相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年12月5日   摸刻で学ぶ

    模写
    今年最後の篆刻の講習会でした。宮崎県美術展へ向けての作品づくりでした。
    今回から摸刻に徹して作品づくりに入ってます。摸刻とは同じ作品をつくることです。書道でいう臨書です。

    摸刻をすることで起筆終筆、文字の構成、雅味の入れ方など細部分に渡って学べる。我流を修正することにもなります。

    模写で作品づくり
    一番、勉強になる方法は作品を見ながら、印材に直接書き入れることですが、そこまで時間が割けないので作品を雁皮紙に書き写して転写させる方法を取ってます。

    サクサク書いていくと、墨が乾いてない部分に触れて散ってしまっているので転写後に修正することにします。

    輪郭を書いて転写
    時間があったので、2枚目を書き上げました。 雁皮紙は水分を含むと縮むので、2枚目は輪郭のみを書きました。 転写がカスレても補えるように輪郭を太くしました。 これで縮みほとんどなくて原寸に近い状態になりました。

    1個目は丁寧に刻して、2個目、3個目はミスを気にせず大胆に思い切って刻してみます。

    カテゴリー: 篆刻

    タグ: , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ