相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2018年3月2日   狭き門

    第44回 宮崎県美術展

    今朝の宮日新聞に第44回 宮崎県美術展の入選者の発表が掲載されてました。

    部門ごとの発表となってます。

    篆刻は、書の部門中の1つとされていて、篆刻で何人入選したのかは宮崎県立美術館のホームページでないと分かりません。

    宮崎県立美術館
    http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/box/ken-bijutu.html

    書部門
    http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/box/images/kenbi/44kenbi/44_calligraphy.pdf

    第44回 宮崎県美術展

    書の部門では、高鍋から5名の入選となってます。

    篆刻の部門では、同じ角井門下の松本さんが準特選。
    宮日総合美術展に続き入賞となり素晴らしい功績です。おめでとう御座います。^^

    入選は、私を含め4名でした。
    入賞、入選を合わせ5名(全員が角井門下)しか通らない狭き門ですね。

    いい作品も落ちているので、運も大いにあります。
    私はたまたま運よく入選させて頂きました。
    来年は75mm角の印材を準備して入賞を目指したいと思います。

    カテゴリー: 篆刻

    タグ: ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ