相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年5月6日   高千穂の峰

    御鉢火山の登山道
    大学時代の先輩が来られたので高千穂の峰に行ってみました。
    車は、高千穂河原に停めて緩やかな傾斜を眺めながらお気楽モード。
    ほんと行く前はハイキング感覚で自然を楽しみに行く!って感じです。この画像を撮るまでは…
    ちなみに装備は、飲み物、チョコレート、手袋、マウンテンパーカーは持参したものの、バックパックはいつも使ってるスノボ用の頑丈でチョッと重い物で、靴はソールが薄いスニーカー。
    逆鉾
    で、画像は一気に頂上の高千穂の峰です…。
    高千穂の峰の前に御鉢(おはち)を登るのですが、砂の斜面から溶岩が露出している登山道に入ると一気に脹脛がパンパンに張ってきて休憩を何度も入れながら御鉢を登りました。
    逆鉾
    御鉢を登り切ると、火口のふちを歩きますが突風が吹くので重心を低くしたり、途中、大きな岩陰で風がおさまるのを待って進むを繰り返し、一旦、下ってから高千穂の峰の挑む480mの登道となってます。
    画像は、天照大御神の孫瓊瓊杵尊が突き立てたという伝説があり、坂本龍馬が抜いたと言われる逆鉾です。
    高千穂の峰より
    眺めは絶景でした。
    20分ほどの休憩をはさみ下山しましたが、下山は更にスニーカーで来たことを後悔させられました。
    トレッキングシューズ、手袋、冷たくない水(お茶は厳禁)は必須です。
    高千穂の峰より
    先輩は息切れもなく登っていくし、待って貰いながらの登山でした。
    徒歩は同じペースで歩けるけど、登山となるとこれほど体力の差があるのかと痛感させられました。
    更に驚かされたのは、登りだしてすぐ追い越された人が残り480mってとこですれ違って、更に下山しだして600mほどその方が登ってきた事には驚きました。その方はこの日は4回登るそうで、最後の1本と言われたのには唖然…。
    月末は大阪から来客があるので高千穂の峰からの眺めを楽しんで貰おうと思います(笑)
    高千穂の峰

    カテゴリー: 旅行

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ