相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年9月18日   即、出来る裏打ちのやり方

    スプレーのりを使って裏打ち
    8月の楽篆サマーセミナーに参加した際に来られてた有望若手の方が「裏打ちはスプレーのりを使て30秒で終わらせます」って、言われてた手法でやってみました。

    作品を額に納める前にペラペラ半紙を厚紙に貼り合わせて張りを出させて額に納めます。これを裏打ちと言います。

    スプレーのりを使って裏打ち
    古新聞を広げ、作品を裏返しに置いて3Mのスプレーのりでムラの内容に吹き掛けます。
    台紙となる画用紙に空気がかまないように下の方から軽く置いていき、更に作品の上に紙を置いて中心から外に向かってゴミを払うように軽く押しながら貼り合わせて裏打ちの出来上がり。

    厚紙に貼り合わせると見事に斜めってましたが、余白をカットするので全く問題なし。
    額に納めたので、美術館に搬入に向かいます。

    半紙サイズなら簡単に出来ます。
    搬入搬出の事を考えると業者さんに任せる事をお勧めします。

    ≪スプレーのりを使ったメリット≫
    翌日まで待つことなく、1分で裏打ちが終わる。
    水を使わないので滲む心配は全くありません。

    カテゴリー: 日々精進, 篆刻

    タグ: , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ