相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年6月21日   バレンの皮を張り替える。

    バレンづくり
    私は捺印する際は、印鑑マットは使わずバレンが板になった物を使って捺印してます。
    印鑑マットは捺印する際にマットが沈み込んで判子の横に付いている朱肉が紙に付着する事と、印泥の油分を少なくしているのでバレンですらないと綺麗に付かないという事もあってバレンを使ってます。

    そのバレンも痛んできてたので竹の子の皮を張り替えました。
    まずは、竹の子の皮を水に浸して地区の会合に出席…。
    2時間後に店に戻り水に浸しておいた皮を取り出すといい感じに柔らかくなっているので、まずはタオルで水を拭き取ります。

    バレンづくり
    水分を拭き取ったら、台座に合わせて竹の子の皮を大きくカット。

    バレンづくり
    あとは台座に合わせて皮をゆっくりと折り曲げていき、上下左右に伸ばしながらを釘を打ち込んで止めていきます。

    バレンづくり
    釘で止めた後は、余分な皮をカットして完成。
    初めて皮の張替をしてみました。見栄えは悪いですが、使えない事はないのでOK!
    皮の凹凸が大きかったのでサンドペーパーで削って凸をあるていどなくなるようにしました。最後に蝋を擦り込んで完成。


    カテゴリー: 店の出来事、etc.

    タグ: ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ