相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年6月24日   未完成の印稿

    下書き
    明後日、締切りの印稿を書き上げました。
    7月の講習会で批評されるもので、今回は“或躍在淵”を書きました。

    或、在は画数が少なく、躍、淵は画数が多い文字と対照的なので、反時計回りに文字を入れる回文という手法でレイアウトして対角線上で疎密の関係を作ることにしました。

    篆刻の原稿
    文字を拾い出してから3時間と時間を決めて取り掛かりました。
    本来は3時間の3日間ほどしないといけませんが、他にやらないといけない事があるので3時間が限界でした。 また体力も限界だったようで書き終えてから一時して時計をみるとam1:30…2時間一気に時間が経ってました…(汗) そこから、濃いめの珈琲を飲んだら頭がスッキリして次の仕事に…

    朝、印稿を見返してみましたが、やはり、枠の雅味(亀裂や、欠かせた部分)が単調すぎる…。あと、文字が筆で書いた様な曲線ばかりで、数か所、どこかにメリハリが効いた直線を入れてみたい。それには日展の作を参考に推敲したいが、講習会の時にすることにして、本日、発送。


    カテゴリー: 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ