相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年6月2日   シャチハタの応急処置の仕方

    昨日、お客様からシャチハタ日付印のベルトが切れたので印面を残し本体側を交換して欲しいと依頼が来ました。

    日付印のつもりで福岡営業所になくて本社からの送られても、月曜か火曜日には届くだろうと思って、シャチハタ福岡営業所に問合せたらデータネームは受注生産のようで10日間掛かるとのこと…。え…在庫ないの?!天下のシャチハタ様が…(゚Д゚;) せめて本社に1本ぐらい在庫しとこうよ。

    日付印の応急処置

    毎日、使うものだし10日間使えないとなると不便だろうって思って応急処置できないか分解してみました。

    ベルトは1本をクルッと回して熱で圧着されてる感じです。
    今回はゴムの劣化で切断ではなく、その圧着したとこが剥がれて取れてたので、重ねて接着が可能のように思えたので、アロンアルファーで接着して応急処置完了!

    データ印の応急処置

    接着のポイント!

    ピンセットで掴んで引っ張るので片手で切れた両端を引っ張って押さえておくことは困難です。 なので、接着する際に下側になるベルトに木工用ボンドを少し付けて金具の部分に接着。 その後、アロンアルファを表面に付けて、もう片端をピンセットで引っ張り出して接合面を重ねて接着。 とどめに接合面を押し潰して乾燥を待ちます。

    たぶんこんな感じでいいはずです。
    初めての作業で自分なりに推測しながらやってますので間違っているかもしれません。その時は悪しからず。

    データネームのベルトはインクを吸い上げる為にゴムではなく、スポンジの様なゴムです。なので押し潰す事でスポンジの中まで接着剤が入り接着力が増します。たぶん。

    乾いたら木工用ボンドで金属部分に貼り付けた部分をそっと剥がせば応急処置完了!

    データネームの応急処置

    あとは、組み上げて印面と、日付の部分の高さを調整して上げれば完成!
    テストで切れたベルトをグルグル回転させたが問題ないので10間ほどは持つでしょう!って、言ってながら、テストをした為に週明けに「切れました…」って持ってきたりして(笑)

    これで業務への支障が軽減したと思いたい。そうあって欲しいw
    新しいボディが届くのを待つのみですね。

    明日の営業
    3日(土)は、九州印章業組合の総会の為に休ませて頂きます。


    カテゴリー: ゴム印

    タグ: , , , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ