修正して、明日、師匠のとこへ持って行けるようにしたいと思います。

    青鹿自然公園キャンプ場
    お問合せ先:川南町役場 商工水産係
    TEL 0983-27-8011

    2019年1月2日   書初め

    書初めに篤信好学の印稿を書いて。

    これも書初めって言うのかな?w
    ま、そういう事にしておこう。

    1月末日消印有効の楽篆課題「篤信好学」です。
    読み:あつく信じて学を好む。
    意味:あつく信じて学問を愛せよ。
    出典:論語(泰伯第八)
    印稿の大きさ:75mm角

    昨夜、仕事を少し進めた後に土曜日までには持っていく印稿を書いてました。
    朝2時を回ったので一旦、手を止めて休息。 午前中に書いたり消したりと修正を加え作っているとこです。

    現段階は、未完成です。
    ご予約のお客様の接客も終えたので、これから山へ行って静かなとこで、もう少し作品を眺めながら、どうすればいいか悩んでみます。

    店は、3日まで休ませて頂いております。

    2019年1月1日   謹賀新年

    荒神さんの初詣

    あけまして おめでとう御座います。
    大晦日の23時、火産霊神社へいき焚き火で暖を取った後に年明けの神事に参列させて頂きました。

    火産霊神社での正月

    今年も1発目に2月上旬の搬入となる宮崎県美術展に「寿慶」の朱文1顆で出品します。

    3日からは新年会、賀詞交換会などがあり夜の仕事が出来ないので、本日、夜から店に出て少しづつ仕事を進めていきたいと思います。

    今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

    2018年12月31日   火産霊神社(臨時駐車場)

    火産霊神社の準備も整いました。
    今夜11時から毎年恒例のぜんざいの振舞いとなります。

    今年は、境内南側にある稲荷神社も建て直し、昔のように赤い鳥居も建てております。

    今年は、火産霊神社の南側、幼稚園の東側にあたる場所を参拝者専用駐車場を確保しております。

    西都線の交差点より街へと向かい、一旦停止の交差点を過ぎるとすぐ逆ト字路があります。そこを左にまがります。

    白い車が曲がってきた方向へ曲がると…

    左手に消防団の機庫があり、その右手には椿の垣根が見えてきます。
    そこを左折。

    奥へと進むと広い臨時駐車場があります。

    2018年12月30日   キャンプ初心者がナイフを研いで初バトニングと、フェザースティックを作る

    ナイフを研ぐ砥石。

    昨夜、仕事をひと段落した後に夜な夜なナイフを研ぐ準備に入りました。
    刃こぼれしてないので、3つの砥石でどうにかなりそうなので600番は使わず、左から砥石の面を平らにする砥石、3,000番ぐらいの砥石、1,000番ぐらいの砥石、6,000番のセラミック砥石。

    左端のメッシュの砥石で他の3つ砥石の面のヘコミが無くなるまで研ぎます。
    左から2番目がかなり凹んでたのでかなり摩り下ろしました。

    砥石を面を平らに整える。

    砥石を真っ平らにしたら、まずは初心者なので新品の状態の角度を維持する為に3,000番の仕上げ砥石で数回研いでは刃の角度を確認することを繰り返すこと1時間、だいたいこんな角度かな?というとこまでやってみて、そこから1,000番の砥石で研いでいきました。

    新品の状態で切れない訳は、グラインドサンダーのような粗い物で刃の形を成型した感じで刃の部分が日本の刃物のような光沢はなく、爪で引っかいたような凹凸がクッキリとついてました。

    研ぐこと1時間半でなんとなく光沢が出て、カッターのようにまではいきませんが、少しは紙が切れるようになったので良しとしました。それにしても真っすぐな部分はいいですが、刃先のカーブしている刃を研ぐのには苦労しますね。

    ナイフでバトニングの練習

    今朝は、バトニングできるか練習。
    薪を使わずノンショックハンマーで叩くとサクサク割けていきます。
    いい感じです!

    バトニングで4つに割ってみました

    4つ割りにして、着火する際に着火し易いように木を薄く削っておくフェザースティックってやつを作ってみることにしました。

    薪に火を付ける際に使うフェザー

    本当はもっと長いカール状の物ができないといけないと思いますが、こんな感じになりました(笑) 上手い人のフェザースティックと見比べると笑っちゃいます(笑) YouTubeを観て勉強します(汗)

    着火ですが、火打ち石までは購入してないのでライターで火を付けます。
    上手くいかない時は、前回のキャンプで使った残りの着火剤があるので心配なしです(笑)

    これから仕事を2つほど終わらせて、昼過ぎから洗車でもしますかな。

    2018年12月29日   薪割り

    当店は、印鑑の作製に支障が出るのを避けるため年賀状印刷を数年前からやめたので、割りとゆったりした12月を過ごしておりました。

    月末になり1月の納品の仕事が立て続けに入り、年明け2日から仕事になりました。(-“-;A …アセアセ

    乾燥させた薪

    2日の夜はキャンプに行く計画を立ててたので、午後の来店を終えたら仕事を一旦終えて冬山へ…

    今朝、ご近所のまえだ燃料店さんへ薪を買いに行くと、乾燥させた薪は細い薪しかないとのことでした。キャンパーとしては薪割りの手間が省けてラッキー!ですが…

    バトニングする為に購入した安いナイフの出番が…ほぼナシ…(笑)

    キャンプに持っていく薪

    薪をたたき割るために握り手の部分まで金属がある一体物ですが、思ってた通り新品なのに切れません(笑) さすがアメリカ製…

    安い刃物を買ったら、まずは研ぎましょうって事ですね。

    今夜でも研ぎ直しをしたいと思いますが、包丁を研いだことないのでまともに研げるのか?って疑問もありますが、そこは練習と思ってやってみます。ま、どうにかなるでしょう。

    2018年12月28日   色紙に捺す印

    篆刻の作品づくり。宮崎県高鍋町の印鑑屋。宮崎市

    年内に納める仕事は終え、年明けの納品のものに着手しております。 昨夜は、2月上旬に出品する宮崎県美術展の作品の修正と、中学時代の国語の先生からの依頼で色紙に捺される関防印(10mm×20mm)と、落款印(10m㎡)の印稿を原寸で書いてみました。

    関防印とは、書が始まるとこ(右上)捺す印で好きな漢詩、言葉などを刻します。

    色紙に捺す関防印と、落款印。宮崎県高鍋町の印鑑屋。宮崎市

    秋ごろに作った印が何度も印材を割ってしまっていたので、何度もすぐ刻せるように保険を掛ける意味で印稿を書いてます。

    これを書いておかないと、印材を割ったり、大事なとこ欠けたりしたら、印面に文字を書き入れる大きな作業から始めないといけないので、印稿を作ってそれを印面に転写して数時間掛かる布字の作業を数秒に短縮させます。
    こうする事で納得がいかなかったら再度、刻すことができます。刻すのは1、2時間あれば刻し上げるので楽なもんです。

    現段階では骨格程度でしか書けてないのでこれから雅味を加えながら修正していきます。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ