相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2017年5月10日   大きな砂の彫刻(砂の美術館)

    砂の美術館(鳥取市)

    鳥取砂丘を見終えると、次は砂の美術館。
    ここも観光スポットとして評価が高かったから行ってみたが、見応えはあって素晴らしい砂のオブジェの数々を間近で見れます。

    まず美術館に入ると作る過程の映像があるので、それは観た方がいい!
    どの様に作られたか、どういうとこに苦労して作り上げたかなど予備知識を持って鑑賞する方がいいと思う。

    アメリカを題材として砂のオブジェ

    毎年、作り替えられるとのこと。今年はアメリカを題材として作られたそうです。
    アメフト、ボクシング、野球、テニス、バスケなどのスポーツから、JAZZなどの音楽シーンのオブジェもありました。

    砂の美術館2017

    議会制度の樹立???

    砂のオブジェ

    インドと思って上陸したとこかな?

    ゴールドラッシュを再現

    ゴールドラッシュ!
    真ん中には砂の天敵となる水を流して臨場感を出してます。

    他にも作品はありますが、見る方が忙しくて撮るのが面倒になりこのくらいしか撮ってません。
    毎年、内容が変わるようです。是非、行って実物を観ることオススメします。

    砂の美術館
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083−17
    建設: 2012年4月14日
    時間:  9時00分~18時00分(土曜日 のみ20時00分まで)
    電話: 0857-20-2231


    カテゴリー: 旅行

    タグ: , ,

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ