相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年9月18日   作品を額に納める

    裏打ちをした作品

    裏打ちの後は… 】(前回のつづき)

    作品を厚紙に貼り合せ。

    作品を額に合うサイズにカット

    カット

    作品を裏打ちしたら額に納まる適切なサイズにカット。

    木枠の額に作品を収める

    近所の竹屋さんでオーダーした新品の額に納めてみた。
    枠はアルミが多いけど、木製の方が好きなので濃ゆい茶の枠で、作品の下にひいてるマットは漆黒を選択して注文してました。

    忠信賢良:誠実で優れて賢い人

    飾る

    チョッと飾る感じで置いてみました。

    出品

    この後、台風が接近で搬入が土曜日までと短くなったので、出品票を持って宮崎県立美術館へ向かい無事搬入し終えました。
    20日に審査となり、翌日21日には宮崎日日新聞に結果が掲載されます。 篆刻の場合は書の先生方が審査をするので伸るか反るかは時の運(笑) 載らなかったら載らなかった(笑) その時は来年の読売書道展に出品。 読売書道展は格が上ですが、篆刻家が審査になるので、ここで落ちたらスッキリします。

    カテゴリー: 篆刻

    タグ: , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ